2012年07月03日

映画「エマニエル夫人」シリーズで開放的な若妻を演じたオランダ人女優シルヴィア・クリステルさん(59)が、脳卒中を起こしアムステルダム市内の病院に入院!


映画「エマニエル夫人(Emmanuelle)」シリーズで開放的な若妻を演じたオランダ人女優シルヴィア・クリステル(Sylvia Kristel)さん(59)が、脳卒中を起こしアムステルダム(Amsterdam)市内の病院に入院していることが明らかになった。代理人が2日、発表した。



 代理人によれば、クリステルさんは3週間前に脳卒中を起こした。咽喉がんの治療を受けた後だったという。肝臓がんの治療も予定されていたが、延期された。がんの症状は重く、代理人は「とても心配している」と話した。

 クリステルさんは1974年の『エマニエル夫人』で、アジアに赴き性に目覚める若妻を演じ、一躍有名になった。同作品は世界的にヒットし、パリ(Paris)のシャンゼリゼ(Champs-Elysees)通りにある映画館では13年間にわたって上映された。

 続編として、『続エマニエル夫人(Emmanuelle 2)』(1975年)、『さよならエマニエル夫人(Goodbye Emmanuelle)』(1977年)、『エマニュエル(Emmanuelle 4)』(1984年)が製作されている。



★シルビア・クリステル Sylvia Kristel


生年月日1952年9月28日(59歳)
出生地ユトレヒト

国籍オランダ
主な作品
エマニエル夫人、チャタレイ夫人の恋人

シルビア・クリステル(Sylvia Kristel、1952年9月28日 - )は、オランダ・ユトレヒト出身の映画女優で、モデル。

来歴

14歳の時に両親が離婚。17歳でモデルの仕事を始めた。1973年にはミスコンテスト「Miss TV Europe」で優勝している。IQが164もあり、小学校では4学年を飛び級という経験もしている。言葉は、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語とイタリア語も話せるという、マルチリンガルな才能を持つ。1970年代半ばを通して、ベルギーの作家、フーゴ・クラウスと交際していた。1972年に『処女シルビア・クリステル/初体験』で映画デビュー。

1973年にエマニュエル・アルサンの小説『エマニュエル』が大ヒットし、翌年それを映画化したソフトコア映画『エマニエル夫人』に出演し、世界的な名声を獲得する。

彼女は自らエマニュエルのような役を自分のはまり役と考え、しばしばこのような役を演じている。例としてチャタレイ夫人や第一次世界大戦での女性スパイ、マタ・ハリなどが挙げられる。

彼女には、やはり映画俳優になったアーサーという息子が1人いる。現在はオランダのアムステルダムに住んでいる。2002年に喉頭癌、2004年には肺癌の手術を受けている。

主な出演作品
処女シルビア・クリステル/初体験 FRANK AND EVA/FRANK EN EVA 81分 (1972)
エマニエル夫人 EMMANUELLE 91分 (1974)
卒業試験 ES WAR NICHT DIE NACHTIGALL/DER LIEBESSCHULER/IT WAS NOT THE NIGHTINGALE 85分 (1974)
続エマニエル夫人 EMMANUELLE, L'ANTI VIERGE/EMMANUELLE: THE JOYS OF A WOMAN 91分 (1975)
夜明けのマルジュ LA MARGE 93分 (1976)
華麗な関係 UNE FEMME FIDELE 94分 (1977)
さよならエマニエル夫人 GOOD-BYE EMMANUELLE 98分 (1977)
エアポート'80 The Concorde Airport '79/Airport '79 113分 (1979)
プライベート・レッスン Private Lessons 87分 (1981)
チャタレイ夫人の恋人 Lady Chatterley's Lover 103分 (1982)
プライベート・スクール Private School 97分 (1983)
エマニュエル EMMANUELLE 4 93分 (1984)
魔性の女スパイ Mata Hari 108分 (1985、日本未公開)
ドラキュラ・ウィドー DRACULA'S WIDOW 86分 (1986)
Forgive me - Cyrus Frisch 01(2001)

◆【フィルモグラフィー】
それぞれのシネマ 〜カンヌ国際映画祭60回記念製作映画〜(2007) 出演
ブレイントラスト(2000)<未> 出演
エマニエル パリの熱い夜(1993)<未> 出演
エマニュエル 愛欲のチベット(1993) 出演
シルビア・クリステル/奴隷貴婦人(1992) 出演
エマニュエル・ザ・ハード(1991) 出演
ホット・ブラッド(1989)<未> 出演
ドラキュラ・ウィドー(1988) 出演
シルビア・クリステル/蒼ざめた欲望(1987)<未> 出演
カサノバ(1987) 出演
シルビア・クリステルの ディープレッスン(1985)<未> 出演
魔性の女スパイ(1985)<未> 出演
レッドヒート(1985)<未> 出演
エマニュエル(1984) 出演
プライベイトスクール(1983) 出演
チャタレイ夫人の恋人(1982) 出演
シルビア・クリステルの キス・オブ・ゴールド/華麗なる女の闘い(1981) 出演
プライベイトレッスン(1981) 出演
0086笑いの番号(1980) 出演
ピンクのルージュ(1979)<未> 出演
エアポート'80(1979) 出演 イザベル
ルトガー・ハウアー&シルビア・クリステルの ミステリーズ(1978)<未> 出演
シルビア・クリステルの ピンク泥棒(1977)<未> 出演
さよならエマニエル夫人(1977) 出演
華麗な関係(1977) 出演 マチルド
夜明けのマルジュ(1976) 出演
危険な戯れ(1975)<未> 出演
続エマニエル夫人(1975) 出演
暴かれたスキャンダル(1974)<未> 出演
卒業試験(1974) 出演 アンドレア
エマニエル夫人(1974) 出演 エマニエル
処女シルビア・クリステル/初体験(1972)
posted by kisebeauty at 19:23| Comment(0) | セクシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする