2012年08月28日

女優のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)が美しすぎるヌード!、「クリスチャン ディオール(Christian Dior)」の新作リップコレクション「ルージュ ディオール ヌード」の広告で



女優のナタリー・ポートマン(Natalie Portman)が、「クリスチャン ディオール(Christian Dior)」の新作リップコレクション「ルージュ ディオール ヌード」の広告でヌードを披露した。

natalie-portman-nude-dior.jpg

 「ルージュ ディオール ヌード」は8色展開で、そのうちの1色“#169/ヌード・グレージュ”の売上金は、ナタリーが選んだ国際協力団体「フリー・ザ・チルドレン(Free The Children)」に寄付される。ヌード・グレージュを選んだ理由についてナタリーは、「私自身も使っている色だから。それに、“169”という数字は私と私の家族にとって特別な数字なのです」とコメント。

natalie-portman-nude-dior1.jpg

 ナタリーが広告でヌードを披露するのは初めてではない。以前、フレグランス「ミス ディオール シェリー(Miss Dior Cherie)」の広告でも胸元を手で隠した上半身ヌードを披露している。


★ナタリー・ポートマン Natalie Portman

ナタリー・ポートマン


ナタリー・ポートマン&元恋人のデヴェンドラ・バンハート


元恋人のネイサン・ボーグル&ナタリー・ポートマン


プロフィール
本名: ナタリー・ヘルシュラグ Natalie Hershlag

生年月日: 1981年 6月 9日

出身地: イスラエル エルサレム

職業: 女優



交際歴
元彼: デヴェンドラ・バンハート (シンガーソングライター)
2008年4月から交際が報じられ、同年9月に破局が報じられる。

元彼: ネイサン・ボーグル (デザイナー)
元モデルでファッションブランド Rag & Bone のデザイナー。2007年に交際する。

元彼: ジェイク・ギレンホール (俳優)
2006年5月に交際がウワサされる。

元彼: ザック・ブラフ (俳優)
1975年4月6日生まれ。2004年に交際する。

元彼: ガエル・ガルシア・バーナル (俳優)
2003年から2004年まで交際する。

元彼: モビー (ミュージシャン)
1965年9月11日生まれ。2000年から2002年まで交際する。

元彼: ルーカス・ハース (俳優)
1976年5月16日生まれ。1999年に交際する。



家族構成
父: アブナー・ヘルシュラグ (内科医)
イスラエル人。

母: シュリー・ヘルシュラグ (エージェント)
ユダヤ系アメリカ人。主婦だったが、現在はナタリーのエージェントを務めている。



教養
高校: Svosset High School (ニューヨーク州・Svosset) 1999年に卒業する。

大学: Haevard University (マサチューセッツ州・ボストン) 心理学を専攻し、2003年に学士号を取得して卒業する。



略歴
イスラエル出身のユダヤ人で、曾祖父母は第二次世界大戦中に強制収容所で死亡、祖父母も被害を受けている。3歳の時にアメリカへ移住し、ワシントンDCを経て、ニューヨークで育つ。

11歳の時に化粧品会社 「レヴロン」 のモデルとしてスカウトされる。

12歳の時に1994年の映画 『レオン』 でジャン・レノが演じる殺し屋の見習いを好演し、鮮烈なデビューを飾る。

高校時代は映画撮影などのハードスケジュールにも関わらず勉学をおろそかにせず、成績はオールA。将来の夢は獣医師か弁護士で、女優は趣味だったという。

1999年の映画 『ここよりどこかで』 での演技で、ゴールデングローブ賞の助演女優賞にノミネートされる。

超名門ハーバード大学に在学中に入学し、女優活動は夏休みだけとして学業を優先させる。

2004年の映画 『終わりで始まりの4日間』 に出演し、その演技が高く評価される。

2004年の映画 『クローサー』 での演技で、アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされる。また、ゴールデングローブ賞の助演女優賞を受賞する。

初の監督作品となる短編映画 『Eve』 が2008年9月のヴェネチア国際映画祭で公開され、映画監督としてもデビューを果たす。



備考
芸名の 「ポートマン」 は母方の祖母の旧姓である。

英語、母国語のヘブライ語のほか、フランス語、ドイツ語、日本語の5ヶ国語が話せる。最近はアラビア語を勉強中。

8歳の頃からベジタリアン(菜食主義者)として有名である。

イスラエル国籍だがアメリカに留学していたため、兵役を免れる。

イスラエルに住む親戚が自爆テロ攻撃を受けたため、アメリカ映画への出演を断ったことがある。



出演映画
1994年 レオン (Leon)
1995年 ヒート (Heat)
1995年 ビューティフル・ガールズ (Beautiful Girls)
1996年 マーズ・アタック! (Mars Attacks!)
1996年 世界中がアイ・ラヴ・ユー (Everyone Says I Love You)
1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・ナメス (Star Wars Episode T: The Phantom Menace)
1999年 ここよりどこかで (Anywhere But Here)
2000年 あなたのために (Where the Heart Is)
2001年 ズーランダー (Zoolander)
2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (Star Wars Episode U: Attack of the Clones)
2003年 コールドマウンテン (Cold Mountain)
2004年 終わりで始まりの4日間 (Garden State)
2004年 クローサー (Closer)
2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (Star Wars Episode V: Revenge of the Sith)
2005年 フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜 (Free Zone)
2005年 Vフォー・ヴェンデッタ (V for Vendetta)
2006年 パリ、ジュテーム (Paris, je t'aime)
2007年 マイ・ブルーベリー・ナイツ (My Blueberry Nights)
2007年 ダージリン急行 (The Darjeeling Limited)
2007年 ホテル・シュバリエ (Hotel Chevalier)
2007年 マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 (Mr. Magorium's Wonder Emporium)
2008年 ブーリン家の姉妹 (The Other Boleyn Girl)
2009年 ニューヨーク、アイ ラブ ユー (New York, I Love You)

posted by kisebeauty at 09:32| Comment(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。