2013年01月29日

美しすぎるダンサー!世界で最も長期間にわたって行われる毎年恒例のカーニバルがモンテビデオで開催され2日目を迎える



南米ウルグアイの首都モンテビデオ(Montevideo)では26日、世界で最も長期間にわたって行われる毎年恒例のカーニバルが開催2日目を迎えた。この祭りは毎年1月末から始まり、3月初旬まで続けられる

★モンテビデオ(Montevideo)は、ウルグアイの首都でありモンテビデオ県の県都である。メルコスールの事務局が置かれている。ウルグアイの南部、ラ・プラタ川の左岸河口に位置し、ウルグアイ最大の都市であり、2004年における人口は約132万人である。ウルグアイ最大の貿易港を兼ね温暖な気候で知られる。

美しい砂浜を備え、ポシートス、ブセオ、マルビン、プラシャ・デ・ロス・イングレセス(イギリス人の砂浜)、プラシャ・ベルデ(緑の砂浜)、プンタ・ゴルダ(太い岬)、カラスコなどがあり、他にも観光地として多くの記念碑や博物館、歴史的建造物や通りがある。
マーサー・ヒューマンリソースコンサルティングによると、モンテビデオはラテン・アメリカで最も生活の質が高い都市である。(ブエノスアイレスとサンティアゴ・デ・チレが続く) 世界でも安全な都市の30位に入る。

現在モンテビデオの市街地に住んでいる人口は約1,349,000人であるが、大モンテビデオ都市圏を加えると1,814,400人が住んでいることになる。 モンテビデオ市民はヨーロッパ人の影響を特に強く受けており、イタリア系、スペイン系の家系が最も一般的だが、その一方でアフリカ系ウルグアイ人の家系やユダヤ人の共同体の存在も重要である。 モンテビデオにはおおまかに言って国民の約44%が居住しており、モンテビデオの郊外と言っても良いカネロネス県は約12%を占めている。

歴史

語源

モンテビデオ(Montevideo)の語源として最も有力な説は、現在のセロの丘に対して、聖オヴィディオ山(Monte Ovidio)と命名し、それが変化して都市の名前になったというものであり、市の観光案内でもそのように教えている。

しかし、他にも二つの説がある。第一の説はフェルディナンド・マゼランの艦隊がこの土地を見つけた時にポルトガル語で言った、「Monte vide eu」(我、山を見たり)が語源という説である。第二の説はスペイン人がこの土地を地図に記す際に「Monte VI De Este a Oeste」(東から西に向けて六番目の山だ)と言って記したからだという説である。

初期の歴史

1516年にフアン・ディアス・デ・ソリスがここを訪れたがその後チャルーア族に殺害されてしまう。1624年に現在のモンテビデオの地にグアラニー族へのイエズス会伝道所が建設された。

その後1680年にポルトガル人が今のモンテビデオの西にコロニア・デル・サクラメントを建設する。その後、スペイン人はトルデシリャス条約を持ち出してポルトガル人と戦い、1720年にサンホセ要塞が建設された。1726年にブエノスアイレス総督のブルーノ・マウリシオ・デ・サバーラがサンホセ要塞を拡大して都市サン・フェリペ・イ・サンティアゴ・デ・モンテビデオを建設する。これが現在のモンテビデオ市の基礎となった。

1828年に独立したウルグアイの首都となった。19世紀から20世紀のはじめまでアルゼンチンとブラジルの影響を回避するためにイギリスの強力な影響下で発展し、1869年 には内陸に向かう鉄道が開通した。

20世紀以降

1860年に57913人だった人口は多くの移民を迎えて、1884年には104472人になった。移民の大半はスペインおよびイタリアからであるが、中欧からも多くの移民を受け入れた。1930年にはFIFAワールドカップが開催され、初代優勝国の栄冠を勝ち取った。

1939年12月13日プンタ・デル・エステ沖に現れたドイツ海軍のポケット戦艦グラーフ・シュペーをイギリス海軍が追撃し、ラ・プラタ沖海戦が起きた。海戦の後、艦長のハンス・ラングスドルフ大佐はモンテビデオに退避した。この間にウルグアイの中立を巡るドイツ・イギリス・ウルグアイの外交戦が繰り広げられ、この町は一躍世界的に有名になった。ウルグアイは親英的な立場で中立を貫き、シュペー号は72時間の停泊の後、12月17日にモンテビデオ港外で自沈した。

1950年代には90万人近い人口に達したが、その頃から経済停滞に苦しみ、さらに軍事政権(1973-85年)下の混乱の影響もあって街は衰退し、その後遺症は現在まで続いている。多くの貧しい地方出身者が都市に溢れ、特に旧市街に集中した。2002年にはブラジル、アルゼンチンから波及した経済危機により貨幣価値が下落、物価が高騰した。

2004年には135万人近い人口を数え、大モンテビデオ都市圏を含めると180万人になる。近年の経済回復とウルグアイの隣国の強力な貿易の結びつきは農業の発展を導き、将来の繁栄が望まれている。

地理

ラ・プラタ川左岸にあり、南半球の遠心力により右岸のアルゼンチン側よりも海岸が綺麗になっている。気候は亜熱帯に属し、一年を通して降水がある。

観光

1月から2月にかけては、約1ヶ月にわたりカーニバルの期間となる。特に2月上旬(年により変動)の2日間に行なわれるジャマーダス(Llamadas)は、数十組の打楽器奏者やダンサーからなるパレードからなる祭りで賑わいを見せる。
「ジャマーダス」とはスペイン語で「呼ぶ」という意味。19世紀にアフリカから連れてこられた奴隷たちの間で太鼓を叩いて会話を行っていた風習がパレードの名になったそうです。黒人文化から生まれた「カンドンベ」はウルグアイの代表的な音楽。チコ,レピーケ,ピアノと呼ばれる3種類の打楽器が使用され,軽快な太鼓のリズムに乗ってパレードは進みます

「ジャマーダス」では、ウルグアイの伝統音楽「カンドンベ」を演奏する打楽器奏者とダンサーたちによるグループが、2夜にわたって競い合う
カンドンベ(Candombe)とは、パーカッション中心のウルグアイ独特の音楽で、黒人音楽がルーツ。このリズムがタンゴに発展したと言われています。

毎年行われるモンテビデオのカーニバルの時期には、華やかなパレードが繰り広げられ、ウルグアイ独特の打楽器タンボールを演奏しながら練り歩くラス・ジャマーダスが見られます。


posted by kisebeauty at 03:51| Comment(0) | 祭り・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: