2013年04月26日

グウィネス・パルトロウ(40)が毎年恒例の『People』誌による「最も美しい女性」に選ばれる


伊ベネチア(Venice)で開催された第68回ベネチア国際映画祭(Venice Film Festival)で、スティーヴン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)監督作品『コンテイジョン(Contagion)』の上映会に登場した女優グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)

◆24日、毎年恒例の『People』誌による「最も美しい女性」ランキングが発表され、今年はグウィネス・パルトロウ(40)が選ばれました。

グウィネスといえば、かつてはブラピと婚約し、映画『恋におちたシェイクルピア』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。その後、彼女はコールドプレイのクリス・マーティンと結婚し2人の子どもを出産。最近では、女優業のほかに、「Goop」というウェブサイトを立ち上げ、クッキングからファッションまで、さまざまなアドバイスを発信していることでも知られる存在です。

そんなおしゃれセレブであるグウィネスが語る、彼女にとって美とは、自分らしさが外見に現れた結果なのだとか。

「自分がいちばん美しいと思うのは、自分らしいと感じるときね。私はどんな場合でも自分を認めて、自分を批判しない。すべてのシワも含めて自分を愛することができたら心は平和よ。決まり文句のようだけど、美は内面から輝くのよ」

こう語るグウィネスですが、日頃のトレーニングが奏功しているのは認めるところ。週に5日は、トレーシー・アンダーソン・メソッドでワークアウトを実践。「最初は無理だと思ったわ。悪夢だった」と語る彼女ですが、今では歯磨き感覚で出来るようになったとか。

そんな彼女は、先日『Star』誌が毎年行っている、読者投票による最も嫌いなセレブで1位に輝いたばかり。他にも、先日出版したレシピ本に、育ち盛りの子どもたちにまで、炭水化物をカットした食生活をさせていると書き、「やりすぎ」という批判を浴びるなど、アンチも多いセレブリティ。

彼女自身も「最も美しい女性」に選ばれたことを知ったときは、ドッキリかと思ったそうですが、『People』誌のサイトにも、「なぜ、彼女が世界一美しい女性に選ばれたかわからない」といった辛口コメントも多数寄せられています。

■People誌「最も美しい女性」ランキング トップ10

1位:グウィネス・パルトロウ
2位:ケリー・ワシントン
3位:アマンダ・セイフライド
4位:ゾーイ・デシャネル
5位:ジェーン・フォンダ
6位:ジェニファー・ローレンス
7位:ケリー・ローランド
8位:ハル・ベリー
9位:ドリュー・バリモア
10位:PINK



◆世界で最も美しい女性、シースルーのセクシードレスで魅了

グウィネスパルトロー.jpg


映画「アイアンマン3」のワールド・プレミアが現地時間24日、米ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて行われ、主演のロバート・ダウニーJrやグウィネス・パルトロウら豪華キャスト陣が出席した。

会場となったハリウッド大通りにはレッド・カーペットが敷き詰められ、TVカメラ85台、スチールカメラ110台、合計約400人のマスコミと、3500人以上のファンが集結。彼らに見守られる中、ロバート、グウィネスをはじめとする「アイアンマン3」のスタッフ&キャスト陣が登場した。

両腕から脚にかけてシースルー素材が用いられた、セクシーなロングドレス姿で現れ、会場の人々を魅了したグウィネス。先日「People」誌による「最も美しい女性」ランキングで1位に選ばれたことについて「とても、ビックリしたわ!最初、私のパブリシストが間違えて連絡して来たと思ったの!でも、本当だと確認して、あらためて光栄に思うし、ラブリーごとよね!」と満面の笑みで喜びを語った。さらに日本のファンに向けて「是非、劇場で『アイアンマン3』をご覧ください!この作品は我々の誇りです!楽しんでください!」とメッセージを送った。

4月4日の韓国プレミアを皮切りに、中国、ロシア、ドイツ、フランス、イギリスと世界各国で同作のワールドツアーを行なってきたロバートが、真っ赤なオープンカーに乗って姿を現すと、集まったファンのボルテージは最高潮に。メディアの取材や殺到するファンのサインや写真にも丁寧に応じ、「すごい興奮しているよ!世界各国を巡ってきたけど、ホームグラウンドで自分の映画を見せられることは本当に嬉しいことだね」とツアーを振り返った。

日本では25日に、都内で映画「アイアンマン3」日本最速カウントダウン上映会が行われ、モデルの木下優樹菜と夫のお笑い芸人FUJIWARA・藤本敏史と登場し、イベントを盛り上げた。

2012年に公開され、全米で歴代オープニング記録を塗り替え、日本でも大ヒットした映画「アベンジャーズ」の続編的な意味を持つ「アイアンマン3」。アベンジャーズのメンバーの中でも高い人気を誇る、トニー・スターク=アイアンマンの“最後の戦い”を描いている。映画「アイアンマン3」は4月26日(金)より2D/3Dで日本先行公開。


★グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)

ウィグネス・パルトロウ.jpg

グウィネス・パルトロウ Gwyneth Paltrow

プロフィール
本名: グウィネス・ケイト・パルトロウ Gwyneth Kate Paltrow

生年月日: 1972年 9月 28日

出身地: カリフォルニア州 ロサンジェルス

職業: 女優



結婚歴、交際歴
夫: クリス・マーティン (ミュージシャン)
1977年3月2日生まれ。イギリスのロックバンド 「コールドプレイ」 のヴォーカル。2002年から交際を始め、2003年12月に結婚。2004年に娘を、2006年に息子を授かる。

元彼: スコット・スピードマン (俳優)
2002年に交際する。

元彼: ウォルター・セールス (映画監督)
2002年に交際する。

元彼: アーロン・エックハート
1968年生まれ。映画 『抱擁』 の撮影で知り合う。2002年に短期間だが交際する。

元彼: ブライアン・アダムス (ミュージシャン)
2002年に交際する。

元彼: ルーク・ウィルソン (俳優)
2001年に交際する。

元彼: ロバート・ショーン・レオナルド (俳優)
2001年に交際する。

元彼: ベン・アフレック (俳優)
1997年12月から交際を始める。2人は映画 『恋におちたシェイクスピア』 で共演。1998年12月に破局を公表する。その後、2000年に映画 『偶然の恋人』 でも共演する。

元婚約者: ブラッド・ピット (俳優)
1994年、映画 『セブン』 で夫婦役で共演し、知り合う。1996年11月に婚約するが、1997年6月に破局する。

元婚約者: ドノヴァン・レイッチ (俳優・モデル・ミュージシャン)
90年代前半に短期間だが婚約していた。



家族構成
父: ブルース・パルトロウ (TVプロデューサー)
1963年11月26日生まれ。グウィネスの30歳の誕生日のため、家族でバケーションを過ごしていた2002年10月3日に咽喉ガンで急死する。

母: ブライス・キャサリン・ダナー (女優)
1943年2月3日生まれ。

弟: ジェイク・パルトロウ (TVディレクター)
1975年9月26日生まれ。

娘: アップル・ブライス・アリソン・マーティン
2004年5月14日にロンドンで生まれる。父親はクリス・マーティン。

息子: モーゼ・ブルース・アンソニー・マーティン
2006年4月8日にニューヨークで生まれる。父親はクリス・マーティン。



教養
高校: Spence School (ニューヨーク州・ニューヨーク)

大学: Universitiy of California (カリフォルニア州・サンタバーバラ)



略歴
オーディションに合格して1991年の映画 『過ぎゆく夏』 に出演し、映画デビューする。

1991年の映画 『フック』 でウェンディ役を演じ、注目を浴びる。

1995年の映画 『セブン』 でブラッド・ピットと共演し、交際するようになる。

1998年の映画 『恋におちたシェイクスピア』 に主演し、アカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞する。また、共演のジョセフ・ファインズと共にMTVムービーアワードのベストキスを受賞する。この映画で共演したベン・アフレックと交際するようになる。

1999年9月に芸能雑誌 「People」 から、ベストドレッサーの1人に選ばれる。



出演映画
1991年 過ぎゆく夏 (Shout)
1991年 フック (Hook)
1993年 デッドリー・ファーザー (Deadly Relations) *テレビ映画
1993年 冷たい月を抱く女 (Malice)
1993年 フレッシュ・アンド・ボーン/渇いた愛のゆくえ (Flesh and Bone)
1995年 ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋 (Jefferson in Paris)
1995年 セブン (Se7en)
1995年 ムーンライト&ヴァレンチノ (Moonlight and Valentino)
1996年 ハードエイト (Sydney aka Hard Eight)
1996年 ハッピィブルー (The Pallbearer)
1996年 Emma エマ (Emma)
1998年 スライディング・ドア (Sliding Doors)
1997年 大いなる遺産 (Great Expectations)
1998年 沈黙のジェラシー (Hush)
1998年 ダイヤルM (A Perfect Murder)
1998年 恋におちたシェイクスピア (Shakespeare in Love)
1999年 リプリー (The Talented Mr. Ripley)
2000年 インターン (The Intern)
2000年 デュエット (Duets)
2000年 偶然の恋人 (Bounce)
2001年 アニバーサリーの夜に (The Anniversary Party)
2001年 ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (The Royal Tenenbaums)
2001年 愛しのローズマリー (Shallow Hal)
2002年 デブラ・ウィンガーを探して (Searching for Debra Winger)
2002年 オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (Austin Powers in Goldmember)
2002年 抱擁 (Possession)
2003年 ハッピー・フライト (View from the Top)
2003年 シルヴィア (Sylvia)
2004年 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (Sky Captain and the World of Tomorrow)
2005年 プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Proof)
2006年 ハサミを持って突っ走る (Running with Scissors)
2007年 恋愛上手になるために (The Good Night)
2008年 アイアンマン (Iron Man)

posted by kisebeauty at 23:36| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。