2013年05月27日

47歳の美しすぎる美魔女「山田佳子」さんの美しい肌を保ち続けていられる秘密を解明!TV番組「ゴンゾウ」より

第2回国民的『美魔女』コンテストグランプの山田佳子(47歳)さんがTV番組「ゴンゾウ」に出演しました。
日テレ「人体の謎を解き明かせ!特命調査機関ゴンゾウ」(5月21日火曜夜9時〜放送)

「47歳の山田佳子さんがどうして美しい肌を保ち続けていられるのか」というテーマでした。
山田佳子さんが生活の中で取り入れているものの中で番組が注目したのは山田佳子流洗顔法でした。

山田佳子さんは「40℃程度の暖かいタオルを顔に1分程度当て、その後氷水で冷やす」。これを繰り返していたのでした。「蒸しタオル&氷水美容法」ということでした。


山田佳子.jpg


結論として科学的に証明されたことは
「美魔女 山田佳子はヒートショックプロテインを増やしていた」。ということになります。
いみじくも涙の女王チエ・ジウが「ヒートショックプロテイン(HSP)のことではないですか」。と指摘していました。

チェ・ジウ1.jpg

◆慶応大薬学部の水島徹教授曰く「美魔女 山田佳子さんはヒートショックプロテインを増やしていた。と考えられます」。と語った。

慶応大薬学部の水島徹教授が以前マウス実験で「42℃の湯に5分間浸けると紫外線によるシワを予防できた」という研究結果を発表した。
研究責任者で、慶応大薬学部の水島徹教授が解説する。 
「マウスの実験で皮膚を42℃の湯に5分間浸けると、体内の細胞内にある熱ショックタンパク質(HSP)が増えることがわかりました。マウスを37℃、あるいは42℃のお湯に浸けた後に紫外線を当てるという実験を10週間続けた結果、37℃で5分間浸けたマウスのグループにはシワがくっきりとできたが、42℃のお湯に浸けたマウスのグループではシワがほぼできませんでした」
 
 熱ショックタンパク質(HSP)とは、熱などのストレスを受けると細胞の中で作られるタンパク質のことで、ストレスで受けた細胞の傷を修復する役割を担う。
 
 また、顔などにできるシワは、肌の弾力を保つクッションの役割を果たしているタンパク質のコラーゲン層が傷ついて薄くなることで発生する。このコラーゲン層を傷つけてシワを作る原因の7〜8割は紫外線だと考えられているのだ。

 では、なぜ42℃なのだろうか。日本人の一般家庭のお風呂の設定温度は40〜42℃といわれているが、少しアツめの温度といったところか。水島教授は、こう説明する。
 
「私も自宅の風呂で“人体実験”しましたが、確かに42℃はちょっと熱い(笑い)。でもはいれないことはないんです。41℃じゃダメかというと、そんなことはなくHSPは増えますが、42℃が一番よく増え、かつ熱が悪さをしないと。それ以上の温度だと皮膚に炎症を起こす場合もありますし、そもそも湯船にゆっくり浸かるなんてできませんから……」

実は
美魔女 山田佳子の蒸しタオル&氷水美容法は「ヒートショックプロテイン」増加法だったんです。
すばらしい。


★美肌になれる「HSP(ヒートショックプロテイン)」の効果と入浴方法


それは、「ヒートショックプロテイン」を増やすこと。

ヒートショックプロテインとは「傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質」のこと。
自身もタンパク質でありながら、他の細胞(タンパク質)のお世話ばかりしている黒子のような存在で、その性質から「タンパク質の修理屋」と呼ばれたりもします。

ヒートショックプロテインが増えると、細胞の多くが活性化します。
◆HSP(ヒートショックプロテイン)とは

熱ショックタンパク質=HSP

HSP(ヒートショックプロテイン)とは熱ショックタンパク質のこと。
体は水分を除くと、ほとんどがタンパク質でできています。ストレスや病気でタンパク質が傷つくと、様々な不調が。この傷ついたタンパク質を修復し、元気な細胞に戻してくれるのがHSPです。

●HSPは加齢とともに減少する

HSPはもともと体内に存在しますが、加齢とともに減少します。また、傷ついたタンパク質を修復するには、より多くのHSPが必要に。つまり、体内に常に多くのHSPがあれば、治癒力を高め健康な体になれるということ!

●HSPを増やすには?

加圧や低酸素など体に少しのストレスをかけると、HSPは増えます。中でも一番効果的なのが、”体を温める”こと。つまり、HSPを手軽に取り入れられるのが、お風呂なんです。さらに効果的にHSPを増やすために考えられたのが、「HSP入浴法」です。


◆HSP入浴法の効果

●美肌

HSP入浴法にはコラーゲンの減少をとめる働きがあります。汗をかくことで老廃物も排出され、美肌効果抜群です。代謝があがるので脂肪燃焼効果もありますよ!

●疲れにくくなる

体が温まると「エンドルフィン」が出て、疲労や痛みが緩和します。また疲れを感じる物質、「乳酸」の産生が遅れるので、疲れにくくなるんです!

●運動能力が向上

HSPが増えるとエネルギーが持続し、疲労しにくくなります。日々のパフォーマンス向上につながります。

●免疫力がUP

体を温めることで、リンパ球が増加します。リンパがもっている免疫増強効果によってウイルスなどに感染しにくくなります。治癒力も高まるため、風邪かな?と思ったらHSP入浴法を試すのがおすすめです。

●気持ちが前向きに

このHSP入浴法は、うつ病などの治療にも利用されているほど。体温が上がることで行動力がUPし、気持ちが前向きになるそうです。

●冷え性対策に良い

◆冷え性と美肌用HSP入浴法5大ポイント
【ポイント1】入浴前の水分補給(目安は500ml)
入浴前に水分補給をします!
体があたたまるとたくさんの汗をかくので、それを見越して体内の水分を調整してあげましょう。
目安としては500mlにするとよいそうです。
体が温まりにくい人は、入浴前にしょうが湯などを飲むと体が温まりやすくなってよいかもしれませんね。

【ポイント2】お風呂の温度は40℃〜42℃
お風呂のお湯の温度は40℃〜42℃にします! (43℃にして置くと良いらしい)

少し熱めというのがポイントになります。
少し熱めにすることで体に適度なストレスがかかりますから、そのことが原因でヒートショックプロテインがいい具合に増えるんです。
このとき、お湯の温度が下がらないように、お風呂のふたで首まで覆うようにするといいでしょう。

【ポイント3】理想の体温は38℃
体温は38℃にあたたまるのが理想的と言われています!
体温をきちんと測りたい方は、口にくわえられるタイプの体温計で、体温の上昇をチェックしましょう。
体温計がない方は、お湯に浸かる時間の目安として、「42℃のお湯なら5〜10分、41℃なら15分程度、40℃なら15〜20分」と言われていますので、こちらを参考にしてもよいと思います。
「番組では入浴は42℃で5分が目安と説明していた」。


ちなみに、愛知医科大学医学部の伊藤准教授が行った研究では、体温を38℃まで上げた人は、HSP入浴を行った2日後に、ヒートショックプロテインが約1.5倍に増えていたという結果が出たそうです!

【ポイント4】入浴後は10分〜15分体温を保温する
お風呂からあがったら、タオルケットやバスローブを巻いて10分〜15分程度、体を保温します!
ヒートショックプロテインをしっかりと増やすためには、このような形で入浴直後に体を冷やさないようにすることもポイントになります。
お風呂からあがった状態でも、ヒートショックプロテインの増加は続いているんです。
ですので、この保温中に冷たい飲み物を飲むのは避けましょう。

【ポイント5】保温後は自然に体温を戻す
保温後はリラックスして自然に体温を戻すことを心がけます!
ここでも、急速に体を冷やすことは避けましょう。
部屋の温度はエアコンなどを使って調整し、暑すぎず、寒すぎずの適温にしておくとよいでしょう。
また、このときは入浴でかいた汗を補うために、「冷たすぎない飲み物」であれば水分補給をしても大丈夫です。


【ヒートショックプロテイン入浴法(HSP入浴法)要約】
1.入浴前に水分補給をします(目安は500ml)。体が温まりにくい人は、しょうが湯も。
2.お風呂の温度は40℃〜42℃です。お湯の温度が下がらないように気をつける。
3.体温が38℃まで上昇するのが理想です。
 42℃なら5分から10分、41℃なら15分程度、40℃なら15分から20分が目安。
4.入浴後は体温を保温します。タオルケットやバスローブを巻いて10分〜15分程度、体を保温。
5.保温後は自然に体温を戻します。リラックスして自然に体温を戻すことを心がける。

特に、ヒートショックプロテインのパワーがピークを迎えるのは、入浴から2日後と言われています。

そして、増加したヒートショックプロテインは、1週間ほど体内に残り、その力を発揮してくれるとのこと。
ですからその場しのぎではなく、継続的な冷え性対策として有効なのです。
ちなみに、HSP入浴法は効果の持続から考えて週に2回くらいの頻度を目安にするとよいそうですよー。

あなたも是非、HSP入浴法で体の中のヒートショックプロテインを増やし、美肌を作り、体から「冷え」を取り除きましょう。

※ 高齢者の方や体調に心配のある方は、お湯の温度や入浴時間を抑えめにしてくださいね。
このHSPを利用した美容法を実践しているのが、美魔女の山田佳子さんなのでした。

以上のことを週2−3回行うと良いとのことです。
以上はTV番組「ゴンゾウ」とWEBで調べた内容を加筆したものです。
参考になれば幸いです。

★ 山田佳子

山田佳子2.jpg
妻として、母として、嫁として、社会人して、美魔女として少しだけがんばってくださ〜い。

名前:山田 佳子住所:兵庫県生年月日:1966年1月17日
第2回国民的美魔女コンテストグランプリ受賞
身長:163cm
スリーサイズ B:83cm W:58cm H:82cm
血液型:A型趣味:ヨガ、ウォーキング、ガーデニング、美味しいお店めぐり特技:整理整頓・体が柔らかいこと
「趣味は海外に長期滞在すること。そこで学んだことは若さにしがみつかず、年齢に応じた美しさでナチュラルに生活することでした。もっと素敵な大人の女性を目指したいです」。

プロフィール
ニックネーム: 山田佳子
性別: 女性 血液型: A型 ホームページのURL: http://igrek.biz .

自己紹介
第2回国民的美魔女コンテストグランプリを機に
オスカープロモーションに所属
大阪で小さな外国人モデル事務所も経営しております。
ピントがずれているとよく言われる私ですが
日々のお仕事のことや
さりげない小さな出来事を
このブログを通して
皆さまへご紹介してまいります。
お気軽に覗きにいらしてください。


マイプロフィール
定番
趣味: 愛犬との会話。と、目の保養のSHOPPING 長所: 小さな事にでも感動できる体質 短所: 神経質・・・・まさに、改善するべきところ ちょっと自慢できること: 段取りがよいところ 最近ハマっているものは?: 友達づくり まず家に帰ってすることはなに?: 玄関の掃除・・朝もします・・・ 平均睡眠時間は?: 5時間 口癖は?: えらいこっちゃ! ブログの更新頻度は?: 毎日を心がける・・単純作業が得意だから・・・ ブログに何書いてる?: くだらない毎日と愛犬との会話 何フェチ?: Bagと靴 座右の銘は?: 物事をするのに今日が最高の一日、明日は最悪の一日 集めてるものは?: 香水瓶 Sですか?Mですか?: どちらでもない ○○なタイプです: 物静かなタイプ(希望)
好き嫌い
好きな食べ物は?: パン 嫌いな食べ物は?: 納豆 好きな場所は?: 家

◆船越英一郎、チェ・ジウ、福澤朗が初共演!ドラマ×情報の新感覚番組『人体の謎を解き明かせ!特命調査機関 ゴンゾウ』今夜放送

チェ・ジウ.jpg

 5月21日(火)21時から放送の『人体の謎を解き明かせ!特命調査機関 ゴンゾウ』(日本テレビ系)は、船越英一郎、チェ・ジウ、福澤朗が初共演する、多くの謎が秘められた人体の謎に迫るサイエンスエンターテイメント番組。人体の多くの謎を最新の科学と研究で解き明かす、「ドラマ」と「情報」を融合した新感覚番組がついに登場!

 とある街にひっそりとたたずむ喫茶店「ゴンゾウ」。しかしそれは表の顔、その店の地下には、人体の謎を科学で解明する特命調査機関「ゴンゾウ」が存在した。喫茶店のマスター・黒川慶介(船越英一郎)は、調査機関の所長も務めている。ある日、黒川のもとに、クライアントの松沢(福澤朗)を通じて、スジン(チェ・ジウ)という女性が訪ねてくる。調査機関「ゴンゾウ」を視察したいと韓国から やってきたと話すスジン。それを受け入れた黒川は、他の調査員らとともに、様々な人体の謎を解明するべく、調査を開始する。

■『人体の謎を解き明かせ!特命調査機関 ゴンゾウ』
2013年5月21日(火)21:00〜22:48(日本テレビ系)

【出演者】
黒川慶介…船越英一郎
パク・スジン…チェ・ジウ
吉野花蓮…黒谷友香
真田一良…山崎樹範
田辺竜馬…大野拓朗
菊地航太…渡部豪太
松沢明…福澤朗

★美魔女
美魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌『美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている。

『美STORY』が月刊化され、のちに『美ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられている。なお、光文社はこの語を商標登録している。

背景
2009年8月頃、女性向けファッション雑誌『美STORY』が、40代の女性に必要なのは「美しくなる為の方法」「内側から美しくなる食事」「美しさをキープする習慣」であると提案した。美STORYが季刊誌から月刊誌になることを機に立ち上げられたサイト上で、“7人の美魔女会議”というブログがスタートした時から、美魔女という言葉が広まっていった。その7人は、松島三季、水谷雅子、吉田貴子、上田実絵子、吉田真希子、山本未奈子、潤子ララビュール。ブームのきっかけとなったのは、同誌の編集長•山本由樹が仕掛けた「国民的美魔女コンテスト」だった。2010年11月に開催されたコンテストには、全国から35歳以上の女性が約2,500人集まり、テレビ番組などで取り上げられた結果、「美魔女」という言葉の認知度を一気に上昇させた。

実業家の藤田康人は、『美STORY』編集長・山本由樹のブームの仕掛け方が巧妙であったと述べている。まず、雑誌というブランド力と信憑性の高いメディアから"美魔女"という話題性のある言葉を発信し、実際にコンテストを開催することで、その話題性を急増させた。そして、次にウェブという情報拡散性の高いメディアで読者を投票や書き込みという行為でコンテストに擬似参加させる仕組みは最先端の統合的なマーケティングコミュニケーションの事例といえる、と批評した。また、雑誌の発行部数減少や広告不振など、雑誌というメディアの存在意義そのものが問われていると危機感を持ちながらも、新しい方向性が見出せない業界にとって、この山本の「美魔女ブーム」の仕掛け方は、雑誌メディアの今後のビジネスモデルの新しい形を示しているのではないかとも語った。

定義
ブームを仕掛けたファッション雑誌『美STORY』は「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義している。しかし、一部では単に「年齢を感じさせない若さを保っている大人の女性」という意味で使われている

●美魔女公式HP
http://www.bimajo.jp/

◆「関西美魔女Collection2013」番組出場コンテストにご参加頂くにあたって、下記「1.番組の趣旨」を十分にご理解頂き、下記「2.注意事項」をご確認・ご了解頂いたうえでwebまたは郵送にてご応募ください。

1.番組の趣旨

「関西美魔女Collection2013」番組出場コンテスト(以下、本コンテストといいます)は、朝日放送株式会社(以下、ABCといいます)の企画であり、最終審査はテレビ番組「関西美魔女Collection2013」(関西地区で2013年9月下旬放送予定。以下、本番組といいます)内で行います。番組内では美しさだけではなく、関西らしさや元気さなど、様々な要素も含めた美魔女を発掘し、関西の女性を盛り上げたいと思っております。見事関西美魔女ナンバーワンに選ばれた方には賞金100万円が授与され、さらに有名企業5社のインフォマーシャル(ABCが制作するCM)に出演していただきます。
また、「第4回国民的美魔女コンテスト」のファイナリストに番組代表として特別枠で出場していただきます。

2.注意事項
【1】本コンテスト全体について 1)本コンテストは、「一次選考(書類)審査」「二次選考(面接)審査」「最終予選(面接)審査」「本選(番組)審査」で構成されます。本番組内で行う「本選(番組)審査」でナンバーワン1名が選考され、選ばれた方は、ABCが指定する企業5社のインフォマーシャル(ABCが制作する企業CM。本番組終了後から2014年3月末まで放送・配信予定)に無償で出演していただきます。
2)本コンテストへの参加に関し、経歴(学歴、職歴、賞罰等含む)の詐称などの虚偽の申告をしてはなりません。[【2】−1)]に記載の放送ほか各種媒体へ掲載の際も仮名は不可とさせていただきます。
3)選考の結果、「一次選考(書類)審査」「二次選考(面接)審査」「最終予選(面接)審査」「本選(番組)審査」で落選した場合も、ABCに対して一切の異議申し立てをしないことをお約束ください。
4)本コンテストへの参加の結果、万一不利益(経済的損失に限りません)が生じた場合も、ABCは一切の責任を負いません。

【2】二次選考(面接)審査以降について 1)ABCは、本コンテストの模様を収録し、編集して、参加者の肖像写真、氏名・経歴等の情報とともに放送する他、ABCホームページ、およびFacebook、YouTube等のインターネット・携帯・スマートフォンサービスへの掲載、配信、また雑誌とのタイアップ等を行う予定です。収録した映像、参加者の肖像写真、氏名・経歴等の情報の放送、インターネット・携帯・スマートフォン配信、雑誌、DVD化等の二次利用を含むその他一切の使用について、本人およびその家族親族等が、ABCおよび第三者に対し異議申し立てや金員その他いかなる請求もしないことをお約束ください。なお、収録した映像は、編集等の都合により、必ず放送・配信等されるとは限りません。
2)本コンテストおよび、インフォマーシャルにおける参加者の実演に関する権利はABCに帰属するものとします。
3)ABCの指示に従わない場合、法令違反、社会的規律に反する行動など、ABCが本番組の一員としてふさわしくないと判断した場合は、ただちに本コンテストへの参加を取りやめて頂きます。

posted by kisebeauty at 09:58| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。