2013年06月01日

ドイツで29日ハノーバー(Hanover)や南部のシュツットガルト(Stuttgart)にて美しい初夏の雨



ドイツでは29日、中部ハノーバー(Hanover)や南部のシュツットガルト(Stuttgart)をはじめ、各地で初夏の雨となった。

★ハノーバー
ハノーファー(ハノーファ、Hannover [haˈnoːfɐ] 発音を聴く(ヘルプ / リンク))は、ライネ川沿いにある北ドイツの主要都市のひとつ。ニーダーザクセン州の州都でもある。

人口515,948人(2004年)。地域の行政の中心地としても政治的力点の置かれた町である。ドイツ語の原音 発音例に近いカタカナ表記は「ハノーファー」または「ハノーファ」であるが、日本ではアルファベット表記や英語での発音からしばしば「ハノーヴァー」「ハノーバー」と表記・発音される。


地勢
ライネ川沿いに位置し、ミッテルランド運河が市内を走る交通の要所で、鉄道も東西を結ぶ路線と南北を結ぶ路線が交錯する。商工業が発達している。近隣の都市としては、約90キロ西にビーレフェルト、50キロ東にブラウンシュバイク、70キロ東にヴォルフスブルク、約30キロ南にヒルデスハイムが位置する。

歴史

中世にライネ川岸に建設された(元の名前「Honovere」は「高い堤」と訳される)。元は漁村だったが、13世紀には大きな町になりつつあった。14世紀には教会や市庁舎、3つの市門のある城壁もできた。この頃、ハンザ同盟の一員として繁栄した。1636年にブラウンシュヴァイク=リューネブルク公国の一部であるカレンベルク侯領を受け継いだゲオルクが首都をハノーファーに移し、ハノーファー公国の首都となった。1692年、ハノーファー公エルンスト・アウグストが選帝侯となったことにより、彼の公国はブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯国、通称ハノーファー選帝侯国となった。

1714年、ハノーファー選帝侯ゲオルク1世はイギリス国王ジョージ1世として即位した。イギリスとの関係が深いため、イギリス風の建物が残る。後にハノーファー王国の都となる(1918年まで。ハノーファー公国以後の歴史は、ハノーファー王国を参照のこと)。

第二次世界大戦においては、空襲を受け、町の3分の2が焼失した。

文化

万国博
ハノーファーは、多彩な教育機関と大学のある町で、2000年には万国博覧会もここで開かれた。ただ、入場者数は当初の予定の半分以下である約1800万人に終わり、多額の負債が残された。

CeBIT
ハノーファーでは、世界最大のコンピュータ見本市であるCeBITが毎年春に開催されている。

射撃祭
最大で200万人を動員した射撃祭(シュッツェンフェスト)も開催される。1529年にカレンベルク侯エーリヒ1世が住民に許可したのが始まりである。

大学
Leibniz University Hannover
Hanover State University of Music and Drama
Hanover Medical School
School of Veterinary Medicine Hanover
Fachhochschule Hannover

スポーツ
ブンデスリーガ所属のプロサッカークラブであるハノーファー96の本拠地。AWDアレナを本拠地とする。
2006年ドイツ FIFAワールドカップの開催都市の一つで、シュタディオン・ハノーファー(AWDアレナ)にて試合が行われた。
ドイツ水球リーガ所属のプロ水球クラブであるヴァスポ・ハノーファーの本拠地。

音楽

大植英次が終身名誉指揮者を務めているハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団がある。

出身者
18世紀から19世紀にかけてイギリスで活躍した天文学者、ハーシェル兄妹(旧姓ヘルシェル)。 ウィリアム・ハーシェル(兄)
カロライン・ハーシェル(妹)

18世紀から19世紀にかけて活躍した哲学者、シュレーゲル兄弟。 アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル(兄)。
フリードリヒ・シュレーゲル(弟)。

明治のお雇い外国人、ゴットフリード・ワグネル。
ドイツ代表サッカー選手、ペア・メルテザッカー
ミュージシャン、スコーピオンズ

産業
商工業が盛んであり、国際的な自動車部品メーカーのコンチネンタルAGが本社を構える。年に一度、世界最大規模の国際産業技術見本市(ハノーファー・メッセ)が開催されることでも知られる。

交通
ハノーファー中央駅 ハノーファーLRT
ハノーファー中央駅
ハノーファー・メッセ・ラーツェン駅
ハノーファー空港

姉妹都市
- ブリストル(イギリス)
- ペルピニャン(フランス共和国)
- ルーアン(フランス共和国)
- ブランタイヤ(マラウイ共和国)
ユトレヒト、オランダ
- クラグイェヴァツ、セルビア

- ポズナン(ポーランド共和国)
- 広島市(日本)
- 東近江市(日本)
- ライプツィヒ(ドイツ連邦共和国)
- カンザスシティ(アメリカ合衆国)


★シュツットガルト
シュトゥットガルト(標準ドイツ語: Stuttgart、アレマン語:Schduagert(シュドゥアガート/シュドゥアゲアト))は、ドイツ連邦共和国の都市。バーデン=ヴュルテンベルク州の州都であり、ドイツ南西部の世界都市。人口は約59万1千人(2006年)。シュツットガルトとも表記される。

地勢・産業
ネッカー川沿いにあり、シュヴァーベン地方北部とフランケン地方南西部であるヴュルテンベルク地方を境目とするドイツを代表する工業都市で、もっとも豊かな地域である。ダイムラー、ポルシェやボッシュなどドイツを代表する世界的な企業の本社がおかれている。一方ではブドウなどの栽培も盛んであり、中央駅のそばには今もブドウ畑が残る。ワインも生産され、農業も盛んな田舎街の側面を併せ持つ。

言語構成は上部ドイツ語の語群であるカトリックであるアレマン語の系統に属するシュヴェービッシュ(シュヴァーベン語)と、プロテスタントである上部フランケン語の系統に属する南フランケン語の一言語であるヴュルテンベルク語などの方言が混合する境界域に位置し、中部・北部ドイツ人たちからは「ドイツの田舎者」と揶揄されることがある。

隣接するエスリンゲン、ルートヴィッヒスブルク、フェルバッハ、ヴァイブリンゲン、などのUバーン(LRT:ライトレールトランジット、ほぼ専用軌道の路面電車)、Sバーン(都市近郊電車)が直通運転される近隣周辺都市を合わせて人口100万人を越えるシュトゥットガルト都市圏を形成する。中央駅正面から歩行者専用道路のケーニッヒストラーセが伸び、通りを進んでいくと左手に新宮殿、広場、旧宮殿、ラートハウス(市役所)、マルクトプラッツ(市場)、ブロイニンガーデパートなどが現われ、市の中心部となる。

欧州議会があるフランス・ストラスブールへ車で1時間半、ミュンヘンへ2時間、フランクフルトへ1時間半、スイス・チューリッヒへ2時間半とヨーロッパのへそともいえる絶好のロケーションに位置する。近隣の都市としては、約40キロ北にハイルブロン、35キロ西にシュヴァルツヴァルトの中心都市プフォルツハイム、60キロ北西にシュヴァルツヴァルトを越えライン川沿いにドイツ連邦最高裁判所、連邦憲法裁判所の所在地であるカールスルーエ、35キロ南にロイトリンゲンが位置している。

気候・風土
気候
緯度的にサハリンの旧日本・ロシアの国境(真ん中)程度の緯度にあり、夏至のころは朝4時ころから夜の10時ころまで明るい。逆に冬至のころは朝8時でも薄暗く、日没も午後4時頃と早く、太陽の高度も低い。夏でも気温は30度を超えることは少なく、湿度は低く蒸し暑さを感じることはない。湿度が低いため空の色は抜けるように青い。冬は寒気が来ると−20度になることもある。雪が積もることは少なく、積もっても2−3日ほどで道路の雪は無くなる。

風土
Birkenkopfより見る州都シュトゥットガルトのパノラマ写真。テレビ塔が右手に有り、塔がある丘陵の上は起伏の少ないなだらかな平原になっており空港も有る。
周辺はネッカー川を中心とする丘陵地帯で、4月になると道路沿いに植えられたリンゴの花がいっせいに咲きほころび、桃源郷を連想させるほど美しい風景が広がる。

歴史
13世紀に都市特権を得た。それより徐々に発展するが、17世紀の三十年戦争で荒廃した。19世紀にヴュルテンベルク王国の都となり、19世紀後半より街の工業化が進んだ。
音楽史においては、1834年にシュトゥットガルト会議が開催され、管弦楽における基準ピッチが「ラ(A)」=440Hzと定められた。(のちに1859年のパリ会議、1885年のウィーン会議で「ラ(A)」=435Hzと決議されたが、1939年のロンドン会議で再び440Hzと決議されて現在に至る。)

かつてのヴュルテンベルク王国の首都であり、美術館や音楽施設が充実した芸術都市としての性格も有する。シュトゥットガルト室内管弦楽団や、シュトゥットガルト州立歌劇場、シュトゥットガルト・バレエ団の活躍は世界的にも知られる。

ミュンヘンのオクトーバーフェストと並び、ドイツ第2のフェスト(お祭り、祭典)といわれる「カンシュタッター・フォルクスフェスト」は、カンシュタット地区のネッカー川河川敷で開かれるビールとワインで祝う収穫祭である。5000人収容可能なビアホール専用テントが多数出現する収穫祭は、毎年9月下旬から10月上旬にかけて行われている。また同じ場所で春には、もう少し規模の小さいフリューリング・フェスト(Spring Festival)が開かれる。 また、ヴァイナハツ・マルクト(クリスマスマーケット)(11/23頃から一ヶ月間)はドイツで2番目に古い歴史を有しており、近隣から参加するバスツアー客でごったがえし、凍える冬の寒空の下、熱燗で飲むハーブ入り赤ワイン, キルシュヴァッサーなどの度数の高いシュナップス(スピリッツ)は実に美味しい。

観光スポット
アルテ・シュロス
中央駅より歩行者天国でアクセス。新宮殿の近くに位置し建物内部が博物館になっている。
マルクト・プラッツ
アルテシュロスの近くに位置し土曜日、日曜日に朝市が開かれる。ヴァイナハツ・マルクトはここで開かれる。
マルクト・ハレ
マルクト・プラッツやブロイニンガーの近くにひっそりと構える室内マーケット。1階では食品が、2階ではレストランと日用雑貨を取り揃える店が入っている。特に1階にある肉屋のタンは絶品。
ベンツ博物館
カンシュタッター・フォルクスフェスト会場の対岸のネッカー川河川敷のゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンの奥に位置しベンツの工場内にあるため、正門より連絡バスに乗りアクセスする。正門近くにシュトラーセン・バーンの終点駅がある。(2006年に改修され、位置が工場内部からメルシーデス通りに面した場所に変わり、徒歩で入館できるようになった。入館料は€8(割引料金は€4)である。)
ポルシェ博物館
駅から少し離れるがネッカー川を渡り北上したフォイヤーバッハ地区にある。Sバーン、シュトラーセン・バーンでアクセス可能。
09年1月に新しいミュージアムが完成。中にはカフェがあり、ピットを見ながら休めるようになっている。

ヴィルヘルマ動物園
ヴィルヘルム国王の夏の離宮が動物園になっている。
植物も多く、奥には海洋動物もいる。ただし遅い時間になると大多数の動物は舎屋に入ってしまって見られなくなる。
中央駅からSバーン(S1&2&3/Badcanstatt下車)、Uバーン(U14/Wilhelma下車)、バス(52、55、56でRosensteinbrücke下車)でのアクセス。

シュトゥットガルトテレビ塔
市の南側にあるデガロホ丘陵地帯の頂部に位置する、高さ216.6mの塔で、約150mの地点に展望台があり、シュトゥットガルト周辺を一望できる。1954年から55年にかけて建設されたもので、鉄筋コンクリート造によるテレビ塔として、世界初のものである。現在、ドイツ各地で鉄筋コンクリート造のテレビ塔を見ることができるが、そのさきがけとなったのがこの塔である。


宗教
シュトゥットガル市民の26%がローマ・カトリック教会の信仰を表明し、約30%が福音主義 教会に属している。今日シュトゥットガルト市民の11,3 %がムスリムである。市民の33%が他の宗教か無信仰者である。

福音主義 ローマ-カトリック 他宗教無信仰

福音主義教会
1534年ヴュルテンベルク 公国において宗教改革が導入された。それにともない ルター派のヴュルテンベルク福音主義州教会が設立され,今日まで存続している。この州教会はシュトゥットガルト市内に本部を置き、シュトゥットガルト・シュティフト教会を首座教会にしている。福音主義を信仰している市民の大半はドイツ福音主義教会(EKD)に加盟しているルター派のヴュルテンベルク福音主義州教会に属し、改革派教会の信仰を持つ少数の市民は福音主義改革派教会に属している。ドイツ福音主義教会(EKD)に加盟していない保守的なルター派自由教会や福音派系プロテスタント教会に属している市民も存在している。

交通
アトランタ、ロンドン、パリ、ブリュッセル、アムステルダム、コペンハーゲン、ストックホルム、ヘルシンキ、ミラノ、ローマ、チューリッヒ、バルセロナ、ウィーン、ブダペスト他に国際線が就航する。

ハンブルク、ハノーファー、デュッセルドルフ、フランクフルト、ベルリン他に国内線が就航する。

シュトゥットガルト中央駅ICE、インターシティなど特急列車が走り、国内はもとよりEU圏内、スイスの主要都市を結んでいる。フランクフルト空港−当駅間を結ぶルフトハンザの便名を持つICEAIRailも運行されている。両空港間の距離は約160kmと短く、航空機が40分かかるのに対してAIRailは1時間13分と大差は無い。むしろ市中心部に到着できるので便利である。
屋外広告を殆ど目にすることのないドイツであるが、駅舎の時計塔の上には大きなメルセデス・ベンツ(現地発音はメアツェーデス・ベンツに近い)のマークが誇らしげに回転していて遠くからでもよく目立つ。駅はターミナル駅(頭端式ホーム)となっているので、当駅に停車する長距離列車はスイッチバックして目的地へ向かう。

駅の地下にはSバーンのための地下ホームがあり、こちらは普通の通過型ホームで、周辺都市と結んでいる。なお、現在、シュトゥットガルト近郊の鉄道網を抜本的に改革する"Stuttgart 21"プロジェクトが進められようとしており、シュトゥットガルト中央駅に関しても、現在の地上ホームに直交する形で地下駅を建設し、既存の地上ホームを廃止する予定であるなど、その姿を大きく変えることになると思われる。

アウトバーンA8 A81
LRT(Uバーン)シュトゥットガルトにおけるLRTの歴史は、1868年の路面馬車に始まり、1895年に電気を動力にする路面電車(シュトラーセンバーン)が登場した。シュトゥットガルトはネッカー川が刻む谷に沿った丘陵地に発達した都市であるため、路線の一部には登山鉄道並みの急勾配の区間が存在する。このため、軌道幅はメーターゲージ(1000mmの狭軌)が選ばれ、次第に路線網が拡張され、市内各所、および近隣都市を結ぶ重要な交通手段に成長した。1970年代に入ると、輸送力の増強が問題となり、1976年に、1435mmの標準軌によるLRTに発展させることが決定された。
これ以降、新設・改良される軌道は標準軌となり、狭軌と標準軌の両方が走行する都心部では、地下部分を中心として三線軌条の路線が敷設された。2007年12月には、最後まで狭軌で残っていた15番線が標準軌となり、旧タイプの電車は姿を消した。ただ、2009年に路面電車ワールドが開業し、日曜日には、ここへ向かう路線で狭軌の電車が運行されている。乗車券は乗車前に駅の自動販売機で購入するが、検札は無い。ただ抜き打ちで取締りをすることがある。乗車後直ぐに車内備え付けの打刻機で乗車券に乗車時刻を打刻しなければならない。

路線バスSバーン、Uバーン、シュトラーセンバーンの駅からは路線バスが接続している。乗車券は目的エリア毎に鉄道と共通で通しの乗車券を購入できる。鉄道とバスは完全にリンクしており待ち時間なしで接続している。バスは連接バスが多く運行されている。鉄道は駅で乗車券を購入するが、バスは乗車時に運転手から購入できる。

スポーツ
VfBシュトゥットガルト- ブンデスリーガ所属のプロサッカークラブである。ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンを本拠地とする。

シュトゥットガルト・キッカーズ- ブンデスリーガ3部に所属のサッカークラブ。
2006年ドイツ FIFAワールドカップの開催都市の一つであり、ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンにて試合が行われた。
プロテニスポルシェ・テニス・グランプリが開催される。

姉妹都市
St Helens, Merseyside(イギリス)1948年
カーディフ(イギリス)1955年
セントルイス(アメリカ)1960年
ストラスブール(フランス)1962年
ムンバイ(旧ボンベイ)(インド)1968年
メンゼル・ブルギーバ(チュニジア)1971年
カイロ(エジプト)1979年
ウッチ(ポーランド)1988年
ブルノ(チェコ)1989年
サマーラ(ロシア)1992年

Special Friendship
大垣市(日本、岐阜県)
Shavei Zion in Israel
Nanjing in People's Republic of China

出身の有名人
ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル- 哲学者
ギュンター・ベーニッシュ- 建築家
ロバート・ボッシュ- 発明家
ゴットリープ・ダイムラー- 技術者
ローランド・エメリッヒ- 映画監督
ゲルハルト・エルトル- 科学者
サシャ・ゲルストナー- HELLOWEENのギタリスト
テオドール・ホイス- ジャーナリスト・政治家
ユルゲン・クリンスマン- サッカー選手
ヘルムート・ラッヘンマン- 作曲家
ヘルマン・ランク- レーサー
フリッツ・レオンハルト- 構造エンジニア
フライ・オットー- 建築家・構造家
マンフレート・ロンメル- 政治家
フリードリヒ・フォン・シラー- 詩人・歴史学者・劇作家・思想家
クラウス・フォン・シュタウフェンベルク- 軍人
リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー- 政治家
posted by kisebeauty at 02:16| Comment(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: