2013年06月07日

少女たちのパワーを讃えた『Girl Rising -少女たちの挑戦-』を日本初放送することが決定!少女たちのナレーションにはメリル・ストリ―プやアン・ハサウェイら美しく気高い女性たちが担当

世界で共通した人権の一つに「教育を受ける権利」がある。しかし、男女差別、政治不安、貧困などさまざまな理由から厳しい日常を強いられ、満足な教育を受けられない少女たちがまだまだ多いのが世界の現状だ。

彼女らの存在が大きく知られるようになったきっかけは不幸な事件からだった。「女性にも教育を受ける権利がある」と主張し、若者に立ち向かうよう呼びかけていた、当時14歳のパキスタン人の少女マララ・ユスフザイさんが、2012年10月に学校帰りのスクールバス車内でタリバン(イスラム主義運動)の人間により頭部を銃撃され、瀕死の重傷を負った。そして、この事件をきっかけにマララさんが、女性の権利を主張する人々のグローバル・アイコンとなった。

そんな中、この事実に憂いたジャーナリストや大手半導体メーカーのインテルなどにより、少女たちの「教育を受ける権利」に向けたグローバル・キャンペーンとして立ち上げられた「10×10」。この活動を世界に向けて発信するために製作されたのが、世界的に高い評価を受けるドキュメンタリー映画『Girl Rising -少女たちの挑戦-』である。

『Girl Rising -少女たちの挑戦-』は、厳しい生活環境の中、夢を失わず、教育を求めて立ち上がる7か国7人の少女たちを追った作品で、各国の少女たちのナレーションにはメリル・ストリ―プ(エチオピアの少女)やアン・ハサウェイ(アフガニスタンの少女)を始め、クロエ・モレッツ(エジプトの少女)、セレーナ・ゴメス(シエラレオネの少女)、ケイト・ブランシェット(ハイチの少女)、サルマ・ハエック(ペルーの少女)、ケリー・ワシントン(ネパールの少女)と、美しく気高い女性たちが担当している。

この作品についてメリルは、「この映画は私たちがよく知っていることを描いています。つまり、女性や少女に教育の機会を与えることは、家族、社会、そして世界の経済に、前向きで良い影響を与えるということです。この映画を観て、知ってください。この映画は希望を届けます。世界がより良い明日に向かうための、あたり前で大切で、明確な希望です」とのコメントを寄せている。

そして今回、世界の最新ニュースと情報を報道するCNNで、少女たちの権利向上を目指し、6月22日(土)、少女たちのパワーを讃えた『Girl Rising -少女たちの挑戦-』を日本初放送することが決定。またCNNの特別シリーズとして、6月24日(月)からは「A Girl's World」というシリーズもスタート。それぞれの作品で少女に迫り、様々な環境下、今を生きる彼女たちの物語を2部構成で伝えていくようだ。

ハンドカメラを手に、原動力、悩み、夢など彼女たちの見る日常を、自身の言葉で語っていくこのシリーズは、10月11日(金)の「国際ガールズ・デー」の週には、ウィークリー・スペシャルを放送し締めくくられる。

日本でも経済的な理由などから、満足な教育が受けられない子どもたちの存在が浮き彫りとなる事件がいまなお数多い。ぜひこの機会にこの問題に目を向けてみるのはどうだろうか?

『Girl Rising -少女たちの挑戦-』は、CNNjにて6月22日(土)22時〜24時、6月23日(日)10時〜12時ほかにて放送。

◆『Girl Rising -少女たちの挑戦-』は途上国の女の子の過酷な環境、そして希望を描いた作品

「ガール・ライジング」は、過酷な環境に置かれている女の子9人の生き様を通して、途上国の女の子が直面する問題と、彼女たちが抱く希望を描いたドキュメンタリー映画です。パキスタンのマララさん銃撃事件をはじめとして、世界各地で女の子が売買の対象となり、奴隷のような扱いを受けている現実を乗り越えて、女の子が自由になれる、教育を受けられる、自分の人生を自分で決めていける社会への変革の希望が描かれています。

アカデミー賞候補にノミネートされたこともある映画監督リチャード E.ロビンズさん制作のもと、ナレーターには、Because I am a Girl大使をつとめるフリーダ・ピントーさん、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、メリル・ストリープなど、ハリウッドを代表する豪華俳優陣が参加しています。

ロビンズ監督は、この映画への思いについて、「女の子の教育について、考え方、人生、そして法律を変えるという三つの目標にかなう美しい映画を作りたかった」と述べ、サンダンス映画祭では「これ以上ないほどの素晴らしい反応」が得られたと語りました。

フリーダ・ピントーさんは、上映会でのスピーチで、「私は『ガール・ライジング』を通して、女の子の未来に希望を持つことができた」と語り、「世界の女の子たちは、自分たちの可能性を切り拓くチャンスを得られる日が来ると思う。社会が彼女たちの存在を尊重し、女の子が女の子に生まれたことを誇りに思えるようになる日がくるでしょう」と、この映画が女の子の権利を世界に広げる機会となることを強調しました。

「ガール・ライジング」は、2013年3月7日にニューヨーク、ワシントン州、ワシントンDC、ロスアンゼルスなど全米数百都市で上映が開始される予定です。

サンダンス映画祭での上映にともない、You Tubeで映画の予告映像が公開されました。
posted by kisebeauty at 23:55| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: