2013年06月09日

ローランス ニコラがムッシュ・ディオールの時代を超越するエレガンス、タイムレスかつモダンなウォッチをPR



2013-14年秋冬パリコレクション期間中、ヴァンドーム広場で数々の老舗メゾンがジュエリー&ウォッチの発表会を開催しました。最近ヴァンドーム広場の店舗を拡張している「ディオール(Dior)」も、ムッシュ・ディオールから受け継いだ伝統と、最新の技術を融合した数々のウォッチを披露。世界のウォッチ愛好家からも注目される新作コレクションについて、アヴェニュー・モンテーニュにあるディオール本社で「ディオール ウォッチ」プレジデントのローランス・ニコラ(Laurence Nicolas)氏に話を聞きました。

■Laurence Nicolas says…

 現在ではさまざまなファッションメゾンがウォッチを扱うようになりましたが、オートクチュールメゾンのなかで最も早くウォッチを手がけたのは「ディオール」です。スイスのウォッチ工房と組み最初のウォッチを発表したのが1975年。2001年にスイスのラ・ショー・ド・フォンに自社工房を設立してからは“シフル ルージュ”や“ディオール クリスタル”“ディオールユィット”など数々のアイコニックなコレクションを世に送り出してきました。

 ムッシュ・ディオールの時代を超越するエレガンス、そしてオートクチュールメゾンとしてのDNAを受け継いだ社内のデザインチームが、スイスの優秀な時計職人たちとタッグを組むことによって、タイムレスかつモダンなウォッチが生まれるのです。

 また「ディオール」では長年にわたり、数多くのウォッチ製造に関する特許をとってきました。現在では、我々のグループ企業にその特許の使用を許可しています。これは私たちにとって大きな誇りであり、またいかに「ディオール」がウォッチに対して熱心に取り組んできたかをご理解いただけると思います。

 生活の多くのシーンで身につけられるよう、ウォッチの価格帯は、3000(約40万円)〜2億ユーロ(約262億円)までとさまざま。特に近年、最高級ラインである「オートオルロジュリー(高級機械式時計)」に力を入れています。

 今回、ヴァンドーム広場で披露したウォッチは、ムッシュ・ディオールが愛した自然や色使いからインスパイアされたデザインが特徴。フェザーやダイヤモンドなどをあしらい、職人たちがハンドメイドで仕上げています。メゾンのスピリットを詰め込んだ限定ウォッチは、世界各国の限定店舗で展開される予定です。



■プロフィール
ローランス ニコラ/Laurence Nicolas
フランス北部ランスのビジネススクールを卒業後、「クーパース&ライブランド」で会計士としてのキャリアをスタート。その後「カルティエ」でセールスとマーケティングを担当。2001年「クリスチャン ディオール」のファインジュエリー部門に。08年2月に「ディオール ウォッチ」のプレジデントに就任。









posted by kisebeauty at 23:51| Comment(0) | アクセサリー・装飾品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: