2013年06月23日

「求めよさらば与えられん」国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)は6月22日富士山を「三保松原」をも含めて世界文化遺産に登録することを決定!やったね〜



写真は、山梨県南部の富士河口湖町にある河口湖のほとりから撮影した富士山

◆国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)は22日、カンボジア首都プノンペン(Phnom Penh)で開催中の年次総会で、日本の富士山(Mount Fuji、標高3776メートル)を世界文化遺産に登録することを決定した。

日本で最も高い山である富士山は頂の万年雪が象徴的で、古くから山岳信仰や芸術作品の対象とされてきたことが評価された。

◆カンボジアのプノンペンで開かれているユネスコの世界遺産委員会は22日、「富士山」(山梨、静岡両県)を世界文化遺産に登録することを決めた。同委の諮問機関が事前勧告で、構成資産からの除外を登録の条件とした三保松原(みほのまつばら、静岡市)は、委員国の支持を集めて、資産に含まれることになった。

富士三保3.jpg

 「富士山」の登録で、国内の文化遺産は13件、自然遺産と合わせた世界遺産は17件になる。

 富士山は、現地時間午後2時半(日本時間同4時半)過ぎから開かれた同日の後半の部の冒頭で40分余りにわたって審議された。特に、世界遺産委員会の諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)が構成資産からの除外を求めていた三保松原について、各国から「重要である」との発言が相次いだ。議長が登録を宣言すると各国の代表団から祝福の拍手が湧いた。

◆富士山、世界遺産に登録決定 三保松原も含む

 カンボジアの首都プノンペンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は22日、富士山(山梨、静岡県)を世界文化遺産に登録することを決定した。日本の世界遺産は2011年登録の平泉(文化遺産、岩手県)と小笠原諸島(自然遺産、東京都)以来2年ぶりで、計17件となった。日本最高峰の富士山は山岳信仰の対象であり、浮世絵など多くの芸術作品に描かれるなど、芸術文化を育んだ山として高く評価された。

 政府が富士山の一部として推薦し、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)が除外を求めていた景勝地「三保松原」(静岡市)も含めての登録となった。

世界遺産には「自然遺産」「文化遺産」「複合遺産」の3つがあり、地元は当初、自然遺産への登録を目指したが、ごみ問題などを理由に03年に候補選考から脱落。政府は古くから信仰登山が盛んで、絵画や文学作品にも多く登場した文化的価値に注目し、12年に文化遺産として推薦した。

 イコモスは13年4月、富士山を描いた葛飾北斎らの浮世絵が西洋の画家に刺激を与えたことを念頭に「影響は日本をはるかに超える」と評価。宗教的伝統も含め、世界遺産にふさわしいとして登録を勧告した。

 富士山から45キロ離れた三保松原については「山の一部とみなせない」と除外を勧告。政府は浮世絵の題材になるなど芸術との関係の深さを主張、委員国などに最後まで訴えていた。

◆国連教育科学文化機関(2002年9月12日)1946年発足。本部パリ。教育、文化、科学を通じて各国民の協力を促進し、世界平和と安全に貢献するのが目的。非識字率の減少や世界の文化、自然遺産の保護運動などに取り組み、加盟国は188カ国。事務局長は松浦晃一郎氏。84年、米国は政治的偏向や放漫運営を理由に脱退。英国も85年、同様の理由で脱退したが、97年に復帰した。クリントン前米大統領が95年「復帰は優先事項の1つ」と表明したが、共和党などの反対で実現しなかった。

◆世界遺産(2012年1月25日)歴史的建造物や遺跡などの文化遺産、貴重な生態系などの自然遺産、両方の要素を持つ複合遺産の3種類があり、人類共通の財産として保護を図る。各国の政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録を推薦、諮問機関による現地調査とユネスコへの勧告を踏まえ、毎年開かれる世界遺産委員会で登録の可否が決まる。これまでに文化遺産725件、自然遺産183件、複合遺産28件が登録済みで、新規登録の審査は年々厳しさを増している。

◆世界遺産委員会(2008年7月2日)国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産条約を締約する185カ国から選ばれた21カ国で構成する政府間委員会。毎年1回開催し、新規登録の審査や登録済み遺産の保全状況の点検、緊急保護が必要な危機遺産の指定などを行う。日本は07年まで4年間にわたり委員国を務めたが、今年は発言権、議決権のないオブザーバーとしての参加となる。

◆世界文化遺産(2008年9月26日)貴重な人類の遺産として保護するため、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界遺産条約に基づき登録した遺跡や建造物などの文化財で総数は679件。日本からは古都京都の文化財、法隆寺地域の仏教建造物、姫路城など11件が登録済み。ユネスコの暫定リストには、平泉の文化遺産、富岡製糸場と絹産業遺産群、富士山など既に8件が掲載されている。世界遺産登録のためには暫定リストに掲載後、政府が推薦書をユネスコに提出、世界遺産委員会の審査を受ける必要がある。

◆富士山(2004年4月3日)玄武岩を主体とする標高3、776メートルの成層火山で山梨、静岡両県にまたがる。数十万年前に活動を始めた小御岳火山は、2500メートル前後の高さがあったとされる。約10万年前に小御岳の南斜面から古富士火山が活動を始め、爆発的な噴火を繰り返して小御岳火山を覆った。大量の火山灰が関東ローム層として堆積(たいせき)。約2万5000年前には山体が崩れて大規模な「古富士泥流」も発生した。約1万年前を境に噴火のタイプが爆発型から溶岩流出に変わり、現在の新富士火山活動期に入ったとされる。

☆雑感・一言
関係者が最後まであはらめずに努力したお陰で除外を求めていた景勝地「三保松原」(静岡市)も含めての登録となった。ご苦労さん









posted by kisebeauty at 00:35| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。