2013年05月20日

「愛ほどすばらしいものはない。」ミス・フランス2013で見事優勝のマリーヌ・ロルフェラン(Marine Lorphelin)はなぜ最終目標の「ミスユニバース世界大会2013」を回避したのか?




ミスフランス選定委員長Sylvie Tellierは次のように発表した。
2013年の12月に行われる予定のミスユニバース世界大会には準ミスフランスのミス・タヒチ(Miss Tahiti)イナリニ・デロンジョー(Hinarini de Longeaux)がフランス代表として参加する。
イナリニ・デロンジョーは22歳でパペーテ出身、身長179cmです。
ミスフランス優勝のマリーヌ・ロルフェラン(Marine Lorphelin)はミスワールド世界大会2013のフランス代表として参加します。更に2014年のミスユニバース世界大会にもフランス代表として参加予定です。


ミスユニバース(Miss Universe)世界大会といえば女性であれば誰でもがあこがれる世界最高峰のミスコンテストです。

その世界最高峰の美女の競演であるミスユニバース(Miss Universe)の権利をいとも簡単に放棄した女性がいました。
その人の名はマリーヌ・ロルフェラン(Marine Lorphelin)。
マリーヌ・ロルフェランMarine Lorphelinは2012年12月に行われたミス・フランス2013で見事優勝しました。
フランスのミスコンではミスフランスの優勝者がミスユニバース(Miss Universe)へ準優勝者がミスワールドへとそれぞれランス代表として出場する機会が与えられます。
マリーヌ・ロルフェランMarine Lorphelinはミスフランスの優勝者ですので当然ミスユニバースにフランス代表として参加する権利があるのですが今回Marine Lorphelinはミスワールドのフランス代表として参加することになりました。

理由は元彼のBrian Gauchet のせいなのです。
Delphine.jpg

マリーヌ・ロルフェランMarine Lorphelinはフランスに住んでいて、Brian Gauchet はアメリカに住んでいます。
いわば二人は遠距離恋愛中なのです。Brian Gauchet が週2回ほどマリーヌ・ロルフェランMarine Lorphelinに逢いにフランスへ行っていたようです。
ミスユニバース(Miss Universe)に参加するとなると11月から12月まで忙しくてデートどころではありません。
又仮にミスユニバース世界大会で優勝でもすればその後1年間ボランティアで世界中を回るということになり
顔を見ることすらできなくなることも懸念されるから遠距離恋愛は大変です。
お互い会えないのは耐えられないということですネ。
世界一の美女の名誉よりも愛を取るという決断をしたわけです。
「ミスユニバースで優勝することよりも彼氏Brian Gauchet といる時間を大切にしたい」。
と思ったことでしょう。
お互いで決めたことなのでBrian Gauchet が悪いというわけではないようです。

愛は世界一の美女の座よりも尊し


Love Is A Many Splendored Thing.

したがってマリーヌ・ロルフェランMarine Lorphelinはミス・ユニバース(Miss Universe)世界大会に参加せずミスワールド世界大会を選んだというわけです。今までユニバース世界大会で優勝し、名実ともに世界最高の美女の座を獲得するために日々努力を重ねてきたというのミス・ユニバースフランス代表の座を下りるというのは惜しいですね。
代わりにミス・ユニバースフランス代表となったのが準ミスフランスに選ばれたダヒチ代表Hinarani de Longeauxになりました。Hinarani de Longeauxは「ラッキー」と喜んでいるようです。

因みにフランスミスコン界では
ミスフランスの1位はミスユニバース代表、2位はミスワールド代表、
ミスプレステージナショナル(ジュヌヴィエーヴ・ド・フォントネーGeneviève de Fontenayが創設)の1位はミスインターナショナル代表、
ミスナショナルの1位はミスアース代表として参加するようです。


◆タヒチの正式名称は、「フランス領ポリネシア」です。しかし、同じフランス領ポリネシアには、ニューカレドニアもあり、それぞれに自治政府があるので、どちらを差すのか解りにくくなります。そこで便宜的に「タヒチ」というのを使っているようです。タヒチといのは国の名前ではありません。

◆世界4大ミス・コンテスト the "big four"
● Miss Universe(ミスユニバース)
● Miss World(ミスワールド)
● Miss International(ミスインターナショナル)
● Miss Earth(ミスアース)

☆雑感・一言
ミスユニバースだけか美女というわけではありません。ミスユニバース以外のミス・コンテストやその他のミスコンで選ばれた女性もそれなりに価値があります。
今回取り上げたマリーヌ・ロルフェラン(Marine Lorphelin)は自分の夢を捨ててまで愛を求めたというところに管理人は感激したわけです。「愛は勝」

posted by kisebeauty at 18:19| Comment(0) | ミスコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

【写真特集】美しすぎるミス・ワールド2012(Miss World 2012)世界大会決勝のリハーサル



写真はニカラグア代表
中国・内モンゴル自治区オルドス(Ordos)市のオルドス・スタジアム・アリーナで17日、翌日に控えたミス・ワールド(Miss World)世界大会決勝のリハーサルが行われた。

優勝: チャイナ
2位: ウェールズ
3位: オーストラリア

Top7

ジャマイカ
南スーダン
インド
ブラジル

Top15

ケニア
インドネシア
オランダ
アメリカ
フィリピン
スペイン
イギリス
メキシコ
◆Miss China, 23-year old Wen Xia Yu from Liaoning, was crowned Miss World 2012 during the 62nd edition of the competition held in Ordos, China on August 18th. 1.78 m tall Yu, will spend her year working for charitable causes and fulfilling her duties as Miss World.

Official Results:

Miss World 2012: CHINA, Wen Xia Yu
1st runner-up: WALES, Sophie Moulds
2nd runner-up: AUSTRALIA, Jessica Kahawaty

Top 7 Finalists: BRAZIL, Mariana Notarangelo; JAMAICA, Deanna Robins; SOUTH SUDAN, Atong Demach; and INDIA, Vanya Mishra.

Top 15 Semi Finalists: SPAIN, Aranzazu Estevez; NETHERLANDS, Nathalie Den Dekker; ENGLAND, Charlotte Holmes; MEXICO, Mariana Berumen; USA, Claudine Book; PHILIPPINES, Queenierich Rehman; INDONESIA, Ines Putri; and KENYA, Shamin Nabil.

Beach Fashion Winner: Wales

Top Model Winner: South Sudan

Multimedia Award: India (winner), 2nd place: Mexico

Sports Award: Sweden

Talent Award: China

World Designer Dress: Was not announced

Beauty with a Purpose Award: India

Continental Queens of Beauty:

Americas: Brazil
Africa: South Sudan
Asia and Oceania: China
Caribbean: Jamaica
Europe: Wales

posted by kisebeauty at 04:13| Comment(0) | ミスコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

「2012ミス・ユニバース」日本代表の原綾子さんが1920年代ファッションをイメージしたスパンコールのドレスで映画『アーティスト』公開記念イベントに登場!「ヒロインのペピーのいちずな愛に感動」

◆「2012ミス・ユニバース」日本代表の原綾子さんが12日、東京都内の会場で開催されたモノクロ無声映画「アーティスト」(ミシェル・アザナビシウス監督)の公開記念イベントに登場。映画の舞台である1920年代を意識し美脚を強調したセクシー衣装で登場した原さんは、一緒に登場したお笑い芸人の山口智充さんとともに映画にも登場するタップダンスを披露した。



 原さんは「ヒロインのペピーのいちずな愛に感動した。ペピー、主人公のジョージの2人の心の動きや気持ちがダイレクトに入ってくる。本当に画面の中にいるような臨場感がある映画」と絶賛。山口さんは「明日はどうなるか分からないという世界の魅力や美学に共感した。スクリーンで生で見てほしい、新しい映画」とPRした。

 「アーティスト」は1927年の米ハリウッドを舞台に、スター俳優と若手女優の恋愛を、無声映画からトーキーへの移行期の栄枯盛衰とともに描いている。「第84回アカデミー賞」では作品賞、監督賞、主演男優賞など最多の5冠を達成した。映画は公開中



◆ミス・ユニバース日本代表の原綾子にぐっさん大照れ!20年代風肩出し生脚ドレスで悩殺!

 12日、新宿ピカデリーで映画『アーティスト』公開記念イベントに、2012年ミス・ユニバース日本代表に選ばれた原綾子が、本作の舞台となった1920年代ファッションをイメージしたスパンコールのドレスで出席した。共にイベントに出席した山口智充は、その健康的なたたずまいに「隣に生でいると、凝視できない」と大照れだった。
00原綾子1.jpg

 この日の原の衣装はスパンコールのキラキラ衣装で、肩と生脚を大胆に露出。「ペピー(本作のヒロイン)のような衣装とメイクにしてみました。物語の中で、ペピーが口元につけぼくろをつけるシーンがあったので、メイクさんにぜひとお願いしてつけていただきました」とアピールした。

 一方の山口は、まさに健康的なお色気といった原の美ぼうに「テレビを観て、すてきな方だなと思っていたんですけど、その2日後に今回共演することがわかって。非常にお会いしたかったので光栄です」と照れくさそうな表情を見せた。

 主人公のジョージとペピーによる華麗なタップダンスシーンが登場する本作。応援団の山口は、映画のテレビスポットでタップダンスを披露していることから、この日のイベントでもタップダンスを披露することに。「あれ、顔以外は別の人との合成ですからね。あまり期待しないでくださいね」と本当なのかうそなのかわからない言い訳で会場に念押した山口と、タップ未経験という原だったが、音楽が流れると多少のミスはしつつも、しっかりとタップダンスを踊り切った。

★原綾子はらあやこ
1988年うまれ 宮城県仙台市出身
身長170cm
スリーサイズは、B88 ・ W59 ・H88 
★原 綾子

自己紹介

皆さんこんにちは!!

初めましての方も
いつもお世話になっている方も
改めまして…

『原 綾子』と申します

人として、大きくなりたい…
人として、美しくありたい…

その瞬間瞬間を大切に
そして、自分のすべき事を常に前向きに
positive thinkingする事で、
幸せが勝手に100倍になるっ!!


辛いこと、苦しいことがあっても
きっと大丈夫。
大声で笑ってみようよっ!!!!



常に、上を目指して・前を向いてゆきたい


人生は一度きり


world peace…


マイプロフィール

ホームページ: http://ameblo.jp/grow-as-a-person/ .
仙台藩作法
⇒伊達正宗公の武家の作法
 振る舞いが美しくより女性らしくみえる
<立ち方>
・まっすぐ立ち背中に棒が常に1本入っているイメージ
・胸を開きお腹をひっこめ手は横に
⇒手は開くのではなく親指は少し人差し指に隠すような感じで
<座り方>
・左足を一歩下げゆっくりと膝をつき、右脚もゆっくり膝をつき
 姿勢をくずさず腰を下ろす

posted by kisebeauty at 19:06| Comment(0) | ミスコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。