2013年08月10日

ボリウッド女優のカングナ・ラナウト(Kangana Ranaut)やKarishma Kapoorが第4回インド・インターナショナル・ジュエリー・ウィークにモデルとして登場



インド・ムンバイで4日から8日まで、第4回インド・インターナショナル・ジュエリー・ウィーク(India International Jewellery Week,IIJW)が開催された。

 7日には、「Birdhichand Ghanshyamdas Jewellers」と「Kays Jewels」が新作を発表し、会場にはボリウッド女優のカングナ・ラナウト(Kangana Ranaut)やKarishma Kapoorがモデルとして登場した。

★カングナ・ラナウト Kangna Ranaut
Alternate Names:カングナ・ラナウト Kangna Ranaut
Birth Name Kangana Amardeep Ranaut

Born:生年月日と出生地
Kangana Amardeep Ranaut
March 20, 1987 in Bhambla, Himachal Pradesh, India
Height:
5' 8" (1.73 m)

◆Biography

Kangana was born in the Hindi-speaking Ranaut family on 20 March 1987 in Bhambla, near Manali, which is in the Mandi district in the State of Himachal Pradesh, India. Her dad's name is Amardeep, who is a businessman and contractor, her mom, Asha, is a school-teacher. She has two sisters, eldest one is Rangoli, and she has a brother, Akshit, who is about a year younger than her. Her grandfather was an IAS Officer. Kangana spent her childhood in Dehra Dun and studied in DAV's High School where she participated in many debates, Elocutions, and was a basket-ball player.

After completing her schooling, she attended Science College in Simla. She was enrolled in the Elite School of Modeling, and also tried some theater acting in Delhi and was a member of the Smita Theater Group under Arvind Gaur. She is also a trained Kathak dancer, and is learning to sing from Amitabh Chakraborty.

She decided to re-locate to Bombay, and lived in a flat in Yari Road, Versova. Her attempts at acting in Bollywood movies were unsuccessful. Then during September 2005, she was spotted drinking coffee in a café by Film-maker Anurag Basu, who approached her, and eventually signed her up for a lead role in 'Gangster' which was released during the year 2006. Since then Kangana has appeared in a total of five movies, including 'Dhaam Dhoom' in Tamil.

After her success in movies, she has now relocated to a three bedroom house in Turner Road, Bandra (West), Mumbai.
Mini Biography


Trivia

Her father is a businessman and her mother is a schoolteacher.

Wanted to be a doctor before starting a career in showbiz.

Came in #3 in BollySpice.com Magazine's list of "Top 10 Actresses of 2006". (January 2007).


Personal Quotes

"I schooled in Himachal Pradesh. I had taken up science and, initially, wanted to become a doctor. There are few career options for students of science though, so I shifted to Delhi and decided to try theater instead. I joined a group called Ashmita, and did two plays there -- Madhavi and Rakht Kalyan. As I was still unsure of what I wanted to do, I began sending photographs of myself to advertising agencies. I even took up classes in French because I thought of shifting to Paris, where models have always had a chance." (5-4-2006)

"I come from a middle class family, and my parents weren't too supportive of my career choices. My father is a businessman, and my mother is a schoolteacher. They would always discuss my career whenever I'd visit them, but they are now very happy as Gangster is doing well. In fact, Himachal Pradesh is proud of me! I keep getting calls from there. I'm very happy now, but I'm sure that when I'm older, I will miss being a student and not going to college. I should be writing love letters at this age. Instead, I'm working day and night. Then again, you can't get everything in life." (5-4-2006)

My biggest asset is that I know how to learn and that, I believe will help me in the long run.


Actress (25 titles)


???? Tanu Weds Manu: Season 2 (pre-production)
Tanuja 'Tanu' Trivedi


???? Unglee (pre-production)



2013 Krrish 3 (post-production)
Kaya (attached)


2013 Shootout at Wadala
Vidya Joshi


2013 I Love New Year



2012 Tezz
Nikita


2011 Miley - Naa Miley - Hum
Anishka


2011 Rascals
Khushi


2011 Double Dhamaal
Kiya


2011 Ready
Kiran


2011/I Game
Sia Agnihotri


2011 Tanu Weds Manu
Tanuja 'Tanu' R. Trivedi


2010 No Problem
Sanjana


2010 Knock Out
Nidhi Srivastava


2010 Once Upon a Time in Mumbaai
Rehana


2010/I Kites
Gina B. Grover


2009 Ek Niranjan
Sameera


2009 Vaada Raha... I Promise
Pooja


2009 Raaz: The Mystery Continues
Nandita Chopra


2008 Fashion
Shonali Gujral


2008 Dhaam Dhoom
Shenba


2007 Life in a Metro
Neha


2007 Shakalaka Boom Boom
Ruhi


2006 Woh Lamhe
Sana Azim


2006 Gangster
Simran
posted by kisebeauty at 15:51| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

女優のクリスタル・リード(Crystal Reed)は「キャロライナ・ヘレラ」のドレスを着用してヤング・ハリウッド2013に登場



CWネットワークス主催のヤング・ハリウッド2013(2013 Young Hollywood Awards)が1日、カリフォルニア州サンタモニカで開催された。

 この日、女優のクリスタル・リード(Crystal Reed)は「キャロライナ・ヘレラ(Carolina Herrera)」のドレスを着用してメディアの前に姿を現した。

★クリスタル・リード(Crystal Reed)
Crystal Reed (born February 6, 1985)is an American actress. She is best known for her role Allison Argent in the MTV series Teen Wolf.

Life and career
Reed was born in Roseville , Michigan. She studied dance from an early age and was dance captain in high school. While living in Roseville, she was an active member of her local community theatre and starred in the musicals Annie, Fiddler on the Roof and Grease. She attended Wayne State University and was a part of the Bachelor of Fine Arts program. She moved to Chicago and appeared in a number of local productions. In December 2008, she moved to Hollywood to pursue a screen career.

During 2010, she guest starred in CSI: Crime Scene Investigation, CSI: NY, Rizzoli & Isles and The Hard Times of RJ Berger. Since 2011, she has co-starred as Allison Argent in the MTV series Teen Wolf: her character is a girl dealing with normal teenage issues plus the fact that her family hunts werewolves.

Reed's film credits include Skyline opposite Donald Faison and Eric Balfour and Crazy, Stupid, Love. with Ryan Gosling, Emma Stone, Steve Carell and Julianne Moore.

Personal life

Reed was in a relationship with fellow Teen Wolf co-star, Daniel Sharman. In June 2013, US Weekly reported that the couple had broken up.[6] Reed later confirmed the split on E!'s Fashion Police.

Filmography
2010 CSI: Crime Scene Investigation Julie Episode: "Lost & Found"
2010 The Hard Times of RJ Berger Renee Episode: "The Berger Cometh"
2010 Rizzoli & Isles Natalie Episode: "She Works Hard for the Money"
2010 CSI: NY Jules Roday Episode: "Damned If You Do"
2010 Skyline Denise Feature film
2011 Drop Dead Diva Ali Episode: "He Said, She Said"
2011–present Teen Wolf Allison Argent Main cast
2011 Crazy, Stupid, Love. Amy Johnson Feature film
2012 Jewtopia Rebecca Ogin Feature film
2012 Crush Bess Feature film
2013 Too Late Dorothy Pre-production

Date of Birth
6 February 1985, Roseville, Michigan, USA


Height
5' 8" (1.73 m)


Mini Biography
Crystal Reed was born in Roseville, Michigan and began to study dance at an early age. In her teens, Reed was the dance captain at her high school in Roseville, Michigan. She also took part in a local community theater and performed in musicals such as Annie and Grease. After graduating high school, Reed attended Wayne State University where she pursued fine arts. She then moved to Chicago and performed in more local plays before she moved to Hollywood.

Since the start of her career, Crystal Reed has made guest appearances on television shows such as "CSI: Kagaku sôsa han" (2000), "Rizzoli & Isles" (2010), and "CSI: NY" (2004). In 2010, Reed appeared in the film Skyline (2010), and in 2011 she landed a role in MTV's "Teen Wolf" (2011) along with co-stars Tyler Posey and Dylan O'Brien.
posted by kisebeauty at 11:50| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

女優のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)が、高級アイウェアブランド「シルエット(Silhouette)」の新キャンペーンモデルに起用される



女優のケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)が、高級アイウェアブランド「シルエット(Silhouette)」の新キャンペーンモデルに起用された。

 今回ケイトは、新キャンペーン広告にチタンミニマルアート(Titan Minimal Art)のメガネとサングラスをかけて登場する。縁なしメガネをかけたケイトが登場する、シンプルな白黒写真で撮影された一連のビジュアルは、プリントとビルボードに掲載される予定だ。

 ハリウッドで行われた撮影を担当したのは、フォトグラファーのピーター・リンドバーグ(Peter Lindbergh)。ピーターは英デイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)紙に「ケイトとまた一緒に仕事が出来て嬉しいよ。彼女はとても誠実な人で被写体にはうってつけの人なんだ。いつも自然体で、それが写真を通して現れるんだ」とコメントした。

 「シルエット」の顧客には、米航空宇宙局(NASA)やエリザベス女王(Queen Elizabeth II)などの名前が並ぶ。同ブランドのスポークスパーソンは「ケイトにとって、良いデザインとは常にシンプルであり、機能的であること。タイムレスなデザインには、純粋さとシンプルさがあると信じています。このミニマリズムを感じるデザインに関する意見の一致が、ケイトがブランドに完璧なほどマッチする理由の一つです」と語った。

ケイトは「シルエット」のほかにも、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」の女性用フレグランスやスキンケアブランド「SK-II」のモデルも務めている。

★ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)
ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett, 本名: キャサリン・エリーズ・ブランシェット、Catherine Élise Blanchett, 1969年5月14日 - )は、オーストラリア出身の女優。
来歴
生い立ち
ビクトリア州メルボルンで生まれる。父親のロバート・ブランシェットはアメリカ人の広告会社の重役であり、ケイトが10歳の時に心臓発作により亡くなっている。母親のジューン・ブランシェットはオーストラリア人の元教師、現会社員。兄のロバートはコンピュータープログラマー、妹のジェネヴィーヴはクイーンランド・シアター・カンパニー所属のセットデザイナー。
メルボルン大学メソジスト女子カレッジで美術史と経済学を学んでいたが中退し、オーストラリア国立演劇学院で演劇を学ぶ。1992年に同演劇学院を卒業、舞台女優としてキャリアを始める。
キャリア
1993年に『Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞の新人賞を受賞。ジェフリー・ラッシュと共演した『オレアナ』で最優秀女優賞を受賞した。これはシドニー劇場批評家協会賞で史上初のダブル受賞でもあった。
1994年に『Police Rescue』で映画デビューし、1996年公開の『Paradise Road』でハリウッド進出を果たす。1997年公開のレイフ・ファインズと共演した『オスカーとルシンダ』で国際的な評価を得る。
1998年公開の『エリザベス』でエリザベス1世を演じゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)や英国アカデミー賞 主演女優賞など多数の映画賞を受賞。アカデミー主演女優賞にもノミネートされ、一躍トップ・スターとなる。翌年の『ピープル』誌の「最も美しい50人」のひとりに選出された。
『エリザベス』以降、『リプリー』や『ギフト』などに出演。2001年からの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではガラドリエルを演じ、演技派・実力派女優としての地位を築く。
2004年公開の『アビエイター』でアメリカの大女優キャサリン・ヘプバーンを演じ、アカデミー助演女優賞を受賞。2006年公開の『あるスキャンダルの覚え書き』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。翌年公開の『エリザベス』の続編である『エリザベス:ゴールデン・エイジ』でエリザベス1世を、『アイム・ノット・ゼア』でボブ・ディランを演じ、前者の作品でアカデミー主演女優賞の、後者の作品でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。
2008年1月に夫のアンドリュー・アプトンとともにオーストラリアで最も権威ある劇団シドニー・シアター・カンパニー(Sydney Theatre Company、STC)の監督に3年の任期で就任することが決定している[1]。また、同年4月に行われる「オーストラリア2020サミット」の文化芸術会議「Towards a Creative Australia(創造的なオーストラリアを目ざして)」の委員長に任命された。
2008年12月5日にこれまでの功績が称えられ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた。
2013年に公開されたウディ・アレン監督の映画「ブルー・ジャスミン」において、結婚生活が崩壊したために妹のもとで倹約生活を送らざるを得なくなった女性を演じた。この演技が彼女のキャリアの中で最も素晴らしい演技だと称賛された。
私生活
1997年12年29月に劇作家のアンドリュー・アプトンとロンドンで結婚。2001年12月3日に長男(ダシエル・ジョン)、2004年4月23日に次男(ローマン・ロバート)、2008年4月13日には三男(イグナティウス・マーティン)を出産。2000年代前半まではイギリスで暮らしていたが、現在は家族と共にオーストラリア・シドニーで暮らしている。
スキンケアブランド「SK-II」の愛用者であり、同製品のグローバル・アンバサダーを務めている。
主な出演作品
公開年 邦題原題 役名 備考
1994 Police Rescue: The Movie ヴィヴィアン
1996 Parklands ロジー
1997 オスカーとルシンダOscar and Lucinda ルシンダ オーストラリア映画協会賞主演女優賞ノミネート
Thank God He Met Lizzie リジー オーストラリア映画協会賞助演女優賞受賞
Paradise Road スーザン・マッカートニー
1998 エリザベスElizabeth エリザベス1世 英国アカデミー賞 主演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)受賞アカデミー主演女優賞ノミネート
1999 Bangers ジュリー=アン
リプリーThe Talented Mr. Ripley メレディス・ローグ 英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
狂っちゃいないぜ!Pushing Tin コニー・ファルゾーン
理想の結婚An Ideal Husband ガートルード・チルターン
2000 ギフトThe Gift アナベル・“アニー”・ウィルソン
耳に残るは君の歌声The Man Who Cried ローラ
2001 シッピング・ニュースThe Shipping News ペタル・ベア
シャーロット・グレイCharlotte Gray シャーロット・グレイ
ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring ガラドリエル
バンディッツBandits ケイト・ウィーラー ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
2002 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔The Lord of the Rings: The Two Towers ガラドリエル
ヘヴンHeaven フィリッパ
2003 ミッシングThe Missing マグダレーナ・“マギー”・ギルクソン
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還The Lord of the Rings: The Return of the King ガラドリエル
コーヒー&シガレッツCoffee and Cigarettes 本人/シェリー
ヴェロニカ・ゲリンVeronica Guerin ヴェロニカ・ゲリン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
2004 ライフ・アクアティックThe Life Aquatic with Steve Zissou ジェーン・ウィンスレット・リチャードソン
アビエイターThe Aviator キャサリン・ヘプバーン アカデミー助演女優賞受賞英国アカデミー賞 助演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2005 Little Fish トレイシー・ハート オーストラリア映画協会賞主演女優賞受賞
2006 バベルBabel スーザン・ジョーンズ
さらば、ベルリンThe Good German レーナ・ブラント
あるスキャンダルの覚え書きNotes on a Scandal シーバ・ハート アカデミー助演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
2007 ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-Hot Fuzz ジェニー カメオ出演(クレジット表記なし)
エリザベス:ゴールデン・エイジElizabeth: The Golden Age エリザベス1世 アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
アイム・ノット・ゼアI'm Not There ジュード・クィン (ボブ・ディラン) ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞アカデミー助演女優賞ノミネート英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
2008 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull イリーナ・スパルコ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生The Curious Case of Benjamin Button デイジー
2009 崖の上のポニョPonyo グランマンマーレ 声の出演(英語版)
2010 ロビン・フッドRobin Hood マリアン
2011 ハンナHanna マリッサ・ウィーグラー
2012 ホビット 思いがけない冒険The Hobbit: An Unexpected Journey ガラドリエル
2013 ホビット スマウグの荒らし場The Hobbit: The Desolation of Smaug
ブルー・ジャスミンBlue Jasmine ジャスミン
2014 ホビット ゆきて帰りし物語The Hobbit: There and Back Again ガラドリエル
主な受賞
アカデミー賞
2004年度 助演女優賞 『アビエイター』
ゴールデン・グローブ賞
1998年度 主演女優賞(ドラマ部門) 『エリザベス』
2007年度 助演女優賞 『アイム・ノット・ゼア』
英国アカデミー賞
1998年度 主演女優賞 『エリザベス』
2004年度 助演女優賞 『アビエイター』
オーストラリア映画協会賞
1997年度 助演女優賞 『Thank God He Met Lizzie』
2005年度 主演女優賞 『Little Fish』
全米映画俳優組合賞
2003年度 アンサンブル演技賞 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』
2004年度 助演女優賞 『アビエイター』
インディペンデント・スピリット賞
2007年度 助演女優賞 『アイム・ノット・ゼア』
2007年度 ロバート・アルトマン賞 『アイム・ノット・ゼア』
ヴェネツィア国際映画祭
2007年度 女優賞 『アイム・ノット・ゼア』
posted by kisebeauty at 19:52| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

ハリウッドの伝説的女優、故エリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)が着用したウエディングドレスが約1800万円(12万1875ポンド)で落札



ロンドンの競売大手クリスティーズ(Christie's)が開催したオークションで6月26日、ハリウッドの伝説的女優、故エリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)が着用したウエディングドレスが約1800万円(12万1875ポンド)で落札された。落札者は匿名の団体。予想価格は約3万から5万ポンド(450万円から750万円)だった。

 ドレスは、1950年にエリザベスが最初の夫、コンラッド・ヒルトン・Jr(Conrad Hilton Jr.)との結婚式で着用したもの。20インチ(約51cm)の細いウエストに15ヤード(約14m)の長いトレーン、ビーズやパールの装飾が施されたドレスは15人の仕立屋が3か月間を費やし完成させたと言われており、当時エリザベスが契約していた映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(Metro-Goldwyn-Mayer、MGM)が結婚を祝して贈ったものだった。

 しかし二人の結婚生活は長く続かず、9か月後に離婚。エリザベスはその後、映画『クレオパトラ』で共演した俳優リチャード・バートン(Richard Burton)との2度の結婚を含め、6人の男性と7度結婚した。

 クリスティーズのNicolette Tomkinsonディレクターはオークションで、「このドレスはハリウッドの黄金時代と、これを着たエリザベスの並外れた人生に関わるものです。出品されてから世界中の注目を集め、結果激しい競争入札となりました」とコメントした。
posted by kisebeauty at 20:59| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

【写真特集】美しすぎるニコール・キッドマン(Nicole Kidman)がコンペティション部門の審査員としてレッドカーペットに登場!第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)5/15日



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)が15日、南仏カンヌ(Cannnes)で開幕した。写真は、オープニング上映のレッドカーペットに登場したコンペティション部門の審査員ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)

★ニコール・メアリー・キッドマン,AC(Nicole Mary Kidman, 1967年6月20日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身のオーストラリアの女優、映画プロデューサーである。

これまでアカデミー賞、ゴールデングローブ賞受賞。2006年にオーストラリア国民の最高の栄誉である、勲章「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。1994年よりユニセフの親善大使、2006年から2010年までは国際連合婦人開発基金の親善大使も務めていた。
ニコール・キッドマンNicole Kidman
2012年
本名 Nicole Mary Kidman
生年月日 1967年6月20日(45歳)
出生地 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル
国籍 アメリカ合衆国オーストラリア(二重国籍)
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年:映画初出演2003年:アカデミー賞受賞
配偶者 トム・クルーズ(1990年 -2001年)キース・アーバン(2006年 - )
主な作品
『バットマン・フォーエヴァー』『アイズ・ワイド・シャット』『ムーラン・ルージュ』『めぐりあう時間たち』『コールド マウンテン』

受賞
アカデミー賞
主演女優賞2002年『めぐりあう時間たち』
ベルリン国際映画祭
銀熊賞2003年『めぐりあう時間たち』
英国アカデミー賞
主演女優賞2002年『めぐりあう時間たち』
ゴールデングローブ賞
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)1995年『誘う女』2001年『ムーラン・ルージュ』主演女優賞(ドラマ部門)2002年『めぐりあう時間たち』
ゴールデンラズベリー賞
最低スクリーンカップル賞2005年『奥さまは魔女』with ウィル・フェレル

来歴
生い立ち
アメリカ系オーストラリア人の両親のもとにハワイ州ホノルルで生まれたため、アメリカ合衆国とオーストラリアの二重国籍である。4歳でオーストラリア・シドニーに戻った。3歳下の妹にアントニアがおり、アントニアはオーストラリアでテレビ番組のプレゼンターをしている。
4歳からバレエを習い始め、Australian Theatre for Young Peopleで発声や演劇史を学ぶようになる。

キャリア
15歳からテレビやミュージック・ビデオなどに出演、映画にも出るようになり、オーストラリア映画で実績を積む。1988年に出演した『デッド・カーム/戦慄の航海』を偶然目にしたトム・クルーズに招かれてハリウッド入りし、『デイズ・オブ・サンダー』で共演、1990年に結婚した。
ハリウッド進出当時は、当時の夫であり、ハリウッド進出に導いたトム・クルーズ夫人としての側面が強く、いわゆる型どおりの美人女優として平凡なキャリアに甘んじた。しかし2001年にトム・クルーズとの離婚を機に、充実したキャリアを開花させ、以降、アメリカを代表する演技派女優として変身を遂げた。
2001年公開の『ムーラン・ルージュ』でゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。2003年公開の『めぐりあう時間たち』では、特殊メークによる付け鼻で完全に自らの容姿を隠し、ヴァージニア・ウルフを演じきり、アカデミー主演女優賞やゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)などを受賞した。
2004年には日本をはじめ世界各国で放映されたシャネルの香水「No.5」のテレビコマーシャル(監督:バズ・ラーマン)に出演し、120秒(一部の国では240秒)という異例の長さのCMに注目が集まった。また、出演料も破格であった。現在はオメガの顔として広告に出演している。
映画1作品の出演料が高額なことで知られており、2006年には「最も出演料の高い女優1位」となる。
2007年1月、アメリカの経済誌『フォーブス』がエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ニコールは総資産72億円で18位にランクインした。
2008年の『フォーブス』誌では高額なギャラ相応の興行収入が稼げないことから、「コストパフォーマンスの悪い俳優1位」になってしまった。

私生活
アメリカ版『ザ・リング』などで有名なナオミ・ワッツとは、オーストラリア時代のルームメイトで今でも大親友。
1990年にトム・クルーズと結婚したが、2001年に離婚。二人は養子を二人取っているが、離婚後はお互いのもとで交互に暮らしている。「婚前契約で離婚をあと少し伸ばせば莫大な慰謝料が入る」と助言されても、それを無視して離婚、また離婚後には「これでやっとハイヒールが履ける」と発言した。トム・クルーズとの離婚後はレニー・クラヴィッツやスティーヴ・ビーイングなどと交際した時期もあった。
2006年6月25日、カントリー歌手のキース・アーバンとシドニーで結婚式を挙げる。2008年7月7日、第一子となる女児(サンデー・ローズ・キッドマン・アーバン)を出産。
2007年1月、ロサンゼルス市内において『インベージョン』の撮影中に乗っていた車が事故を起こし、スタッフら8名とともに病院に搬送された。彼女に大きなけがはなく、検査などを受けた後、病院を出た。スタント・ドライバーが運転を誤ったことが事故原因と見られる。
2010年12月28日、アーバンにとっての第二子であり、キッドマンにとっての三番目の娘であるフェイス・マーガレット・キッドマン・アーバンを代理母出産(「surrogate」、ただしキッドマンは「gestational carrier」と表現している)によりナッシュビルのセンテニアル・ウーメンズ・ホスピタルで授かった。この子供はキッドマンとアーバンの生物学的実の娘である。
主な出演作品
公開年 邦題(原題) 役名 備考
1983 BMXアドベンチャーBMX Bandits ジュディ
1985 アーチャーズ・アドベンチャーArcher's Adventure 日本では劇場未公開
陽のあたる街角Vietnam テレビ映画
1986 ニコール・キッドマン in シャドウ・オブ・ブロンドWatch The Shadows Dance Nightmaster エイミー・ガブリエル 日本では劇場未公開
ウインド・ライダーWind Rider Jade 日本では劇場未公開
1987 誘惑の香りAn Australian in Rome ジル 日本では劇場未公開
1988 最も危険な悪女Emerald City ヘレン/マイクの彼女 日本では劇場未公開
デッド・カーム/戦慄の航海Dead Calm レイ 日本では劇場未公開
1989 囚われた女Bangkok Hilton カトリーナ テレビ映画
1990 ニコール・キッドマンの恋愛天国Flirting ニコラ 日本では劇場未公開
デイズ・オブ・サンダーDays of Thunder Dr.クレア
1991 ビリー・バスゲイトBilly Bathgate ドリュー ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
1992 遥かなる大地へFar and Away シャノン
1993 マイ・ライフMy Life ゲイル・ジョーンズ
冷たい月を抱く女Malice トレイシー
1995 バットマン フォーエヴァーBatman Forever チェイス・メリディアン博士
誘う女To Die For スーザン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞放送映画批評家協会賞 主演女優賞受賞英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
1996 ある貴婦人の肖像The Portrait of a Lady イザベル
妻の恋人、夫の愛人The Leading Man アカデミー賞のプレゼンター
1997 ピースメーカーThe Peacemaker ジュリア・ケリー博士
1998 プラクティカル・マジックPractical Magic ジリアン・オーウェンズ
1999 アイズ ワイド シャットEyes Wide Shut アリス
2001 ムーラン・ルージュMoulin Rouge! サティーン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞アカデミー主演女優賞ノミネート
アザーズLos Otros グレース ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
2002 パニック・ルームPanic Room スティーブンの恋人 声のみの出演(クレジット表記なし)
バースデイ・ガールBirthday Girl ナディア
めぐりあう時間たちThe Hours ヴァージニア・ウルフ アカデミー主演女優賞受賞英国アカデミー賞 主演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)受賞
2003 ドッグヴィルDogville グレース・マリガン
コールド マウンテンCold Mountain エイダ・モンロー ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
白いカラスThe Human Stain フォーニア・ファーリー
2004 ハリウッドセレブ恋愛裏事情Studio Portraits: Love Hollywood Style テレビ映画
ステップフォード・ワイフThe Stepford Wives ジョアンナ・エバハート
記憶の棘Birth アナ ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
2005 ザ・インタープリターThe Interpreter シルヴィア・ブルーム
奥さまは魔女Bewitched イザベル/サマンサ ゴールデンラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞受賞
2006 ハッピー フィートHappy Feet ノーマ・ジーン 声の出演
毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイトFur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus ダイアン・アーバス
2007 インベージョンThe Invasion キャロル・ベネル
ライラの冒険/黄金の羅針盤The Golden Compass コールター夫人
マーゴット・ウェディングMargot at the Wedding マーゴット 日本では劇場未公開
2008 オーストラリアAustralia サラ・アッシュリー夫人
2009 NINENine クラウディア 全米映画俳優組合賞アンサンブル演技賞ノミネート
2010 ラビット・ホールRabbit Hole ベッカ・コルベット 兼製作アカデミー主演女優賞ノミネートゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート全米映画俳優組合賞主演女優賞 ノミネート
2011 ウソツキは結婚のはじまりJust Go with It デヴリン・アダムズ
ブレイクアウトTrespass サラ・ミラー
2012 The Danish Girl アイナール・ヴェゲネル/リリ・エルベ
ペーパーボーイ 真夏の引力The Paperboy
2013 イノセント・ガーデンStoker イヴリン・ストーカー
主な受賞
アカデミー賞
2002年度 主演女優賞 『めぐりあう時間たち』
ゴールデングローブ賞
1995年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『誘う女』
2001年度 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『ムーラン・ルージュ』
2002年度 主演女優賞(ドラマ部門) 『めぐりあう時間たち』
英国アカデミー賞
2002年度 主演女優賞 『めぐりあう時間たち』
ベルリン国際映画祭
2002年度 銀熊賞 『めぐりあう時間たち』
放送映画批評家協会賞
1995年度 主演女優賞 『誘う女』
MTVムービー・アワード
2002年度 主演女優賞/音楽シーン賞(デュエットシーン)『ムーラン・ルージュ』
ゴールデンラズベリー賞
2005年度 最低スクリーンカップル賞 『奥さまは魔女』(ウィル・フェレルと共に)
posted by kisebeauty at 03:05| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。