2013年05月14日

米女優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)さん(37)が14日、新聞に寄稿した記事の中で乳腺切除手術を受けていたことを明らかにした



米女優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)さん(37)が14日、新聞に寄稿した記事の中で乳腺切除手術を受けていたことを明らかにした。乳がんリスクが非常に高いことが判明したため、予防措置として手術を受けたという。

 ジョリーさんは、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に寄稿した記事「My Medical Choice(医療における私の選択)」のなかで、乳がんや卵巣がんリスクを高める恐れのある病的変異のある遺伝子が見つかっため、乳腺を削除することを決めたことを明かしている。

 医師の診断でジョリーさんはBRCA1として知られるがん抑制遺伝子に変異があり、乳がんリスクが87%、卵巣がんリスクが50%にもなることが分かった。

 ジョリーさんは「現実を知ってすぐに、出来る限り(がん)リスクを最小とするために行動すると決めた」と話しており、最初に乳腺切除手術を受けた理由については、乳がんリスクの方が高かったことと、卵巣がんの予防手術がより複雑なものだったためとしている。

 3か月におよんだ医療措置は前月27日にすべて完了し、ジョリーさんの乳がんリスクは5%にまで低減した。

 ジョリーさんは夫のブラッド・ピット(Brad Pitt)さんとともに米映画界を代表する俳優の1人。2人の間には、実子3人と養子3人がいるが、子供たちには「あなたたちは乳がんで母親を失うことはないから安心するように」と言うことができると述べた。ジョリーさんの母親は、がんのために56歳で死去している。

★アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)のプロフィール

プロフィール
本名 アンジェリーナ・ジョリー   Angelina Jolie
生年月日 1975年 6月 4日
出身地 カリフォルニア州 ロサンゼルス
交際歴、結婚・離婚歴
パートナー ブラッド・ピット(俳優) 映画「Mr. & Mrs. スミス」で共演し、2005年から交際中。アンジェリーナと共に養子たちの里親となり、2006年には実子の娘が、2008年には実子の双子が誕生している。
元彼 ヴァル・キルマー(俳優) 映画「アレキサンダー」で共演し、2003年から2004年まで交際する。
元夫 ビリー・ボブ・ソーントン(俳優)アンジェリーナより20歳年上。映画「狂っちゃいないぜ」で共演し、2000年5月5日にラスベガスへ駆け落ちして結婚。2003年に離婚する。
元彼 ティモシー・ハットン(俳優) 映画「不法執刀」で共演し、1998年に短期間だけ交際する。
元夫 ジョニー・リー・ミラー(俳優)1972年11月15日生まれのイギリス人。映画「サイバーネット」で共演し、1995年に交際が始まる。1996年3月28日に結婚するが、1997年に別居し、1999年に離婚。2002年と2004年に復縁が報じられる。
元彼女 ジェニー・シミズ(モデル・女優) 日系人女性。映画「Foxfire」(日本未公開)で共演し、バイセクシャルであったアンジェリーナと1998年に交際する。
家族構成
父親 ジョン・ヴォイト(俳優)1938年12月29日生まれ。1976年、アンジェリーナが1歳のときにアンジェリーナの母親と別居。度重なる不倫が原因でその後、離婚している。娘のアンジェリーナともずっと不仲が続いていたが、2007年6月に復縁している。
母親 マルシェリーニ・ベルトラン(元女優)1950年生まれ。フランス系カナダ人とネイティブアメリカンの混血。1976年、アンジェリーナが1歳のときにジョン・ヴォイトと別居し、子供たちを連れてロサンゼルスからニューヨークに移り住む。
兄 ジェームズ・ヘイヴン・ヴォイト(映画監督)1973年5月11日生まれ。南カリフォルニア大学で映画制作を学び、学生時代に妹のアンジェリーナが主演の映画を5本制作する。
養子 息子 マッドックス・チヴァン・ジョリー=ピット カンボジア生まれ。2002年にアンジェリーナの養子となる。2006年にはブラッド・ピットも里親となり、姓名がジョリーからジョリー=ピットとなる。
養子 娘 ザハラ・マーレー・ジョリー=ピット エチオピア生まれ。エイズ孤児。2005年にアンジェリーナの養子となる。2006年にはブラッド・ピットも里親となり、姓名がジョリーからジョリー=ピットとなる。
娘 シャイロー・ヌーヴェル・ジョリー=ピット2006年5月27日にアフリカのナミビアで生まれる。父親はブラッド・ピット。パパラッチ対策のため、初めての写真を掲載する権利を芸能雑誌 「People」 に410万ドルで売り、全額を寄付している。
養子 息子 パックス・ティエン・ジョリー=ピット2003年11月生まれのベトナム人。2007年3月、3歳のときにアンジェリーナの養子となる。ベトナムでは結婚していないカップルの養子縁組は認められないため、当初はアンジェリーナ1人が里親として手続きをする。3ヵ月後にブラッド・ピットも里親となり、名字をジョリー=ピットと改名する。
息子 ノックス・レオン・ジョリー=ピット2008年7月12日に南フランスのニースで生まれる。ヴィヴィアンちゃんと双子。父親はブラッド・ピット。
娘 ヴィヴィアン・マーシェリン・ジョリー=ピット2008年7月12日に南フランスのニースで生まれる。ノックス君と双子。父親はブラッド・ピット。
学歴
高校 Beverly Hills High School(カリフォルニア州 ロサンゼルス)
高校 Moreno High School(カリフォルニア州 ロサンゼルス)
略歴
1982年、6歳のときに俳優で父親のジョン・ヴォイトが主演の映画「Lookin’ to Get Out」に出演し、親子で共演する。後にアンジェリーナは当時を振り返り、父親と一緒に過ごしたのはカメラの前だけだったと語っている。
11歳のとき、母親と兄と共にニューヨークからロサンゼルスに戻る。
14歳でファッションモデルを始め、アメリカとヨーロッパで活動する。ミュージックビデオなどにも出演している。
裕福な子供たちが多いビバリーヒルズ高校に通うが、母親の収入だけで暮らしていたアンジェリーナは次第に孤立して行き、うつ病を患って自身をナイフで傷つけるようになる。
1995年、20歳のときに映画「サイバーネット」でイギリス人俳優のジョニー・リー・ミラーと共演。その7ヵ月後にジョニーと結婚するが、1997年に破局。1999年に離婚するが、離婚後も良い友人関係を続ける。
1998年に日系人女性でモデルのジェニー・シミズと交際を始める。ジェニーとは1996年の映画「Foxfire」で共演してる。
1997年のテレビ映画「ジョージ・ウォレス」でアラバマ州知事だったジョージ・ウォレスの後妻役を演じ、1998年のエミー賞で助演女優賞を受賞し、同年のゴールデングローブ賞でも助演女優賞を受賞する。また1997年には映画「不法執刀」にも出演し、1998年のエミー賞で主演女優賞も受賞する。
1997年の伝記映画「ジーア」で主役の実在したスーパーモデルを体当たりで演じ、1999年のゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞する。
1999年の映画「17歳のカルテ」で女優のウィノナ・ライダーと共演。2000年のゴールデングローブ賞で助演女優賞を受賞し、同年のアカデミー賞でも助演女優賞を受賞する。
2000年3月、アカデミー賞の受賞後に実の兄であるジェームズ・ヘイヴンと濃厚なキスをして、ファンを驚かせる。
2000年5月5日、映画「狂っちゃいないぜ」で共演した20歳年上の俳優ビリー・ボブ・ソーントンとラスベガスで結婚。挙式費用はわずか189ドルだった。アンジェリーナとビリーは結婚当初、互いの血液が入ったカプセルをネックレスにして身に着けていた。
2001年の主演映画「トゥームレイダー」に父親のジョン・ヴォイトも出演し、再び親子で共演する。
映画「すべては愛のために」で社交家から慈善家へ転身した主人公を演じる役作りのため、2001年に2度にわたって国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の慈善旅行に参加。このときの記録を2003年に著書「思いは国境を越えて」として出版している。2001年8月には国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使に就任する。
映画「トゥームレイダー」の撮影で滞在して大好きになったというカンボジアから、2002年3月にマドックス君を養子として迎える。当時はまだビリーと結婚していたものの、養子縁組の書類にはアンジェリーナの名前しか記載されていなかったため、この頃から2人の仲は順調ではなかったと思われている。
本名はアンジェリーナ・ジョリー・ヴォイトだったが、父親との確執が深まり、2002年7月にミドルネームのジョリーをラストネームとすることを申請。ロサンジェルス裁判所がこれを認め、同年9月12日からアンジェリーナ・ジョリーと改名する。その後、2007年6月に父親とは仲直りしている。
2004年4月からブラッド・ピットと夫婦役で共演した映画「Mr. & Mrs. スミス」の撮影が始まる。当時ブラッドは女優のジェニファー・アニストンと結婚中だったが、この共演がきっかけでアンジェリーナとの交際がスタートする。翌年3月にはマドックス君と一緒にアフリカのケニアで過ごす2人の姿がパパラッチされている。
息子となった養子のマドックス君が飛行機が大好きだったため、2004年12月にパイロットのライセンスを取得する。
2005年6月にエチオピアからエイズ孤児だったザハラちゃんを養子として迎える。養子縁組の書類にはアンジェリーナの名前しか記載されていなかったが、ブラッド・ピットもアンジェリーナと一緒にエチオピアを訪れていた。
2005年11月、大地震のため73,000人もの人が亡くなり、300万人もの人が家を失ったパキスタンをブラッド・ピットと共に訪れて、一緒に慈善活動に参加する。
2005年10月にブラッド・ピットとジェニファー・アニストンの離婚が正式に成立し、同年12月にブラッドは正式にアンジェリーナの養子のマドックス君とザハラちゃんの里親となる。翌月には家族4人で訪れていたドミニカ共和国で、アンジェリーナが妊娠したことを発表する。
2006年5月にアンジェリーナとブラッド・ピットの実子である娘のシャイローちゃんがナミビアで誕生する。パパラッチ対策として芸能雑誌「People」にシャイローちゃんの写真を初公開する権利を売り、410万ドルと言われているギャラの全額を寄付している。
2006年、パートナーのブラッド・ピットと共に「ジョリー・ピット財団」を設立。2人合わせて約8億円以上を寄贈し、「国境なき医師団」や「世界エイズ連合」などに寄付している。
2007年1月27日、敬愛する母親のマーシェリン・バートランドが7年半のガン闘病生活の末、56歳の若さで亡くなる。
2007年3月にベトナムから孤児だったパックス・ティエン君を養子として迎える。
スーダンのダルフール紛争で家を失った人たちのため、2007年に「ジョリー・ピット財団」 から30万ドルを寄付する。
2008年2月に再び妊娠していることを発表。アニメ映画「カンフー・パンダ」のインタビュー中、声優として共演した俳優のジャック・ブラックがうっかり口をすべらせ、アンジェリーナが妊娠しているのは双子であることが発覚する。
2008年に芸能雑誌「Hollywood Reporter」で、「最もギャラの高い女優」リストの1位に選ばれる。
イラク戦争の被害者となった子供たちのために、2008年6月に「ジョリー・ピット財団」から100万ドルを寄付する。
2008年7月にアンジェリーナとブラッド・ピットの実子である双子のノックス・レオン君とヴィヴィアン・マーシェリンちゃんがフランスのニースで誕生する。翌月にはブラッドとアンジェリーナ、双子の赤ちゃんの写真が芸能雑誌「People」の表紙を飾り、このときのギャラは1400万ドルと言われている。
2008年9月、養子のザハラちゃんの生まれ故郷であるエチオピアにHIVエイズのクリニックを設立するため、「ジョリー・ピット財団」から200万ドルを寄付する。
2010年2月、大地震で被災したドミニカ共和国やハイチを訪問し、「ジョリー・ピット財団」から「国境なき医師団」に100万ドルを寄付する。
2010年9月、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使として、同年7月の洪水で2000万人が被害を受けた被災地パキスタンを訪問。長期的な支援の必要性を訴え、個人的にも洪水被災者への支援として10万ドルを寄付する。
備考
子供の頃は、将来は葬儀ディレクターになりたかったという。
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットの2人を合わせて、ブランジェリーナと呼ばれている。
出演映画
1993年 サイボーグ2(Cyborg 2)
1995年 第一目撃者(Without Evidence)
1995年 サイバーネット(Hackers)
1996年 リアル・ブラッド(Mojave Moon)
1997年 不法執刀(Playing God)
1997年 ロード・トゥ・ヘブン(True Women)*テレビ映画
1997年 ジョージ・ウォレス/アラバマの反逆者(George Wallace)*テレビ映画
1997年 ジーア/悲劇のスーパーモデル(Gia)*テレビ映画
1998年 マイ・ハート、マイ・ラブ(Playing by Heart)
1998年 狂っちゃいないぜ(Pushing Tin)
1999年 ボーン・コレクター(The Bone Collector)
1999年 17歳のカルテ(Girl, Interrupted)
2000年 60セカンズ(Gone in Sixty Seconds)
2001年 ポワゾン(Original Sin)
2001年 トゥームレイダー(Lara Croft: Tomb Raider)
2002年 ブロンド・ライフ(Life or Something Like It)
2003年 トゥームレイダー2(Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life)
2003年 すべては愛のために(Beyond Borders)
2004年 テイキング・ライブス(Taking Lives)
2004年 スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー(Sky Captain and World of Tomorrow)
2004年 シャーク・テイル(Shark Tale)*声優
2004年 アレキサンダー(Alexander)
2005年 Mr. & Mrs. スミス(Mr. and Mrs. Smith)
2006年 グッド・シェパード( Good Shepard)
2006年 マイティ・ハート/愛と絆(A Mighty Heart)
2007年 ベオウルフ/呪われし勇者(Beo Wolf)*CG映画
2008年 カンフー・パンダ(Kung Fu Panda)*声優
2008年 ウォンテッド(Wanted)
2008年 チェンジリング(Changeling)
2010年 ソルト(Salt)
2010年 ツーリスト(The Tourist)
著書
2003年 思いは国境を越えて(Notes From My Travels)

posted by kisebeauty at 23:53| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

フランス・パリのパレ・ド・トーキョーで3日、「シャネル(Chanel)」のフレグランス「N°5」の本質を解き明かす展覧会「N°5 CULTURE CHANEL」のオープニングパーティに女優のアナ・ムグラリス、ヴァネッサ・パラディ、キャロル・ブーケ等セレブが多数参加





フランス・パリのパレ・ド・トーキョーで開催さえている展覧会「N°5 CULTURE CHANEL」のオープニングパーティに出席した女優のアナ・ムグラリス(Anna Mouglalis)

フランス・パリのパレ・ド・トーキョーで3日、「シャネル(Chanel)」のフレグランス「N°5」の本質を解き明かす展覧会「N°5 CULTURE CHANEL」のオープニングパーティが開催された。

 会場には、これまでにシャネル N°5のイメージキャラクターを務めた女優のキャロル・ブーケ(Carole Bouquet)やオドレイ・トトゥ(Audrey Tautou)をはじめ、ブランドのアンバサダーである女優のヴァネッサ・パラディ(Vanessa Paradis)、アナ・ムグラリス(Anna Mouglalis)、アストリド・ベルジェ=フリスベ(Astrid Berge`s-Frisbey)、俳優のギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel)など華やかなセレブが来場。

 ほかにも、シャネルの専属調香師であるジャック・ポルジュ(Jacques Porge)とクリストファー・シェルドレイク(Christopher Sheldrake)、N°5の広告キャンペーンのフォトグラファーであったドミニク・イッセルマン(Dominique Issermann)とジャン=ジャック・ビュガ(Jean-Jacques Bugat)、アーティストのジャン=ミシェル・オトニエル(Jean-Michel Othonie)など、多彩なゲストが姿を見せた。

 「N°5 CULTURE CHANEL」の会期は、5月5日から6月5日まで。

★シャネル No.5(Chanel No.5)とは、マリリン・モンローのパジャマである。
「Chanel No.5はキスして欲しいところに、そっと香る程度につけなさい。」
〜 香水 について、ココ・シャネル

posted by kisebeauty at 15:05| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

グウィネス・パルトロウ(40)が毎年恒例の『People』誌による「最も美しい女性」に選ばれる


伊ベネチア(Venice)で開催された第68回ベネチア国際映画祭(Venice Film Festival)で、スティーヴン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)監督作品『コンテイジョン(Contagion)』の上映会に登場した女優グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)

◆24日、毎年恒例の『People』誌による「最も美しい女性」ランキングが発表され、今年はグウィネス・パルトロウ(40)が選ばれました。

グウィネスといえば、かつてはブラピと婚約し、映画『恋におちたシェイクルピア』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。その後、彼女はコールドプレイのクリス・マーティンと結婚し2人の子どもを出産。最近では、女優業のほかに、「Goop」というウェブサイトを立ち上げ、クッキングからファッションまで、さまざまなアドバイスを発信していることでも知られる存在です。

そんなおしゃれセレブであるグウィネスが語る、彼女にとって美とは、自分らしさが外見に現れた結果なのだとか。

「自分がいちばん美しいと思うのは、自分らしいと感じるときね。私はどんな場合でも自分を認めて、自分を批判しない。すべてのシワも含めて自分を愛することができたら心は平和よ。決まり文句のようだけど、美は内面から輝くのよ」

こう語るグウィネスですが、日頃のトレーニングが奏功しているのは認めるところ。週に5日は、トレーシー・アンダーソン・メソッドでワークアウトを実践。「最初は無理だと思ったわ。悪夢だった」と語る彼女ですが、今では歯磨き感覚で出来るようになったとか。

そんな彼女は、先日『Star』誌が毎年行っている、読者投票による最も嫌いなセレブで1位に輝いたばかり。他にも、先日出版したレシピ本に、育ち盛りの子どもたちにまで、炭水化物をカットした食生活をさせていると書き、「やりすぎ」という批判を浴びるなど、アンチも多いセレブリティ。

彼女自身も「最も美しい女性」に選ばれたことを知ったときは、ドッキリかと思ったそうですが、『People』誌のサイトにも、「なぜ、彼女が世界一美しい女性に選ばれたかわからない」といった辛口コメントも多数寄せられています。

■People誌「最も美しい女性」ランキング トップ10

1位:グウィネス・パルトロウ
2位:ケリー・ワシントン
3位:アマンダ・セイフライド
4位:ゾーイ・デシャネル
5位:ジェーン・フォンダ
6位:ジェニファー・ローレンス
7位:ケリー・ローランド
8位:ハル・ベリー
9位:ドリュー・バリモア
10位:PINK



◆世界で最も美しい女性、シースルーのセクシードレスで魅了

グウィネスパルトロー.jpg


映画「アイアンマン3」のワールド・プレミアが現地時間24日、米ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて行われ、主演のロバート・ダウニーJrやグウィネス・パルトロウら豪華キャスト陣が出席した。

会場となったハリウッド大通りにはレッド・カーペットが敷き詰められ、TVカメラ85台、スチールカメラ110台、合計約400人のマスコミと、3500人以上のファンが集結。彼らに見守られる中、ロバート、グウィネスをはじめとする「アイアンマン3」のスタッフ&キャスト陣が登場した。

両腕から脚にかけてシースルー素材が用いられた、セクシーなロングドレス姿で現れ、会場の人々を魅了したグウィネス。先日「People」誌による「最も美しい女性」ランキングで1位に選ばれたことについて「とても、ビックリしたわ!最初、私のパブリシストが間違えて連絡して来たと思ったの!でも、本当だと確認して、あらためて光栄に思うし、ラブリーごとよね!」と満面の笑みで喜びを語った。さらに日本のファンに向けて「是非、劇場で『アイアンマン3』をご覧ください!この作品は我々の誇りです!楽しんでください!」とメッセージを送った。

4月4日の韓国プレミアを皮切りに、中国、ロシア、ドイツ、フランス、イギリスと世界各国で同作のワールドツアーを行なってきたロバートが、真っ赤なオープンカーに乗って姿を現すと、集まったファンのボルテージは最高潮に。メディアの取材や殺到するファンのサインや写真にも丁寧に応じ、「すごい興奮しているよ!世界各国を巡ってきたけど、ホームグラウンドで自分の映画を見せられることは本当に嬉しいことだね」とツアーを振り返った。

日本では25日に、都内で映画「アイアンマン3」日本最速カウントダウン上映会が行われ、モデルの木下優樹菜と夫のお笑い芸人FUJIWARA・藤本敏史と登場し、イベントを盛り上げた。

2012年に公開され、全米で歴代オープニング記録を塗り替え、日本でも大ヒットした映画「アベンジャーズ」の続編的な意味を持つ「アイアンマン3」。アベンジャーズのメンバーの中でも高い人気を誇る、トニー・スターク=アイアンマンの“最後の戦い”を描いている。映画「アイアンマン3」は4月26日(金)より2D/3Dで日本先行公開。


★グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)

ウィグネス・パルトロウ.jpg

グウィネス・パルトロウ Gwyneth Paltrow

プロフィール
本名: グウィネス・ケイト・パルトロウ Gwyneth Kate Paltrow

生年月日: 1972年 9月 28日

出身地: カリフォルニア州 ロサンジェルス

職業: 女優



結婚歴、交際歴
夫: クリス・マーティン (ミュージシャン)
1977年3月2日生まれ。イギリスのロックバンド 「コールドプレイ」 のヴォーカル。2002年から交際を始め、2003年12月に結婚。2004年に娘を、2006年に息子を授かる。

元彼: スコット・スピードマン (俳優)
2002年に交際する。

元彼: ウォルター・セールス (映画監督)
2002年に交際する。

元彼: アーロン・エックハート
1968年生まれ。映画 『抱擁』 の撮影で知り合う。2002年に短期間だが交際する。

元彼: ブライアン・アダムス (ミュージシャン)
2002年に交際する。

元彼: ルーク・ウィルソン (俳優)
2001年に交際する。

元彼: ロバート・ショーン・レオナルド (俳優)
2001年に交際する。

元彼: ベン・アフレック (俳優)
1997年12月から交際を始める。2人は映画 『恋におちたシェイクスピア』 で共演。1998年12月に破局を公表する。その後、2000年に映画 『偶然の恋人』 でも共演する。

元婚約者: ブラッド・ピット (俳優)
1994年、映画 『セブン』 で夫婦役で共演し、知り合う。1996年11月に婚約するが、1997年6月に破局する。

元婚約者: ドノヴァン・レイッチ (俳優・モデル・ミュージシャン)
90年代前半に短期間だが婚約していた。



家族構成
父: ブルース・パルトロウ (TVプロデューサー)
1963年11月26日生まれ。グウィネスの30歳の誕生日のため、家族でバケーションを過ごしていた2002年10月3日に咽喉ガンで急死する。

母: ブライス・キャサリン・ダナー (女優)
1943年2月3日生まれ。

弟: ジェイク・パルトロウ (TVディレクター)
1975年9月26日生まれ。

娘: アップル・ブライス・アリソン・マーティン
2004年5月14日にロンドンで生まれる。父親はクリス・マーティン。

息子: モーゼ・ブルース・アンソニー・マーティン
2006年4月8日にニューヨークで生まれる。父親はクリス・マーティン。



教養
高校: Spence School (ニューヨーク州・ニューヨーク)

大学: Universitiy of California (カリフォルニア州・サンタバーバラ)



略歴
オーディションに合格して1991年の映画 『過ぎゆく夏』 に出演し、映画デビューする。

1991年の映画 『フック』 でウェンディ役を演じ、注目を浴びる。

1995年の映画 『セブン』 でブラッド・ピットと共演し、交際するようになる。

1998年の映画 『恋におちたシェイクスピア』 に主演し、アカデミー賞の主演女優賞とゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞する。また、共演のジョセフ・ファインズと共にMTVムービーアワードのベストキスを受賞する。この映画で共演したベン・アフレックと交際するようになる。

1999年9月に芸能雑誌 「People」 から、ベストドレッサーの1人に選ばれる。



出演映画
1991年 過ぎゆく夏 (Shout)
1991年 フック (Hook)
1993年 デッドリー・ファーザー (Deadly Relations) *テレビ映画
1993年 冷たい月を抱く女 (Malice)
1993年 フレッシュ・アンド・ボーン/渇いた愛のゆくえ (Flesh and Bone)
1995年 ジェファソン・イン・パリ/若き大統領の恋 (Jefferson in Paris)
1995年 セブン (Se7en)
1995年 ムーンライト&ヴァレンチノ (Moonlight and Valentino)
1996年 ハードエイト (Sydney aka Hard Eight)
1996年 ハッピィブルー (The Pallbearer)
1996年 Emma エマ (Emma)
1998年 スライディング・ドア (Sliding Doors)
1997年 大いなる遺産 (Great Expectations)
1998年 沈黙のジェラシー (Hush)
1998年 ダイヤルM (A Perfect Murder)
1998年 恋におちたシェイクスピア (Shakespeare in Love)
1999年 リプリー (The Talented Mr. Ripley)
2000年 インターン (The Intern)
2000年 デュエット (Duets)
2000年 偶然の恋人 (Bounce)
2001年 アニバーサリーの夜に (The Anniversary Party)
2001年 ザ・ロイヤル・テネンバウムズ (The Royal Tenenbaums)
2001年 愛しのローズマリー (Shallow Hal)
2002年 デブラ・ウィンガーを探して (Searching for Debra Winger)
2002年 オースティン・パワーズ ゴールドメンバー (Austin Powers in Goldmember)
2002年 抱擁 (Possession)
2003年 ハッピー・フライト (View from the Top)
2003年 シルヴィア (Sylvia)
2004年 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー (Sky Captain and the World of Tomorrow)
2005年 プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Proof)
2006年 ハサミを持って突っ走る (Running with Scissors)
2007年 恋愛上手になるために (The Good Night)
2008年 アイアンマン (Iron Man)

posted by kisebeauty at 23:36| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

女優のパク・ボヨン(Park Bo-Young)「2013年韓国ジュエリーフェア」の「ベストジュエリーレディー」に任命された



韓国・ソウルのCOXE(Korea Exhibition Center)で18〜21日、14か国・303店のジュエリーブランドが参加する「2013年韓国ジュエリーフェア」が開催された。写真は開幕式で「ベストジュエリーレディー」に任命された、女優のパク・ボヨン(Park Bo-Young)

★パク・ボヨン(朝鮮語: 박 보영、パク・ポヨンとも、1990年2月12日 - )は、大韓民国の女優。忠清北道曽坪郡出身。テソン女子商業高等学校、檀国大学校演劇映画科在学中。
経歴
パク・ボヨン
生年月日 1990年2月12日(23歳)
出生地 韓国忠清北道曽坪郡
血液型 O型
職業 女優
主な作品
過速スキャンダル

パク・ボヨン
各種表記
ハングル: 박보영
漢字: 朴宝英
発音: パク・ボヨン
ローマ字: Park Bo-Young
生年月日: 1990年 2月 12日
身長/体重: 158cm, 41kg
趣味/特技: 歌うこと
デビュー: 2006年EBSドラマ『秘密の校庭』
干支(えと): 午
星座: みずがめ座
宗教: キリスト教
韓国の所属事務所: the house カンパニー

2006年にドラマ『秘密の校庭』でデビュー。2008年の映画『過速スキャンダル』で主演、830万人を動員する大ヒットとなった。

出演作

映画
うちの学校のET(2008年)
超感覚カップル(2008年)
過速スキャンダル(2008年)
視線1318(2009年)
未確認動画:絶対クリック禁止(2012年)
オオカミ少年(2012年)

ドラマ
秘密の校庭(2006年)
魔女ユヒ(2007年)
王と私(2007年)
ジャングル・フィッシュ(2008年)
スターの恋人(2008年)
必殺! 最強チル(2008年)

ミュージックビデオ
SPEED‎の「It's Over」と「悲しい約束」ドラマ版MV
BEASTの「FICTION」 MV

受賞歴
SBS演技大賞 子役賞
第45回百想芸術大賞 新人賞、人気賞(過速スキャンダル)
第30回青龍映画賞 新人女優賞(過速スキャンダル)
第46回大鐘賞 人気賞
posted by kisebeauty at 18:10| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

女優の米倉涼子(37)が東京を中心に活動する芸能人を表彰する「第29回浅草芸能大賞」の奨励賞を受賞

東京を中心に活動する芸能人を表彰する「第29回浅草芸能大賞」が16日、東京・浅草公会堂で発表され、俳優の高橋英樹(69)が大賞、女優の米倉涼子(37)が奨励賞、落語家の古今亭文菊(34)が新人賞にそれぞれ選ばれた。

3人は同所で行われた授賞式に出席。テレビ朝日系連続ドラマ「Doctor X〜外科医・大門未知子」に主演したほか、ミュージカル「CHICAGO」ではロキシー・ハート役を好演、念願のブロードウェーデビューを果たした米倉は「歴史あるこの場所で夢のある賞をいただけてビックリしました」と受賞を喜んだ。

「うれしかったのはどこかの病院で“大門先生に治していただきたい”と言っていた患者さんがいたこと」と「Doctor X」での演技を振り返った米倉。今後について「近いうちに舞台に立ちたい。ほかのミュージカルもやりたい」と目標を語ると大きな拍手が沸き起こった。ちなみに浅草には「天丼を食べにフラッと来たりする」という。

★米倉 涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日 - )は、日本の女優で元ファッションモデルである。

神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。



プロフィール



生年月日

1975年8月1日



現年齢

37歳



出身地

日本 神奈川県横浜市



血液型

B型



公称サイズ(CanCamモデル[1][2]時点)



身長 / 体重

169 cm / ― kg



スリーサイズ

80.5 - 58 - 83 cm





単位系換算[表示]

















活動



デビュー

1993年



ジャンル

ファッション



他の活動

女優



経歴

横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。

5歳からの15年間、牧阿佐美バレヱ団などでクラシックバレエを続けていた[3]。高校生の時、友だちがコンテストに応募してくれたのがきっかけで[4]、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞、翌年モデルとしてデビューし、ファッション雑誌 『CanCam』(小学館)などに出演した。

1999年6月30日、「女優宣言」を発表。以後は女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動する。女優に転じた際には誰かのようになりたいとは考えていなかったが、ドラマ「非婚家族」で共演、芝居を教えてくれた真田広之の姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意する。「米倉と松本清張の3部作」である『黒革の手帖』、『松本清張 けものみち』、『松本清張 わるいやつら』では悪女役を演じて役柄を広げ、2006年秋には『黒革の手帖』の舞台版で本人念願の舞台を公演した。

2008年には『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦した。米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得た。それまで本格的な歌を披露した経験はなかったが、主役をこなし、月刊誌『ミュージカル』が選んだ「2008年ミュージカルベストテン」の女優部門で7位に入った。2010年にも同作品を再演、この頃からブロードウェイ進出を考え始め、2011年には渡米して三ヶ月間ジャズダンスやバレエのレッスンを受けた。2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビュー[13]。日本人女優がアジア系でないアメリカ人の役柄を演じるのはブロードウェー史上初で、アジア出身の俳優としても初めて。

年表
1992年 - 第6回 全日本国民的美少女コンテスト 審査員特別賞受賞
1995年 - ファッション雑誌 『CanCam』 専属モデル
1996年 - 「ユニチカ」水着キャンペーンガール、「キリンビール」キャンペーンガール[15]
1999年 - 『CanCam』 専属契約終了[16]
2003年 - 韓国文化観光親善大使[17](大韓民国文化観光部)
2004年 - 女性誌『an・an』表紙などでセミヌード公開
2006年 - 第14回橋田賞受賞[18]
2012年 - 第37回菊田一夫演劇賞演劇賞受賞[19]

人物

主演女優

「クールな役を演じることが多いからかっこいいイメージがありますが、実は暗い性格で自信がなく、よく周りのスタッフから「お前は自信がなさ過ぎる」と言われる」という。

バラエティ番組でも積極的に出演している数少ない主演女優[22]でもあり、『THE夜もヒッパレ』、『第43回日本レコード大賞』で司会進行他、数多くリーダーシップを経験している。

その他

大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」で共演をきっかけに2003年から2005年春まで市川海老蔵と交際していた。2007年3月、パリ・オペラ座へ海老蔵の歌舞伎公演を観に行ったことで復縁説が浮上していたが、米倉は否定。

愛読書はクリスチャン・ジャック作「太陽の王ラムセス」。

虫が大嫌いである。ゴキブリなど気持ちの悪いものはもちろん、蝶などもダメ。鳥もダメである。

主な出演作品

テレビドラマ
恋の神様(2000年1月 - 3月、TBS) - 西園寺エリカ 役
天気予報の恋人(2000年、フジテレビ) - 須藤郁子 役
20歳の結婚(2000年、TBS) - 中願寺蘭子 役
ストレートニュース(2000年、日本テレビ) - 市野由香 役
ラブ・レボリューション(2001年、フジテレビ) - 遠藤真理子 役
非婚家族(2001年、フジテレビ) - 的場ひかる 役
愛と青春の宝塚(2002年、フジテレビ) - エリ 役
プリティガール(2002年、TBS) - 倉井歩美 役
整形美人。(2002年、フジテレビ) - 主演・早乙女保奈美 役
ソナギ〜雨上がりの殺意(2002年、フジテレビ) - 主演・大月千鶴 役
武蔵 MUSASHI(2003年、NHK) - お通 役
奥さまは魔女(TBS) - 主演・松井ありさ 役 奥さまは魔女(2004年)
奥さまは魔女 リターンズ(2004年)

黒革の手帖(テレビ朝日) - 主演・原口元子 役 松本清張 黒革の手帖(2004年)
黒革の手帖スペシャル〜白い闇(2005年)

女系家族(2005年、TBS) - 主演・浜田文乃 役
ハルとナツ 届かなかった手紙(2005年10月、NHK) - 主演・高倉ハル 役
女の一代記「悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜」(2005年、フジテレビ) - 主演・杉村春子 役
松本清張 けものみち(2006年、テレビ朝日) - 主演・成沢民子 役
不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜(2006年、フジテレビ) - 主演・浅井道子 役
松本清張 わるいやつら(2007年、テレビ朝日) - 主演・寺島豊美 役
肩ごしの恋人(2007年、TBS) - 主演・早坂萌 役
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(テレビ朝日) - 主演・宇佐木玲子 役 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(2008年)
交渉人スペシャル〜THE NEGOTIATOR〜(2009年)
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜 II(2009年)

モンスターペアレント - (2008年、フジテレビ) - 主演・高村樹季 役
氷の華(2008年、テレビ朝日) - 主演・瀬野恭子 役
ナサケの女 〜国税局査察官〜(テレビ朝日) - 主演・松平松子 役 ナサケの女 〜国税局査察官〜(2010年)
ナサケの女 スペシャル 〜国税局査察官〜(2012年、テレビ朝日)

HUNTER ハンター〜その女たち、賞金稼ぎ〜(2011年、関西テレビ) - 主演・井坂黎 役
ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2012年10月 - 12月、テレビ朝日) - 主演・大門未知子 役
松本清張没後20年・ドラマスペシャル 熱い空気(2012年、テレビ朝日) - 主演・河野信子 役
35歳の高校生(2013年4月 - 6月、日本テレビ) - 主演・馬場亜矢子 役

その他のテレビ番組
ソトロケ(1999年、よみうりテレビ)
明石家マンション物語(2001年、フジテレビ)
明石家ウケんねん物語(2001年、フジテレビ)
THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 司会
第43回日本レコード大賞(2001年、TBSテレビ) - 司会
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2010年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー
EARTH fiendly スペシャル「米倉涼子ドイツ未来街道を行く森と古城&エコライフを訪ねる旅」(2012年10月21日、BS朝日)

映画
ダンボールハウスガール(2001年、シネカノン) - 主演・桜井杏 役
GUN CRAZY 復讐の荒野(2002年、キュームービー) - 主演・山田沙紀 役
寝ずの番(2006年、角川) - 弔問客 役
櫻の園(2008年、松竹) - 若松志乃 役(特別出演)
交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦(2010年、東映) - 主演・宇佐木玲子 役
アベンジャーズ(2012年) - ブラック・ウィドウ 役(吹替え)

舞台
黒革の手帖(2006年、2009年) - 主演・原口元子 役
CHICAGO(2008年、2010年、2012年) - 主演・ロキシー・ハート 役[26]
風と共に去りぬ(2011年) - 主演・スカーレット・オハラ 役

CM

ワコール「マジカルトップブラ」(1995年)
花王「ジェンヌ」(1997年)
東芝「carrots」(1998年)
カネボウ化粧品 「アリィー」(2000年 - 2002年)
「SALA」(2001年 - 2004年)
「レヴュー」(2001年 - 2002年)
「ヴィタロッソ」(2002年 - 2004年)
「オルフェ」(2002年 - 2004年)

フィットハウス(2000年 - 2002年)
大塚製薬「ポカリスエットステビア」(2000年)
フレッシュアイ(2000年)
リンクカード(2000年)
横浜市「元気な街横浜」(2000年)
日清食品 「麺の達人」(2001年)
「アジアンヌードル」(2005年)
「フォー・はるさめ」(2005年 - 2006年)

丸井「ru」(2001年 - 2003年)
シード「コンタクトレンズ」(2001年 - 2003年)
ジアス(2001年 - 2003年)
LG電子ジャパン「エアコン」(2001年 - 2002年)
NTT DoCoMo 関西(2001年) 「503i」
「503iS」

富士フイルム「nexia Q1」(2001年)
JOMO(現:ENEOS)「JOMOカードプラス」(2002年)
アサヒ飲料「中国緑茶 凛」(2002年)

明治製菓(現:明治) 「アーモンド・マカダミア」(2002年 - 2003年)
「レガ」(2003年)
「クイックス」(2003年 - 2004年)
「うすまきアーモンド」(2004年)
「リッチフラン」(2005年)
「テオブロ」(2005年)

ハウステンボス(2002年 - 2003年)
スズキ「MRワゴン」(2002年 - 2004年)
コカ・コーラ「ジョージア」(2003年 - 2004年)[27]
ジェムケリー(2003 - 2004年)
福島県「二本松菊人形展」(2003年)
ゴルフパートナー(2004年)
TBSラジオ ザ・ベースボール(2004年)[28]
大東建託「いい部屋ネット」(2004年 - 2008年)
興和 「バンテリンコーワパップS」(2005年 - 2009年)
「新QPコーワゴールド」(2005年 - 2009年)
「キューピーコーワゴールドアルファ」(2009年 - )

たかの友梨ビューティークリニック(2005年 - 2009年)
DCキャッシュワン(2005年 - 2009年)
カメリアダイヤモンド(2006年)
ヤクルト本社「黒酢ドリンク」(2008年)
森永乳業「マウント・レーニア・ダブル・エスプレッソ」(2009年 - 2012年)
POLA「B.A」(2010年 - )
EPSON「Offirio」(2010年 - )
スカイチーム(2012年 - ) スカイチーム・カーゴ



作品

写真集
tough(2000年、朝日出版社)

出版
米倉涼子 ryoko yonekura(2002年、ダイヤモンド社)
米倉涼子2003ファッションBOOK(2002年、光文社)
米倉涼子 digi+KISHIN(2004年、朝日出版社)

DVD
米倉涼子 digi+KISHIN(2003年、小学館)
posted by kisebeauty at 14:33| Comment(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。