2013年04月25日

西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色を満喫 「由緒正しい二都の春物語」

卯月、久しぶりに由緒正しい春を味わいたくなり、大和西ノ京へ足を運んだ。
今では京都駅から近鉄橿原線「西ノ京駅」へ直通でいける特急電車も走っている。
たいしたものだ。
先に京都から西の京へ行くのは京都の高台寺と円徳院のライトアップを見たかった所為である。奈良西ノ京からユーターンして夕方に京都の高台寺と円徳院をたずねるつもりである。題して「由緒正しい二都の春物語」とでも洒落てみるか。

西ノ京駅を降り、左折すると2−3分程で薬師寺、さらに左折して10分ほどで唐招提寺に着く。
周りはのどかな田園風景。ところどころに観光客用の民芸品店や食事処が点在し、
西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色
名残桜があちこちに垣間見れる。

歴史の道1.jpg
西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色


薬師寺は天武天皇が皇后の病気平癒を祈願して創建を発願した寺である。

享禄元年(1528)、戦火によって薬師寺は金堂や講堂、西塔などを失った。かろうじて戦火を免れたのは東塔だけだった。以来、灰燼に帰した諸堂、特に金堂の復興は、歴代の管主の悲願中の悲願だったに違いない。
昭和42年(1967)、管主の高田好胤師は白鳳伽藍の復興を発願され、檀家というものがない為、写経による納付金を建設資金に充てて復興事業が進められた。努力の甲斐もあってによって、昭和51年(1976)4月に念願の金堂が再建され、昭和56年(1981)には西塔が再建された。
高田好胤師はタレント坊主などと言われたこともあるが目的はただひとつ薬師寺の復興だったのではなかろうか。世界最高の仏像薬師三尊を保存するためにはどうしても新しい金堂が必要だったのである。そして檀家を持たない薬師寺にとって資金集めが必要だったのである。そのためにはより多くの人に現状を知ってもらい協力を呼びかけていたのである。高田好胤師に私は3度ほどお目にかかったことがある。

副管長時代に2度、管長時代に1度ある。
そのときの印象に残っていることは礼儀正しい、下から目線で、目がとても澄んでいたことである。やはり修行を積んだ人は俗世間のわれわれとは次元が違うと感じた。
 講堂に関しては、嘉永5年(1852)、焼失後の跡地に創建当時の半分の大きさで再建され、薬師三尊像が安置されていた。薬師三尊像は世界の美術品と同様に大切に未来永劫まで保存されるべきだと高田好胤師は常々訴えておられた。
講堂を復興する工事は平成8年(1996)に開始され、7年を費やして完成した。思い起こせば約35年の長きにわたって続けられてきた”大復興事業”であった。
薬師寺では最も愛する薬師三尊を拝観する。薬師三尊はすべての面において調和の取れた
仏像である。

薬師三尊.jpg
厳しく凛々しい薬師如来。脇時として日光、月光の両菩薩がまるでツイストでもしているかのようにたっている。

現代風にいえば薬師如来はドクターであり、日光、月光の両菩薩は看護師とも言える。
薬師如来像はどんな病を持った人でも必ず治癒して見せるという堅い決意を現すと同時に静かな慈愛の表情に観て取れる。
日光、月光の両菩薩は看護師として忙しいのであろう、腰をひねって一刻もじっとしていられないということを表現しているのかもしれない。
日光、月光の両菩薩は24時間体制であることを現している。デイライト&ムーンライト。「薬師寺総合病院では薬師如来 脇時の日光、月光の両菩薩がドクターと看護師として朝から晩まで24時間皆さんを治療いたします。ご安心ください」といっているのであろう。


日光菩薩は「慈悲」を月光菩薩は「理性」を表現しているといわれている。

薬師三尊を拝見するといつも思うことは静と動との絶妙なバランスである。
胸板も厚く、堂々としているお姿は他の仏像を遥かにしのぐ存在感である。指の動きも繊細であり、指先まで神経が行き届き、すばらしい。
男性的な身体と女性を思わせるたおやかな指先に、仏師は静かなる慈愛を表現したかったのだろう。
まさに美の極致である。

聖観音菩薩.jpg

次には聖観音菩薩が素敵である。聖観世音菩薩は日本屈指のお美しいお姿の観音さまといわれ、薄い衣を召し、その衣の美しい襞の流れの下からおみ足が透けて見えるシースルー彫刻法は、インドのグプタ王朝の影響を受けたものといわれています。
モデルはインドのセレブ階級のファッションが基本であるので頭や胸などにきらびやかな装飾品を飾ったゴージャスなお姿が多い。
端正なお顔を拝見するとわが身がイケメンになった気がするのである。

薬師寺の拝観後には近くなので休ヶ岡八幡宮にも立ち寄るとよい。
そして唐招提寺へと向かう。

★西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色
西の京の春景色のことを「由緒正しい春」と表現したのは「大和古寺風物詩」の一節で亀井勝一郎でした。

歴史の道.jpg
西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色

「西の京から薬師寺と唐招提寺へ行く途中の春景色に初めて接したとき、これがほんとうの由緒正しい春というものかと思った。〜中略〜その一木一草には、古の奈良の都の余香がしみわたっている。〜中略〜塔と伽藍からたち昇る千二百年の幽気が、この辺りのすべてに漂っているように思えた。」(『大和古寺風物誌』新潮社)

薬師寺.jpg
西ノ京大池 勝間田池より薬師寺を展望

posted by kisebeauty at 00:10| Comment(0) | 神社・仏閣・仏像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

"鈴虫寺への誘い"鈴虫の音色と京都洛西の美しい自然に魅せられて 恋愛に効くパワースポットのオマケ付き


京都洛西の美しい自然に囲まれた鈴虫寺。竹林や楓のある境内や風情あふれる回遊式庭園は、四季折々の表情を見せてくれます。
春は梅や桜にツツジ、夏は萌える新緑と百日紅、秋は色鮮やかな紅葉、そして冬は幻想的な雪景色。
訪れるたびに魅せられる鈴虫寺の景色を、心ゆくまでお愉しみください。



高確率で願いが叶うと口コミで評判、しかも恋愛に効くパワースポットもありだとか?

そんな噂を聞いてしまっては、いてもたってもいられないのが乙女心。

秋の行楽シーズンにぴったりなパワースポット、


長蛇の入場待ちができるほど人気なのが鈴虫寺。

願いがかなうパワースポットとして日本中から恋に悩む女子が集まってくるのです。

京都嵐山の南側にある小さなお寺 華厳寺(けごんじ)は、一年中鈴虫が鳴くお寺として一般に鈴虫寺と呼ばれています。
阪急嵐山線「松尾駅」から歩いて15分程度で、80段ある石段にたどり着きます。
秋や春の観光シーズンには、すでに石段の下から列を作っていることも。

左手にお地蔵様(幸福地蔵)を拝見しながら入場すると、鈴虫のいるお部屋に案内されます。

そこでお茶菓子をいただきながら、お坊様のお説教をお聞きし、幸福のお守りを買ってお地蔵様に願いをして、紅葉の美しい庭を散歩して帰るのが、拝観コースとなっています。

ここのお地蔵様は、わらじを履いています。そして、悩んでいる人のところへ歩いて行って願いを叶えて下さるのだそうです。
だから願い事をいう時は、住所と名前をきっちり伝えないとお地蔵様が迷ってしまわれます。

願いが叶う勝率はなんと8割!?
さて、この鈴虫寺はなぜそんなに人気があるのでしょう?
それは、「願い事が本当に叶う」という噂から。特に、恋愛・結婚の願い事にはとても勝率が高いと評判なのです。

もちろん恋愛だけではなく、どんな悩みも聞いてくださいます。
 
●忘れられなかった元彼と偶然再会して、あっという間に結婚できた!
●ずっと片思いだった彼が彼女と別れたから付き合おうって言ってくれた!
●息子が難関大学に合格できた!
●ずっと不妊治療をしていたのに、自然妊娠で赤ちゃんがやってきた!
●完治は無理だといわれていた病気が治った!

こうした口コミが後を絶たず、続々と人が集まってくるのです。周囲の口コミやネットの書き込み等をあわせて判断しても、勝率7〜8割と言えるのではないでしょうか?
願い事が叶う確立を普通に考えれば、これはすごい数字ですよね。


◎鈴虫寺の秘密は「お願いの仕方」にあった


鈴虫寺はなぜ願いが叶うのか?
実はその謎を解くポイントが、お坊さんのお説教に含まれています。

お説教と言っても鈴虫寺のお説教は「鈴虫説法」と呼ばれ、冗談を交えながらユーモアたっぷりに鈴虫寺のいわれや、お地蔵様へのお願いの仕方を解説してくださいます。


【お地蔵様へのお願いの仕方】
●お地蔵様は、願いを「ひとつだけ」かなえてくれる。
だから願い事はひとつ叶ったら次のお願い事をするようにする。
●お願いことは、お地蔵様に分かるように具体的に。
「幸せになりたい」では伝わらない。「結婚したい」もダメ。
どんなふうになれば自分が幸せなのか、どんな相手と結婚したいのかを明確に伝えるように。
●お地蔵様は他人を不幸にする願い事はかなえない。
また、「マツジュンと結婚したい」「世界を平和に」など、現実味のない、叶えようのない願い事はダメ。
「商売繁盛」「家内安全」「厄除け」はダメ。
「赤ちゃんが欲しい」は必ず、夫婦ふたりともが同じお願いをすること。
●お地蔵様は願うだけで何もしない人の願いは叶えない。お地蔵様は願いをかなえようと日々努力しているかどうかを確認しにいらっしゃる。
●ひとつ願い事が叶えば、お礼参りをしてお札を納めてから、次のお願い事をすること。

このことから分かるのが、願い事は漠然としている間はただの夢であり、それを具体的に捉えることで自分の中に目標を作るということです。
「いつ」「誰と」「何をしたいか」を自分で認識し、それに向かって自分が出来る限りの努力をすれば、お地蔵様がいらっしゃる、つまり願いは叶うのです。

◎キーワードは「覚悟が決まる」ということそうだ。

恋愛にも効くのが鈴虫寺の人気の秘密


でも、いくら自分が努力しても恋愛は特に相手のあることですから、自分ひとりの力ではムリ。
その“縁”を呼び込む力を得られるのがパワースポットの威力なのかも。
鈴虫の澄んだ音色の中で、不思議と心安らかな気持ちになるお坊様のお説教を聞きながら、幸福へのセルフイメージを高め、自然とパワーチャージできるような気がするのが鈴虫寺の不思議なところです。

ちなみに、お守りは代理で購入してきてもらったら、京都の方向を向いてお守りを両手にはさみ、同じようにお願いをすればよいそうです。
遠方の方には郵送で購入することができます。お礼参りも郵送が可能です。
 


★華厳寺(けごんじ)は、京都府京都市西京区にある臨済宗の寺院である。山号は「妙徳山」(みょうとくさん)。本尊は大日如来。正式名称は「華厳寺」であるが、スズムシを四季を通して飼育しているため、通称「鈴虫寺」(すずむしでら)と呼ばれている。

様々な種類の竹を集めた庭園や、わらじをはき、願い事を一つだけ叶えるという「幸福地蔵」、僧侶による参拝者への茶菓のもてなしと鈴虫説法等も有名で、京都市内の寺院の中でも特に積極的な拝観者招致策を展開し、成功した例としても知られる。

歴史

享保8年(1723年)、鳳潭によって創建される。鳳潭は学僧として知られ、華厳宗の復興を志して当寺を創建した。慶応4年(1868年)、慶厳が入寺して臨済宗に改められた。

寺の所在地はかつての最福寺の旧地である。最福寺は平安時代末期、源義家の後裔の延朗上人によって建立されたもので、現在も華厳寺の東方に「谷ヶ堂」という小堂が最福寺の旧跡として残されている。

所在地

京都府京都市西京区松室地家町31

◆通常の拝観時間ご案内開門9時  最終受付16時30分  閉門17時

ご参拝の皆様へ飲酒されている方の入門をお断りする事がございますので予めご了承ください。
車にてご参拝の皆様へ駐車場は約70台分ございますが、なるべく公共の交通機関をご利用ください。
お車を置いて他所へ行かれる事は固くお断りいたします。
尚、交通手段は“ 鈴虫寺への行き方 ”をご参照ください。団体でご参拝の方へ団体拝観の方は事前に予約が必要になります。下記のお電話又はFAXにてお申し込みください。
個人参拝の方は予約は不要です。

【鈴虫寺データ】
●鈴虫寺[華厳寺(けごんじ)]
●京都府京都市西京区松室地家31
●TEL / 075-381-3830
●営業時間(拝観時間) /9:00〜17:00(受付は16:30まで)
●休業日 /無休
●料金(拝観料・観覧料) /大人500円、小人300円
●交通 /阪急嵐山線「松尾駅」から徒歩15分

posted by kisebeauty at 15:44| Comment(0) | 神社・仏閣・仏像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする