2011年10月29日

「傷ついた女」は弟子で愛人でもあった彫刻家カミーユ・クローデルをモデルに制作したオーギュスト・ロダンの作品?



仏美術評論家が27日、作者不詳の銀製の女性の裸像について、巨匠オーギュスト・ロダン(Auguste Rodin、1840-1917)の作品で、弟子で愛人でもあった彫刻家カミーユ・クローデル(Camille Claudel)をモデルに制作したものと分かったと発表した。



 高さ22.5センチの女性の裸像は、痛みを感じて立ち止まったようなポーズを取り、片手に持った布がひだを作りながら両足の間に垂れている。作者の署名は入っていない。

 この裸像に「傷ついた女(femme meurtrie)」との仮称を付けた19世紀を専門とする美術評論家、ジル・ペロー(Gilles Perrault)氏は記者会見で「全ての特徴がロダンらしさを表している」と述べ、証拠を提示した。



■のみの市で発見、表現手法に「ロダン様式」

 ロダン作品の公式記録やロダンとカミーユの書簡の中にこの作品は登場せず、パリ(Paris)のロダン美術館(Rodin Museum)はペロー氏の主張に強い疑問を呈している。

 しかしペロー氏は、約25年に及ぶ研究の結果、ロダンが作者だと「固く信じるようになった」と述べた。彫像には作者の署名も、型取りから仕上げまでを行った鋳造所の銘も入っていないが、制作年は1886年頃だろうという。ペロー氏は作品のテーマについて、カミーユとの苦しい恋、特にロダンとの間にできた子どもを何度も堕胎した事実だと思うと語った。

 この彫像が最初に公になったのは1980年代で、パリののみの市で古物商が見つけ、現在の所有者である個人収集家に売却した。この収集家が、破棄院(最高裁判所)の美術鑑定官を務め自ら彫刻家でもあるペロー氏に鑑定を依頼。ルーブル美術館やベルサイユ宮殿所蔵の美術品の修復作業を率いてもいるペロー氏は、鋳型の受取書まで探し出す緻密さで、ロダン美術館の資料や仏内外に存在するロダン作品を徹底的に調査し、ロダンとカミーユのスケッチや彫刻作品、技術などを比較した。

 特に注目したのが、指の隙間の取り方や、足の表現、布のひだなどで、全てロダン様式ともいえる特徴の典型が示されているとペロー氏は指摘している。また、彫像には型を取った際にできた顕微鏡で見える程度の痕跡が残っているが、これは作家シラノ・ド・ベルジュラック(Cyrano de Bergerac)を偲んでロダンが制作した作品に残された痕跡と似ているという。

 さらに、彫像の女性の極端な猫背について、ロダンとカミーユのモデルをよく務めていた女性の特徴と一致すると指摘。「体のひねり方や筋肉の張り具合も、情緒を表現する際のロダンの特徴的な手法だ」とペロー氏は語った。

★フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン(François-Auguste-René Rodin, 1840年11月12日 - 1917年11月17日)は、フランスの彫刻家。19世紀を代表する彫刻家とされ、『近代彫刻の父』と称される。代表作に『地獄の門』、その一部を抜き出した『考える人』など。


生涯
生い立ちと長い職人時代 [編集]パリ在住の労働者階級の子として生まれた。父ジョアン・バティスタは警察に雇われる事務員で、オーギュスト・ロダンは妻マリーとの間に生まれた二人目の子供だった。ロダンはエコール・ボザールなどの美術の専門教育(アカデミズム)を受けず、特に青年期以降は殆ど独学で彫刻を習得した事で知られている[1]。

本人の談によれば10歳の時に初めて絵を描いた事で美術に興味を持ち、14歳の時に地元のプティット・エコール(小さな学校)と呼ばれる工芸学校に入校した。子供達に絵画やデッサンを教えていたルコック・ボードランという教員はロダンを最初に評価した人物で、後年にロダンは感謝の言葉を残している[2]。17歳に工芸学校を退校するまで、ジュール・ダルー・アルフォンソ・ルグロなど同年代に活躍する画家や彫刻家とも知り合っている。

プティット・エコールを退学した直後、ロダンは学業継続を望んでエコール・ボザール(グラン・エコール)に入学を志願した。ロダンは同窓生をモデルにした塑像を提出したが、ボザールからの評価は不合格だった。諦めずに翌年と翌々年も塑像を提出し続けたが、全くボザールからは相手にされなかった。当時のボザールは技術的な要求水準が然程高くなかったとされ[3]、数度に亘って入学を拒否された事は非常に大きな挫折といえた。ロダンが入学を拒絶された理由は、ボザールでの新古典主義に基いた彫刻教育と異なる嗜好で作品を作っていた事も一因かも知れない。入校を諦めたロダンは室内装飾の職人として働きながら、次の道を模索していた。

1863年、ボザール入学を果たせなかったロダンに追い討ちを掛けたのが姉マリアの死だった。ロダンを経済的に支えていた姉は恋人との失恋劇で精神を病み、俗世を捨てて修道女になっていた。その姉が体調を崩して修道院で病没すると、姉の恋人を最初に紹介したロダンは激しい罪悪感に苦しんだという。姉の後を追うように修道院に入会したロダンは修道士見習いとして、美術から神学へと道を変えようとした。だがロダンの指導を任されたピエール・ジュリアン司教は彼が修道士に不向きだと判断して、美術の道を続けるように諭した。

修道会を離れたロダンは動物彫刻の大家であったアントワーヌ・ルイ・バリーに弟子入りして、深い影響を受けた[4]。また24歳の時には生涯の妻となる裁縫職人のローズと知り合い、長男オーギュスト・ブーレ・ロダンを儲けている他[5]、装飾職人としての労働も再開した。普仏戦争の勃発に関しては徴兵対象となったが、近視であった事から難を逃れる事ができた[6]。それでも戦争の影響で仕事が減って生活が苦しくなり、30歳までロダンは家族を養うだけの稼ぎを持てなかった[7]。職を求めて新天地に向かう事を決めたロダンは家族とベルギーへ移住して、そこで知り合いの紹介でブリュッセル証券取引所の建設作業に参加した。

ロダンは当初は仕事が終われば早々に切り上げてフランスに戻るつもりだったが、様々な理由から6年間滞在を続けた。ベルギー時代は彼の創作活動において重要であったと考えられている[7]。彼は装飾職人として独学で彫刻の技法を修練していたが、展覧会用の作品を作る余裕がなかった為に、誰も彼が彫刻家としての夢を抱いていた事を知らなかった。1875年、職人の親方との関係が悪化した事もあり、ベルギー滞在中に生活費を節約して貯蓄を続けていたロダンはローズを連れて、念願のイタリア旅行へと出かけていった。そこで目の当たりにしたドナテッロとミケランジェロの彫刻に衝撃を受けたロダンは、多大な影響を両者から受ける事になった[8]。

彼は「アカデミズムの呪縛は、ミケランジェロの作品を見た時に消え失せた」と語っている[9]。ベルギーに戻ったロダンは早速イタリア旅行で得た情熱を糧に『青銅時代』を製作、十数年ぶりに彫刻家として活動を開始した。

彫刻家ロダン

『カレーの市民』
『青銅時代』(但陽美術館)この『青銅時代』はオーギュスト・ネイトと言う人物をモデルにした等身大の男性像で、極めて緻密でリアルな作品であった。ところがそのあまりのリアルさのために「実際の人間から型を取ったのではないか」との疑いをかけられ、憤慨したロダンは2年後に人間よりもかなり大き目のサイズの彫刻を新たに作った。型を取ったのではなかったと解った審査員たちは、ロダンの彫刻に対して賞賛の言葉を送り、ロダンの名は一気にフランス中に広まった。


『地獄の門』(国立西洋美術館)1880年、ロダンの元に国立美術館を建てるので、そのモニュメントを作って欲しいとの依頼が来た。そのテーマとしてロダンが選んだのがダンテの『神曲』地獄篇に登場する『地獄の門』である。ロダンはこの大作品に取り組むに当たり、粘土や水彩画などでデッサンを重ねていったが、中々構想はまとまらなかった。

この悩める時期に教え子のカミーユ・クローデルと出会い、この若き才能と魅力に夢中になった。だが優柔不断なロダンは、カミーユと妻ローズの間で絶えず揺れた。数年後ローズが病に倒れ、カミーユがローズと自分との選択を突付けるまで決断できなかった。ローズの元に逃げ帰るロダン。ショックを受けたカミーユは以後、徐々に精神のバランスを欠き、ついには精神病院に入院、死ぬまでそこで過ごす事になる。

1888年、美術館の建設計画は白紙に戻り(予定地だった所には現在はオルセー美術館が建っている)、ロダンに『地獄の門』の製作中止命令が届くが、ロダンはこれを断り、金を払って『地獄の門』を自らの物とし、彫り続けた。

ロダンにとって最早『地獄の門』とは単なる作品ではなく、『神曲』の中の物語でもなく、ほかならぬロダン自身のモノとなっていたのである。


『考える人』(京都国立博物館)そして1889年、『地獄の門』を覗き込む男を一つの彫刻として発表した。はじめこの彫刻には「詩想を練るダンテ」と名づけられていたが、発表するときは「詩人」と名づけられた。この像は誰を表しているのか、ダンテであると言う説もあるが、ロダン自身であると言う説もある。その姿は地獄の中を覗き込み、苦悩している姿であり、その地獄の中にはカミーユ、ローズとの間に出来た息子(この子のことをロダンは認知せず、世間にも隠していた)の姿がある。なお『考える人』と言う名はこの像を鋳造したリュディエがつけたものである。

1917年、ロダンは死期の迫ったローズと遂に結婚の手続きをした。ロダン77歳、ローズ73歳であった。その16日後にローズは死去し、更に9ヵ月後の11月17日にロダンも死去した。ロダンの末期の言葉は『パリに残した、若い方の妻に逢いたい。』だった。結局『地獄の門』は未完に終わった。

ロダンの作品群は世界的に人気があり、特に『考える人』は数多く鋳造され、世界中に存在する。体を捻り、頬杖をついて、地獄の門を覗き込む男。そこには人間の内面までも浮かび上がらせようとするロダンの情念が息づいていた。彼の弟子には、アントワーヌ・ブールデル、小倉右一郎、シャルル・デスピオらがいる。

備考
作品を収蔵する主な美術館
ロダン美術館 フランス・パリ
ロダン美術館 アメリカ・フィラデルフィア
新潟市美術館『死の顔・花子』『空想する女・花子』『バルザックの頭部』
静岡県立美術館(ロダン館)
国立西洋美術館『考える人』『地獄の門』『カレーの市民』
大原美術館『歩く人』
参考文献
『ロダンと日本』静岡県立美術館ほか 2001年
『ロダン事典』淡交社 2005年
ロダン 新庄嘉章訳『フランスの大聖堂』 東京創元社。
関連項目
ウジェーヌ・カリエール
アリスティド・マイヨール
ライナ・マリア・リルケ 詩人、著書に『ロダン』
カミーユ・クローデル
アントワーヌ・ブールデル
高田博厚 彫刻家
高村光太郎 『ロダンの言葉』を訳した、初版は大正5年
木村荘八訳 ポール・グセル編 『ロダンの芸術観』
初版は大正3年 洛陽堂、他に内藤濯訳、古川達雄訳がある。
posted by kisebeauty at 23:19| Comment(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。