2013年05月26日

第66回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットを飾った美しすぎる美女達 「写真特集156枚」



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、オープニング作品『華麗なるギャツビー(The Great Gatsby)』のレッドカーペットに登場した米モデル、シンディ・クロフォード



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、オープニング作品『華麗なるギャツビー(The Great Gatsby)』のレッドカーペットに登場した仏女優ヴァイナ・ジョカンテ(Vahina Giocante)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『Venus in Fur』のレッドカーペットに登場した仏女優エマニュエル・セニエ(Emmanuelle Seigner)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『Venus in Fur』のレッドカーペットに登場した英女優カルメン・チャップリン(Carmen Chaplin)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『Venus in Fur』のレッドカーペットに登場したメキシコ人モデル、ヒメナ・ナバレッテ(Jimena Navarrete)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『The Immigrant』のレッドカーペットに登場したスペイン人モデル、ユージニア・シルヴァ(Eugenia Silva)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『The Immigrant』のレッドカーペットに登場した仏女優アガト・ボニゼール(Agathe Bonitzer)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『Behind the Candelabra』のレッドカーペットに登場したオーストラリア人モデル、ジェシカ・ハート(Jessica Hart)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『The Past』のレッドカーペットに登場したオランダ人モデル、ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)



開催された第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『Behind the Candelabra』のレッドカーペットに登場した米女優シャロン・ストーン(Sharon Stone)



第66回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、『華麗なるギャツビー(The Great Gatsby)』のレッドカーペットに登場したベラルーシ人モデル、ターニャ・ディアヒリヴァ(Tanya Dziahileva)
posted by kisebeauty at 23:24| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

女優のクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)が、英「グラマー(Glamour)」誌の13年度ベストドレッサー賞(GLAMOUR's Best Dressed Women)に輝く



女優のクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)が、英「グラマー(Glamour)」誌の13年度ベストドレッサー賞(GLAMOUR's Best Dressed Women)に輝いた。

 クリステンは今回、自己流の“ロックシックスタイル”やレッドカーペットでの大胆なファッションが評価され、2年連続で1位にランクイン。オフにはラフでスポーティなスタイルを好むことで知られており、過去には自ら「ファンキーなTシャツを着てぼさぼさの髪で出かけたら、『あの人大丈夫?ヘアブラシくらい買えばいいのに』って言われました」と明かしている。

 続く2位も、昨年と同様にエマ・ワトソン(Emma Watson)がランクイン。エマは最近、ヘアスタイルをベリーショートにしてから、大胆なイブニング・ドレスに挑戦するなど映画『ハリー・ポッター(Harry Potter)』シリーズのイメージからの脱却を図っている。3位には昨年の4位から1ランクアップでキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)。4位は女優のエマ・ストーン(Emma Stone)、5位は歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)。

 トップ50にはそのほか、女優のキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)やモデルのケイト・モス(Kate Moss)、キャサリン妃の妹のピッパ・ミドルトン(Pippa Middleton)らがランクインしている。

★クリステン・スチュワート(Kristen Stewart, 本名: Kristen Jaymes Stewart, 1990年4月9日 ‐ )は、アメリカ合衆国で活動する女優。『トワイライト』シリーズのベラ・スワン役で知られている。また、『パニック・ルーム』、『ザスーラ』、『アドベンチャーランドへようこそ』などにも出演している。
生い立ち
カリフォルニア州ロサンゼルス出身[1]。父親のジョン・スチュワートはFoxのプロデューサー[2]、母親のジュールズ・マン=スチュワートはオーストラリア・サンシャイン・コースト出身の脚本家、兄のキャメロンはサーファー。もう一人養子である兄テイラーがいる。
キャリア
1999年頃からのテレビドラマの端役に出演し、2001年公開の映画『The Safety of Objects』でパトリシア・クラークソンの娘役で映画デビュー。
2002年公開の『パニック・ルーム』で主演がニコール・キッドマンからジョディ・フォスターに交代したことから、娘役も当初キャスティングされていたヘイデン・パネッティーアからクリステンに代わった。この作品でハリウッド注目の子役となる。
2008年にはステファニー・メイヤー原作のベストセラー小説『トワイライト』に主演のベラ・スワン役で出演。映画は1億ドルを超えるヒットとなり大ブレイク、この作品でMTVムービー・アワード女優賞を受賞した。翌年公開の続編も大ヒットとなり、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞。以降続編の『ニュームーン』、3作目の『エクリプス』など、トワイライト・サーガの全編でベラ役を演じている。

私生活
2004年公開の映画speakで共演した俳優のマイケル・アンガラノと交際していた[9]。 その後『トワイライト〜初恋〜』での共演をきっかけにロバート・パティンソンと交際。2012年に『スノーホワイト』の監督ルパート・サンダースとの不倫報道後一度破局したが、その後復縁した。
ダコタ・ファニングと仲がいい。

資産
2010年7月、『ニューヨーク・マガジン』によると、スチュワートはトワイライトの最終章の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』と『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』の2部作でそれぞれ2500万ドル(日本円で約22億5000万円)の出演料が約束されており、作品がヒットすればさらにプラス1600万ドル(日本円で約14億4000万円)を手にすることになるという。ハリウッドにおいて2000万ドル以上の出演料を手にする俳優は「A級リスト俳優」と呼ばれ、ウィル・スミスやトム・クルーズなどの一握りの人物に限られており、若手女優としては異例である。
2011年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」のランキングを発表し、2010年のギャラが推定で2,850万ドル(日本円で約23億3,700万円)になることがわかった。
2011年6月、経済誌『フォーブス』が「最も稼いでいる30歳未満のセレブ」を発表し、2,000万ドル(日本円で約16億円)を稼いで15位にランクインした。
主な出演作品
公開年 邦題原題 役名 備考
1999 The Thirteenth Year 少女 クレジット表記なし
2000 The Flintstones in Viva Rock Vegas 輪を投げる少女 クレジット表記なし
2001 The Safety of Objects サム・ジェニングス
2002 パニック・ルームPanic Room サラ・アルトマン
2003 コールド・クリーク 過去を持つ家Cold Creek Manor クリスティン・ティルソン
2004 Speak メリンダ・ソルディーノ
ミッションXCatch That Kid マディ
アンダートウ 決死の逃亡Undertow リラ
2005 Fierce People マヤ・オズボーン
ザスーラZathura リサ
2007 ゴースト・ハウスThe messengers ジェス・ソロモン
ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街でIn the Land of Women ルーシー・ハードウィック
The Cake Eaters ジョージア
イントゥ・ザ・ワイルドInto the Wild トレイシー・タトロ
Cutlass 少女時代のロビン 短編映画
2008 ジャンパーJumper ソフィー カメオ出演
イエロー・ハンカチーフYellow Handkerchief マルチーヌ
トラブル・イン・ハリウッドWhat Just Happened ゾーイ
トワイライト〜初恋〜Twilight ベラ・スワン MTVムービー・アワード 演技賞、ベスト・キス賞受賞
2009 アドベンチャーランドへようこそAdventureland エミリー・“エム”・レウィン
ニュームーン/トワイライト・サーガNew Moon ベラ・スワン 英国映画テレビ芸術アカデミーRising Star Award受賞
2010 ランナウェイズThe Runaways ジョーン・ジェット
ロストガールWelcome to the Rileys マロリー
エクリプス/トワイライト・サーガEclipse ベラ・スワン
2011 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 1 ベラ・スワン/カレン
2012 スノーホワイトSnow White and the Huntsman 白雪姫
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2The Twilight Saga: Breaking Dawn – Part 2 ベラ・カレン MTVムービー・アワードベスト・キス賞受賞
オン・ザ・ロードOn the Road メアリルー

posted by kisebeauty at 22:17| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

ヤフーの美しすぎるマリッサ・メイヤー最高経営責任者が最新の福利厚生策を発表!育児休暇を8週間に延長し、日用品や洗濯、テイクアウトの食料、子どもの世話などの日常生活の費用を500ドル(約4万9000円)等

昨年子どもが生まれたばかりの米インターネット大手ヤフー(Yahoo!)のマリッサ・メイヤー(Marissa Mayer)最高経営責任者(CEO)が、従業員の士気を高めるため、赤ちゃんやイヌ、ネコなどへのプレゼントを従業員への福利厚生に追加した。ヤフーが4月30日、明らかにした。

 ヤフー広報担当者はAFPの取材に電子メールで、「私たちはヤフーを最高の職場にすることに大いに関心を寄せてきた」と述べた。「過去数か月間で、ヤフーでの毎日をより楽にするための無料の食事といった福利厚生策やイノベーションを奨励するための新しいスマートフォン(多機能携帯電話)を導入し、生産性向上のためにコンピューターを新しくした」

 最新の福利厚生策は、初めて親になった人を主な対象としている。子どもが生まれたばかりの従業員には、育児休暇を8週間に延長し、日用品や洗濯、テイクアウトの食料、子どもの世話などの日常生活の費用を500ドル(約4万9000円)までヤフーが肩代わりする制度を導入した。また、赤ちゃんへのプレゼントや、新しく飼い始めたイヌやネコのプレゼントもある。

★マリッサ・アン・メイヤー(Marissa Ann Mayer、1975年5月30日 - )はYahoo! CEO。元Google検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当副社長。Googleの顔の一人であり、インタビューやイベント出演が多かった。

経歴

スタンフォード大学からシンボリックシステムの学士号と計算機科学の修士号を受けた。2009年にはイリノイ工科大学から名誉博士号を授与された。

スイス・チューリッヒのUBS研究所(Ubilab)やカリフォルニア州メンローパークのSRIインターナショナルを経て、1999年に従業員数20人程度の規模だった[4]Googleに数少ない女性エンジニアとして入社した。人工知能とユーザインタフェース設計の専門家であり、これまでGoogleウェブ検索、Googleニュース、Gmail、Orkut、Google マップ、Google Earth、Google Health、iGoogleなどの構築に携わった。

2008年、『フォーチュン』誌が毎年選定する「50 Most Powerful Women」(最もパワフルな女性50人)で第50位に選ばれた。これまでに最も若い女性としてランクインしたことになる。

2012年7月17日、Yahoo! CEOに就任
◆ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO、昨年の報酬は3660万ドル .
 昨年7月に米インターネット検索大手ヤフー(Nasdaq:YHOO)の最高財務責任者(CEO)に就任したマリッサ・メイヤー氏(37)が昨年受け取った報酬は3660万ドルだった。同社が規制当局に提出した報告書で分かった。
 メイヤー氏が入社する際に、ヤフーは今後5年間に株式、ボーナス、残留報酬という形で1億ドルを支払うと明らかにした。

 メイヤー氏は入社後数日で、1400万ドル相当の制限株を受け取った。これは、同氏が米グーグル(Nasdaq:GOOG)での報酬を放棄する代償の一部として支払われたもの。同氏は13年間グーグルの経営幹部を務めた。同氏は一時的な残留報酬として制限株の形で1500万ドルを、さらに2012年の報酬として600万ドルを追加で受け取った。2012年の同氏の給与は、規制当局に申請された書類によると45万5000ドルだった。

 ヤフーにはまだはっきりとした復活の兆しは見られないが、同氏がCEOに起用されてから2012年末までに株価はおよそ26%上昇した。さらに今年これまでに25%値上がりした。

 報告書によると、メイヤー氏の430万ドル相当の制限株が2012年末で確定した。

 ヤフーのナンバー2のヘンリック・ド・カストロ最高執行責任者(COO)は、2012年の報酬が3900万ドルで、そのほとんどが株式報酬の形だった。同氏もグーグルからヤフーに移籍した。

◆ヤフーの子持ちCEOマリッサ・メイヤー、社員に在宅勤務禁止で退職か引越しを迫る

 ヤフーに移って早々に休んで子供を産んだマリッサ・メイヤーCEOですけど、子育てには甘くないようです。
世界の雑記帳:米ヤフーが在宅勤務を6月から禁止へ、賛否議論に火花

 インターネット検索大手の米ヤフー[YHOO.O]が、6月から在宅勤務を禁止する方針であることが明らかになり、在宅勤務の是非をめぐる議論を呼び起こしている。

 高速インターネットの普及などで在宅勤務は特に育児世帯などで広がりを見せつつあり、米労働統計局によると、2010年時点ではフルタイム雇用者の約25%が何らかの形で在宅勤務していた。

 また、英産業連盟(CBI)の2011年の調査では、在宅勤務の仕組みを用意している企業は全体の59%と、2006年の13%から大きく増えた。

 しかし、ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は、6月以降は在宅勤務を認めない方針を打ち出したという。複数の新聞サイトなどが26日伝えた同社の内部メモは「最善の決断や考えは、社内の通路や食堂での会話からもたらされることがある」と指摘。「在宅勤務ではスピードと質が犠牲になりやすい」としている。メモは人事部門トップの名前で社員に送られた。

 メイヤーCEOの方針に対し、在宅勤務支持派からは反発の声が上がっており、ワーキング・マザー誌電子版の広報担当者は「ものすごく失望した」とコメント。「彼女の計画は従業員を前世紀に戻すことになる」と厳しく批判した。

 また、英ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長はブログで「在宅勤務の利便性とその効果を考えると、時代に逆行しているように見える」と指摘。「勤務形態のバランスを取るなどすれば、仕事に対する意欲が向上する」と在宅勤務禁止に否定的な見方を示した。

 一方、米マイクロソフトの委託で欧州15カ国で実施された2011年の調査によると、在宅勤務の同僚が生産的な仕事をしていると信用するという人は、回答者1500人のわずか52%。これを裏付けるかのように、匿名のヤフー元社員らが技術系ブログ「ビジネス・インサイダー」に語ったところによると、在宅勤務者の多くが仕事をさぼっており、多くの時間を職務以外のことに費やしているとし、メイヤーCEOの決断を支持している。

◆米Yahooのマリッサ・メイヤーCEO、在宅勤務者が怠けていると判断するに至ったわけとは

つい先月、米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが在宅勤務を禁止すると発表したが、この決断を下したのにはデータに裏付けされた理由があったようだ。

何ヶ月もの間、Yahoo社屋の駐車場ががら空きであることに苛立ちを募らせていたメイヤー氏が、YahooのVPNログを確認したところ、在宅勤務社員のアクセスが少ないことが分かったのだという。こうして在宅勤務禁止の決断に至ったとのこと。

実のところ、社員達は仕事を怠けている状態にうんざりしていたようで、在宅勤務禁止に対する社員の反感は然程大きくはなく、むしろ好意的に受け止められているのだそうだ。
posted by kisebeauty at 12:08| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)が、最も栄誉ある「ベスト・ドレスド・ウーマン2012」に選ばれた



米ピープル(People)誌が、10のカテゴリーで選ぶセレブの2012年ベスト・ドレッサーを発表した。今年は、女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)が、最も栄誉ある「ベスト・ドレスド・ウーマン」に選ばれた。

 グウィネス選出のポイントは、そのシンプルなファッション・チョイス。彼女のスタイリストであるエリザベス・サルツマン(Elizabeth Saltzman)は、「グウィネスには一貫したスタイルがあります。シンプルで、やりすぎないファッションです」とコメントしている。

 他のカテゴリーでは、英国のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)が「ベスト・クラシック・スタイル」に、女優のエマ・ストーン(Emma Stone)が「ベスト・レッドカーペット・スタイル」に、「ベスト・ジーンズ」には女優のジェシカ・アルバ(Jessica Alba)が選ばれた。そのほか、歌手のリアーナ(Rihanna)や女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)、リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)らも名を連ねている。

 同リストは、「ピープル」誌の読者4200万人による投票や同誌編集者、ファッションブロガーらの意見をもとに編纂されている。

◆女優として活動しながら、子育てもし、料理やライフスタイルを提案するウェブサイトまで持っているグウィネス・パルトローが、People誌が選ぶ2012年ベストドレッサー10名のトップに選ばれた。

 同誌によると、グウィネスのファッションセンスは的確で、レッドカーペットで人々を魅了する才能は誰にも負けないとのこと。さらに、服を着ることを楽しむことも、彼女の着こなし術の一つだという。

 グウィネスのほかには、エレガントで時代を超える服を着こなす英キャサリン妃や普段着のセンスも抜群なミランダ・カー、マタニティー・ウエアをスタイリッシュに着こなすリース・ウィザースプーンなどが名を連ねている。

People誌が選ぶ2012年ベストドレッサー10人は下記の通り

1. グウィネス・パルトロー
2. 英キャサリン妃
3. エマ・ストーン
4. カーダシアン3姉妹
5. ミランダ・カー
6. リース・ウィザースプーン
7. リアーナ
8. ジェシカ・アルバ
9. ダイアン・クルーガー
10. ジェニファー・ローレンス


★グウィネス・パールトローGwyneth Paltrow

本名 Gwyneth Kate Paltrow
生年月日 1972年9月28日(39歳)
出生地 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
活動期間 1991年 -
配偶者 クリス・マーティン(2003年 - )

主な作品
『セブン』『恋におちたシェイクスピア』『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』『アイアンマン』
受賞
アカデミー賞
主演女優賞1998年『恋におちたシェイクスピア』
ゴールデングローブ賞
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)1998年『恋におちたシェイクスピア』
全米映画俳優組合賞
主演女優賞1998年『恋におちたシェイクスピア』

グウィネス・ケイト・パルトロー(Gwyneth Kate Paltrow, 1972年9月28日 - )は、アメリカ合衆国・イギリスの女優、歌手。日本語ではグウィネス・パルトロウ、グウィネス・パウトロウ、ギニース・パルトロー、ギニース・パウトロウとも表記されることもある。 音声表記としては[GWIH-neth PAL-troe]と表示される。身長175cm。

来歴
生い立ち
カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はプロデューサーのブルース・パルトロー、母は女優のブライス・ダナー、弟は映画監督のジェイク・パルトロー。女優のキャサリン・メーニッヒはいとこにあたる。父親はアシュケナジム系ロシア系ユダヤ人の家系、母親はペンシルベニア・ダッチ(ドイツ系アメリカ人)の家系のクエーカー教徒である 。
11歳の時にニューヨークへ移住。スペインに住んでいた時期もあり、スペイン語に堪能。父親の反対を押し切り、美術史を学ぶために進学したカリフォルニア大学サンタバーバラ校を中退、女優業に進む。

キャリア
1991年にオーデションで『過ぎゆく夏』に初映画出演する。同年公開の『フック』の幼い頃のウェンディ役出演する。その後はテレビ映画など目立たない役が多かったが、1995年公開の『セブン』にブラッド・ピットの妻役で出演し注目を集める。
1998年『恋におちたシェイクスピア』で第71回アカデミー賞主演女優賞、第56回ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)などを受賞。同年の『ピープル』誌にて「最も美しい人々」の一人になる。
舞台『プルーフ』では英国イヴニング・スタンダート演劇賞とローレンス・オリヴィエ賞の候補にもなる。2005年には『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』として映画化され、舞台と同じ役を演じた。

私生活
パルトローは、著名な17世紀のポーランド・クラクフのラビ、ダーウィド・ハッレーウィー・セガールの子孫であり[1] 、ロシアのラビの家系Paltrowitch家は数世代に渡って33人のラビを輩出した。パルトローは、ユダヤ系の家系であることを誇りとしていると語っており、彼女の父親の暖かさ・思いやりはユダヤ人の伝統によるところがあるとしている。
1994年、映画 『セブン』で共演したブラッド・ピットと1996年11月に婚約するが、1997年6月に破局する。同年12月にベン・アフレックと交際を始めるが1998年に破局を発表。
その後も、俳優のロバート・ショーン・レナード、ルーク・ウィルソン、ミュージシャンのブライアン・アダムス、映画監督のウォルター・セールス、俳優のスコット・スピードマンと交際していたが破局。
2003年12月、交際していたイギリスのロックバンドコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンの子供を妊娠したのを契機に結婚。2004年5月に長女を、2006年4月に長男を出産した。結婚・出産後はロンドンに住んでいる。
マドンナを敬愛しており、また、親友同士でもあったが、後に決裂した。
マクロビオティックの実行者でもあり、骨粗鬆症になったのはそれが原因でないかと指摘するジャーナリストもいる。
主な出演作品
公開年 邦題原題 役名 備考
1991 過ぎゆく夏Shout レベッカ
フックHook 若き日のウェンディ・ダーリング
1993 デッドリー・ファーザーDeadly Relations キャロル・アン・ファゴット テレビ映画
冷たい月を抱く女Malice ポーラ・ベル
フレッシュ・アンド・ボーン/渇いた愛のゆくえFlesh and Bone ジニー 日本劇場未公開
1994 ミセス・パーカー/ジャズエイジの華Mrs. Parker and the Vicious Circle ポーラ・ハント
1995 Higher Learning 学生 クレジット表記なし日本劇場未公開
ある大統領の情事Jefferson in Paris パッツィ・ジェファソン 日本劇場未公開
セブンSe7en トレイシー・ミルズ
ムーンライト&ヴァレンチノMoonlight and Valentino ルーシー・トレガー
1996 ハードエイトHard Eight クレメンタイン 日本劇場未公開
ハッピィブルーThe Pallbearer ジュリー・デマルコ
Emma エマEmma エマ・ウッドハウス
1998 Out of the Past サラ・オルネ・ジュウィット 声の出演日本未公開
スライディング・ドアSliding Doors ヘレン
大いなる遺産Great Expectations エステラ
沈黙のジェラシーHush ヘレン・バリング
ダイヤルMA Perfect Murder エミリー・ブラッドフォード・テイラー
恋におちたシェイクスピアShakespeare in Love ヴァイオラ・デ・レセップス キネマ旬報ベスト・テン 第1位アカデミー主演女優賞受賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞
1999 リプリーThe Talented Mr. Ripley マージ・シャーウッド
2000 インターンThe Intern 本人 クレジット表記なし日本劇場未公開
デュエットDuets リヴ
偶然の恋人Bounce アビー・ジャネーロ
2001 アニバーサリーの夜にThe Anniversary Party スカイ・デイヴィッドソン
ザ・ロイヤル・テネンバウムズThe Royal Tenenbaums マーゴット・テネンバウム
愛しのローズマリーShallow Hal ローズマリー・シャナハン
2002 デブラ・ウィンガーを探してSearching for Debra Winger 本人 ドキュメンタリー映画
オースティン・パワーズ ゴールドメンバーAustin Powers in Goldmember 本人 カメオ出演
抱擁Possession モード・ベイリー
2003 ハッピー・フライトView from the Top ドナ・ジェンセン
シルヴィアSylvia シルヴィア・プラス
2004 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモローSky Captain and the World of Tomorrow ポリー・パーキンス
2005 プルーフ・オブ・マイ・ライフProof キャサリン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
2006 Infamous キティ・ディーン 日本劇場未公開
私の婚活恋愛術Love and Other Disasters ハリウッド・ジャック 日本劇場未公開
ハサミを持って突っ走るRunning with Scissors ホープ・フィンチ 日本劇場未公開
2007 恋愛上手になるためにThe Good Night ドーラ
2008 アイアンマンIron Man ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
トゥー・ラバーズTwo Lovers ミシェル
Spain... on the road Again 本人 テレビ
2010 アイアンマン2Iron Man 2 ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
カントリー・ストロングCountry Strong ケリー・キャンター
2011 コンテイジョンContagion ベス・エンホフ
2012 アベンジャーズThe Avengers ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
2013 アイアンマン3Iron Man 3 ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ
posted by kisebeauty at 23:06| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

【写真特集】美しすぎるスペイン王室のレティシア皇太子妃(Princess Letizia)が9/15日、40歳の誕生日を迎えた


写真は、マドリード(Madrid)の公邸でポーズをとるレティシア皇太子妃

スペイン王室のレティシア皇太子妃(Princess Letizia)が15日、40歳の誕生日を迎えた。

★レティシア(Letizia Ortiz Rocasolano、1972年9月15日 - )は、スペインの王太子(アストゥリアス公)フェリペの妃。



経歴

出生、ジャーナリストとして

1972年9月15日、スペインのアストゥリアス州オビエドに生まれる。14歳まで地元の公立学校に通い、私立の高等学校に進学。15歳の時に父の転勤に伴い、マドリードの高校へ転校する。そこで、最初の夫となる教師のアロンソ・ゲレーロ (Alonso Guerrero) と出会う。その後、マドリードのコンプルテンセ大学情報学部に進学、情報科学を専攻し、1995年にジャーナリズムの学士号を取得する。

大学卒業後は、オーディオ・ビジュアル・ジャーナリスト学院で修士号を履修する。その後メキシコに渡り、卒業はしていないがジャーナリズムの分野でドクター・コースを受講している。

スペインに帰国後、24時間ニュースチャンネルのCNN+やブルームバーグテレビジョンのスペイン支局で働き始め、2000年からスペイン国営放送テレビション・エスパニョーラに出演するようになった。

1998年、マドリードの高校時代の教師ゲレーロと10年の交際期間を経て結婚するが、1年後に離婚した。

2001年には30歳以下の優れたジャーナリストに贈られるLarra賞を受賞している。海外特派員として、アメリカ同時多発テロやイラク戦争を取材したこともある。

スペイン王室へ
2002年10月、知人宅で催された夕食会でアストゥリアス公フェリペと出会う。2人はすぐに意気投合するも、この時フェリペはまだレティシアに対して特別な感情は持っていなかった。

2003年春、正式に交際がスタートする。デートを重ね、9月中旬には国王フアン・カルロス1世夫妻に紹介された。ソフィア王妃の伝記の著者によると、フェリペは「彼女と結婚できないのなら王冠を捨ててもいい」と断言したとのことである。

同年11月1日、フェリペとの婚約が発表された。

スペイン・ボルボン家が民間出身の、しかも離婚歴のある妃を迎えるのは彼女が初である。

2004年5月22日成婚。マドリードで2ヶ月前に列車爆破事件が起きたばかりで、2万人近くの警官、保安要員を動員、上空には空軍の偵察機が飛ぶという厳戒態勢が敷かれた。

2005年10月31日に長女レオノール(Leonor)王女が誕生、2007年4月29日次女ソフィア(Sofia)王女が誕生した。

家族
スペイン王室

フアン・カルロス1世
ソフィア王妃
アストゥリアス公フェリペ王子
アストゥリアス公妃レティシア レオノール王女
ソフィア王女

ルーゴ女公爵エレーナ王女
パルマ・デ・マリョルカ女公爵クリスティーナ王女
パルマ・デ・マリョルカ公爵イニャーキ・ウルダンガリン

父ヘスス・ホセ・オルティス・アルバレス(Jesús José Ortiz Álvarez)はジャーナリストで、全国放送アンテナ3ラジオ(Antena 3 Radio)のアストゥリアスでの創設者で、1987年まで責任者を務めた[1]。母マリア・パローマ・ロカソラーノ・ロドリゲス(María Paloma Rocasolano Rodríguez)は看護師で、マドリードの病院に勤めている。祖母メンチュ・アルバレス・デル・バジェ (Menchu Álvarez del Valle) はアストゥリアスでは有名なラジオ・アナウンサーだった。両親は1999年に離婚している。

テルマ (Telma) とエリカ (Érika) の2人の妹がおり、テルマは国境なき医師団の一員として2008年3月に出産帰国するまで活躍。エリカは2007年2月6日、大量の薬物を服用し、6歳の女児を残して自殺している。

レティシア (Letizia) という名前は、通常スペインでは“Leticia”と“C”を使って書かれるが、彼女の場合“Z”が使われている。これは、当時出生届を受理した市役所の担当のイタリア人の誤記入によるものだと言われている。フェリペとの婚約発表以来、“Letizia”と名付けられる新生児が急増した。

その他

2005年6月2日、フェリペと共に結婚後初めて日本を訪問、皇居での晩餐会に出席した。6月5日、「愛・地球博」を訪れた。万博訪問後の皇太子徳仁親王との晩餐会では、懐妊中のレティシアを気遣い、皇太子徳仁親王妃雅子が特別なレシピを用意させたとのこと
posted by kisebeauty at 23:14| Comment(0) | 美しい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする