2012年08月31日

ウルグアイのマリア・ノエル・シウト(Maria Noel Sciuto)さんとアルゼンチンのクリスティアン・ソーサ(Cristian Sosa)さんのペア が「ステージ部門」決勝で優勝。



2012 年 8月14日 から28まで 、ブエノスアイレス シティ で「タンゴダンス・ワールドカップ(Tango Buenos Aires Festival and Dance World Cup)2012」がおこなわれました。

タンゴ は、2009年12月 に ユネスコ の 委員会 によって 人類 の 無形文化遺産 に指定されています。

アルゼンチンのブエノスアイレス(Buenos Aires)にて28日に行われた「タンゴダンス・ワールドカップ(Tango Buenos Aires Festival and Dance World Cup)2012」でウルグアイのマリア・ノエル・シウト(Maria Noel Sciuto)さんとアルゼンチンのクリスティアン・ソーサ(Cristian Sosa)さんのペア が「ステージ部門」決勝で優勝しました。

☆雑感
マリア・ノエル・シウト(Maria Noel Sciuto)さんのビールマン的ポーズ(スケートで言うビールマンスピン)が素敵です。
posted by kisebeauty at 03:53| Comment(0) | 舞踊・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

【写真特集】国際タンゴフェスティバル(International Tango Festival2012)が南米コロンビアのメデジン(Medellin)で開催!



南米コロンビアのメデジン(Medellin)で、タンゴの祭典「国際タンゴフェスティバル(International Tango Festival2012)」が開催されている。
posted by kisebeauty at 22:10| Comment(0) | 舞踊・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

復興へフラガール踊る「各地でいただいた応援をパワーに変えて、ハワイアンズのステージで恩返ししたい」

1日一部再開 フラガールがリハーサル 福島・いわき
復興へフラガール踊る
00フラガール.jpg

 福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズが10月1日に部分再開するのを前に、29日、フラガールらによるダンスショーのリハーサルが公開された。大震災で建物が被害を受け、休館していたが、まず、温泉やホテルの一部、屋外温泉プールの営業が再開される。

 震災後、28人のフラガールは、創業を控えた46年前と同じように全国キャラバンを展開。この日までに26都府県と韓国の計125カ所で公演した。

 ショーは1日夜から再開し、新しい構成で17曲を踊る。リーダーのマルヒア由佳理さんは「各地でいただいた応援をパワーに変えて、ハワイアンズのステージで恩返ししたい」と抱負を話した


posted by kisebeauty at 23:31| Comment(0) | 舞踊・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

第9回タンゴダンス世界選手権のサロン部門はコロンビアのDIEGO & NATASHA組、ステージ部門はアルゼンチンのペアがそれぞれ優勝!華麗でセクシーなタンゴが堪能できます。


◆アルゼンチンのブエノスアイレスでタンゴダンス世界選手権が開かれ、世界中から集まった代表選手が連日、熱戦を繰り広げている。

 情熱的で激しい印象があるタンゴだが、その起源に関する確実な記録はないという。19世紀の終わりから20世紀初めにかけて、ブエノスアイレスには妻や子供たちを故郷に残し「単身赴任」で職に従事する男たちが集まり、気晴らしを求めていた。こんな労働者たちが集う場末の街でタンゴは始まったといい、初めは男同士で踊っていたとの見方もある。

 大会で優勝が争われているのは、サロンタンゴとステージタンゴの2部門。29、30日の両日、それぞれの部門で決勝戦が行われる。

◆アルゼンチンの首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)で8月29〜30日、第9回タンゴダンス世界選手権(Tango Dance World Championship)のサロン部門およびステージ部門の決勝ラウンドが開かれた。写真はサロン部門を制したコロンビアのペア
MUNDIAL DE TANGO 2011 HD CAMPEONES SALÓN DIEGO & NATASHA RONDA DESEMPATE COMPLETA



アルゼンチンの首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)で8月29〜30日、第9回タンゴダンス世界選手権(Tango Dance World Championship)のサロン部門およびステージ部門の決勝ラウンドが開かれた。写真はステージ部門を制したアルゼンチンのペア



posted by kisebeauty at 17:22| Comment(0) | 舞踊・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

がんばっぺ!いわきフラガールが東日本大震災で被災した福島県いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」のフラガール23人が1日、東京ドームのプロ野球「巨人―中日戦」でダンスを披露し、復興に向けた思いをPRスケジュール

いわき市のフラガール、ドームの巨人戦に登場

0フラガール1.jpg
がんばっぺ!いわきフラガールが熱演 東日本大震災で被災した福島県いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」のフラガール23人が1日、東京ドームのプロ野球「巨人―中日戦」でダンスを披露し、復興に向けた思いをPRした。

 「がんばっぺ!いわきナイター」と題されたこの日の試合。オープニングセレモニーでは同市の渡辺敬夫市長(65)と農家の男性が両チームにトマトをプレゼントした。

 セレモニーには、被災した地元中学校の野球部員26人も参加した。始球式でピッチャーを務めた同市立豊間中3年の山岸海斗君(15)は津波で祖父を亡くしたが、「いわきの街が前よりもっと発展していけるよう、僕らも頑張りたい」と話した。
--------------------------------------------

◆全国きずなキャラバンのスケジュール(7/9現在)

◆7/14(木) 朝霞駐屯地納涼大会  ※小雨決行、荒天の場合7/15(金)に順延 ・場所: 陸上自衛隊朝霞駐屯地 ・出演時間 (1)18:20〜(約15分)、(2)20:05〜(約30分) ・ お問い合わせ:朝霞駐屯地広報班 048-460-1711
◆7/16(土) レディ☆スタ「Hawaii〜癒しと祈り〜」 ・場所:日本製紙クリネックススタジアム宮城(宮城県仙台市) ・詳細:東北楽天ゴールデンイーグルスのホームページをご参照下さい。◆7/16(土)〜17日(日) 夏の鎌ヶ谷はハワイアン 鎌スタ★祭2011 ・場所:鎌ヶ谷スタジアム(千葉県鎌ヶ谷市) ・詳細:北海道日本ハムファイターズのホームページをご参照下さい。◆7/18(月) とよはしみなとフェスティバル2011 ・場所:ポートインフォメーションセンター「カモメリア」一帯(愛知県豊橋市) ・出演時間:(1)カモメリア周辺会場 12:20〜、(2)駅前会場 14:30〜 ・お問い合せ:豊橋商工会議所(PDFファイル)◆7/18(月) 東日本大震災支援チャリティーショー         Heart to Heart〜こころからこころへ〜 ・場所:熊本県立劇場(熊本県熊本市) ・時間:開場 12:00 開演 13:00 終演 16:30 ・お問い合せ:熊本県立劇場ホームページ
◆7/19(火) 宮崎県キャラバン ・場所:宮崎県延岡市庁舎前(雨天時は、市庁舎3階講堂) ・時間:9:00〜  ※延岡市は、いわき市と兄弟都市関係にあります。
◆7/21(木)第16回新橋こいち祭 ・場所:JR新橋駅前SL広場ほか ・出演時間:(1)16:30〜、(2)18:00〜、(3)20:00〜(各20分程度) ・お問い合せ:新橋こいち祭実行委員会  ※祭の開催は7/21〜22の2日間ですがフラガールの出演は21日のみです。

★スパリゾートハワイアンズ
http://blog.livedoor.jp/hawaiians/
★スパリゾートハワイアンズダンシングチーム公式ブログ
http://hawaiians-dancingteam.livedoor.biz/
------------------------------------------------
★スパリゾートハワイアンズとは、福島県いわき市にある大型温水プール・温泉・ホテル・ゴルフ場からなる大型レジャー施設である。



施設温泉を利用した5つのテーマパーク、ホテル、ゴルフ場などで構成される。

温泉施設「スプリングタウン」 - 水着を着用して楽しめる。打たせ湯、オンドル、ミストサウナ、ボディシャワーなど。
「温泉浴場パレス」 - 裸で入浴する大浴場。960平方メートルの大浴場で12種24浴槽(男女合わせて)の温泉施設
「スプリングプラザ」 - 幅20メートル、高さ3メートルの滝が印象的な広場
「江戸情話 与市」 - 浴場面積1,000平米、江戸時代の雰囲気がある世界最大の大露天風呂。ギネス・ワールド・レコーズ認定
温泉はいわき湯本温泉が引かれている。なお、いわき湯本温泉の泉源は常磐炭鉱跡地の鉱底をボーリングして開発されている大規模なもの。一度炭鉱採掘により枯渇したが、当施設の開設にあわせ巨額の費用を投じて再開発された異色の存在である。

宿泊施設「ホテルハワイアンズ」 - 客室数305室あるメイン宿泊施設
「ウイルポート」 - 地中海リゾート風宿泊施設
「クレスト館」 - 第1駐車場に隣接する宿泊施設、他施設へは屋外移動を要する
オフィシャルゴルフ場「クレストヒルズゴルフ倶楽部」 - 3コース・27ホール
沿革設立過程石炭業界は、1950年代前半の朝鮮特需期には需要増から一時好況となったものの、1950年代後半には労働運動の盛り上がりによるコスト増から低価格な輸入石炭との競合が露呈し、さらにエネルギー革命も加わって構造的な不況になった[1]。常磐炭鉱(後の常磐興産)での人員整理は1955年(昭和30年)から始まった。

そこで炭鉱労働者やその家族の雇用創出、さらに同社の新たな収入源確保のため、炭鉱以外の新規事業を立ち上げることになり、『日本人が行ってみたい外国ナンバー1』だった「ハワイ」に着目。炭砿で厄介物扱いされていた地下から湧き出る豊富な温泉水を利用して室内を暖め、「夢の島ハワイ」をイメージしたリゾート施設「常磐ハワイアンセンター」の建設を計画した。しかし、社内でも先行きを疑問視する声が強く、炭鉱の最前線にいた社員たちの転身にも根強い反対があり、「10年続けば御の字」という悲観的な見方すらあった。最終的には当時の常磐湯本温泉観光社長(常磐炭鉱副社長兼務、後に社長)の中村豊が押し切る形で事業を進めた。

フラダンス、ポリネシアンダンスのダンサーは、自前で設立した常磐音楽舞踊学院から人材を供給した。

常磐ハワイアンセンター1964年(昭和39年)に運営子会社として常磐湯本温泉観光株式会社を設立し、1966年(昭和41年)にオープン。

高度経済成長を遂げる日本に於いて、海外旅行が自由化されたものの、庶民には海外旅行など高嶺の花という時代であり、開業前の悲観論を尻目に、大型温水プールを中心にした高級レジャー施設として、1970年代には東京方面から多くの観光客を集めた。特にホテルは1泊3万円以上と、当時では破格の料金が設定された。

1980年代には、アイドル歌手や演歌歌手が多く営業に訪れた。特にアイドル歌手には、「引退寸前の歌手が行く公演先」として忌避されがちであったが、多くの「追っかけ」と呼ばれるファンが訪れたという。その一方で、レジャーの多様化や施設の陳腐化などにより集客が鈍化。やがては、海外航空運賃の激安競争の煽りを受け、本当のハワイに行った方が安いとまで言われた。

スパリゾートハワイアンズ1990年(平成2年)、総事業費50億円をかけ「スプリングパーク」をオープン、長年親しまれてきた一方、田舎臭いなどという声のあった名称「常磐ハワイアンセンター」を「スパリゾートハワイアンズ」に発展的変更を行い、イメージチェンジを図る。

前身の常磐ハワイアンセンターのコンセプトであった「ハワイ」「南国」に後にブームとなる「温泉」を加えたこと、東京や仙台などからの無料バスによる送迎サービスを行うなどの集客努力などが功を奏し、現在では年間140万人を越える集客まで回復、多くのリピーターも獲得し、他のリゾート施設の苦戦を尻目に健闘を続けており、長寿リゾートテーマパークとして多くの人々に親しまれている。2005年度には常磐ハワイアンセンター時代の1970年(昭和45年)以来の年間利用者数150万人を達成した。

年表
「スパリゾートハワイアンズ」正面出入り口1950年代後半 - 炭鉱産業の斜陽化が表面化、新事業の構想が始まる
1964年(昭和39年) - 常磐湯本温泉観光株式会社を設立
1965年(昭和40年) - 常磐ハワイアンセンター構想が持ち上がる。「常磐音楽舞踊学院」設立 アトラクションの目玉となるステージの専属ダンサーの育成スタート。
1966年(昭和41年)1月15日 - 常磐ハワイアンセンターオープン(常磐湯本温泉観光が運営)
1970年(昭和45年) - 年間来場者数が155万人を突破。常磐興産が常磐湯本温泉観光を合併、運営を承継。
1990年(平成2年) - 「常磐ハワイアンセンター」から「スパリゾートハワイアンズ」へ変更
1997年(平成9年) - 世界一の大露天風呂「江戸情話与市」をオープン。
2002年(平成14年) - 常磐ハワイアンセンターオープンからの入場者数が延べ4500万人を突破
2006年(平成18年) - 映画「フラガール」(後述)公開の影響もあり観光客が増加、常磐ハワイアンセンターオープンからの入場者数が延べ5000万人を突破
2007年(平成19年) - 子供向けプール「ワイワイ・オハナ」、日本最大規模のハワイをテーマにした飲食・物販・商業ゾーン「アロハタウン」、炭鉱とフラの歴史をテーマとした「フラ・ミュージアム」らを次々とオープンさせ、過去最高となる年間来場者161万1千人を記録する。
2011年(平成23年) - 3月11日、東日本大震災が発生。その為、翌3月12日より休館している。当初は早期の再開を目指したが、丁度1ヵ月後の同年4月11日に余震による福島直下型地震により、長期休館を余儀なくされる。なお、4月22日よりフラダンスのレッスンを再開。10月の再開を目指している。
アクセス常磐自動車道いわき湯本インターチェンジから約3分
JR常磐線湯本駅から無料送迎バス、新常磐交通路線バスで約15分
ホテルハワイアンズ、ウイルポート、クレスト館、山海館に宿泊する利用者は、西船橋駅、東京駅、新宿駅、渋谷駅、さいたま新都心駅、横浜駅発着の無料送迎バスが利用できる(予約制)。
スパリゾートハワイアンズを扱った作品フラガール詳細は「フラガール」を参照

昭和40年の炭鉱閉山から「常磐ハワイアンセンター」の誕生を支えた人々の物語が、『フラガール』と題し映画化された(2006年9月23日公開)。第80回キネマ旬報ベストテン・邦画第1位、第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、話題賞(作品部門)、最優秀助演女優賞を受賞した。尚、下記にも記述している「DON!」ではフラガール第1期生のうちの3人と映画に出演した南海キャンディーズ・しずちゃん及びこれらの人々を(現在も)指導している常磐音楽舞踊学院のカレイナニ古川講師のインタビューを放送し、様々なエピソードなどを話した。なお、フラガールのメンバーは、「東日本大震災」後、被災者支援の一環として福島県内の避難所を中心に廻っている。

その他ドキュメンタリー「人間列島・みちのくの椰子の葉陰で」(NHK、1971年)
ドキュメンタリー「昭和レトロ紀行」第9回「炭鉱の昭和を語る「フラガール」の町(いわき市湯本(福島県)」(旅チャンネル)
ドラマ「さすらい刑事旅情編V」第9話 「バッグを取り違えた女・みちのく殺人行」
バラエティ「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ系) - ロケ地として数回登場している。
映画「トラック野郎・一番星北へ帰る」(1978年公開の東映映画) - ロケ地として登場している。
その他2011年1月6日の日テレ系「DON!」の「今日は何の日」で当施設がオープンするまでの経緯などを放送した。
2011年は開館45周年であることから、当時の入場券を受付で提示すると、当時の料金で入場できるキャンペーンを展開する。
posted by kisebeauty at 12:59| Comment(0) | 舞踊・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。